ヒダヤト・ヘイダロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
柔道
世界柔道選手権
2018 バクー 73kg級
2019 東京 73kg級
ヨーロッパ選手権
2017 ワルシャワ 73kg級
2018 テルアビブ 73kg級
世界ジュニア
2017 ザグレブ 73kg級
2015 アブダビ 66kg級

ヒダヤト・ヘイダロフ(Hidayat Heydarov 1997年7月27日- )はアゼルバイジャン柔道選手。カザフスタンカラガンダ出身。階級は73kg級[1][2]

経歴[編集]

カザフスタンで生まれるが、家族はアゼルバイジャンにルーツを持っていたこともあり、3歳の時にバクーへ移り住んだ。柔道は6歳の時に始めた[2]。2013年のヨーロッパユースオリンピックフェスティバル60kg級で3位になった[1]。2014年にはヨーロッパカデの66kg級で優勝した[1]。2015年の世界ジュニアでは準決勝で浅利昌哉と対戦して、GSに入ってから有効を取られて敗れるが、敗戦に納得いかず浅利との握手を拒否してあからさまな不満を表した[1][3]。その後階級を73kg級に上げると、2016年にはヨーロッパジュニアとU23ヨーロッパ選手権で優勝した[1]。2017年にはグランドスラム・パリの準々決勝で橋本壮市に技ありで敗れるが3位となった[1]ヨーロッパ選手権では決勝でロシアのムサ・モグシコフを破って優勝した。団体戦では3位決定戦でウクライナと対戦すると、自身も含めて3連勝したために一旦はチームの3位が決まった(団体戦は5戦して先に3勝したチームが勝ちとなる)。しかし、副将のママダリ・メフディエフがすでに自チームの勝利が決まっていたことから試合開始直後にウクライナの選手との対戦を放棄した。そのため、一度畳に上がった選手が試合を放棄した場合はチーム全体が失格になるというルールが適用されて、結果としてチームは失格処分となり5位に終わった[4][5][6]世界選手権では準決勝で橋本壮市袖釣込腰で敗れるなどして5位にとどまった[1][7]世界ジュニアでは優勝を果たした[8]。2018年のヨーロッパ選手権では決勝でアルメニアのフェルディナンド・カラペティアンに一本負けして2連覇はならなかった[1]。地元のバクーで開催された世界選手権では準決勝で橋本に袖釣込腰で敗れて3位だった[9]。2019年にはグランドスラム・バクーで優勝するも、ヨーロッパ競技大会で3位、ユニバーシアードでは2位だった[1][10]世界選手権では準決勝で同僚のルスタム・オルジョフに技ありで敗れて3位だった[11]

IJF世界ランキングは1990ポイント獲得で5位(19/4/29現在)[12]

主な戦績[編集]

60kg級での戦績

66kg級での戦績

73kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]