玉置桃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界団体
2018 バクー 57㎏級
2019 東京 57kg級
ワールドマスターズ
2018 広州 57㎏級
グランドスラム
2018 大阪 57㎏級
2016 東京 57kg級
2017 東京 57kg級
2018 エカテリンブルグ 57kg級
2019 パリ 57kg級
アジア大会
2018 ジャカルタ 57kg級
2018 ジャカルタ 混合団体
アジア柔道選手権
2015 クウェートシティ 57kg級
世界ジュニア
2014 フォートローダーデール 57kg級
2010 アガディール 48kg級

玉置 桃(たまおき もも、1994年9月16日 - )は、北海道岩見沢市出身の日本人女子柔道選手。階級は57kg級。身長162cm。リーチ162cm。バスト93cm。血液型はB型。段位は弐段。組み手は右組み。得意技は大内刈[1][2]。現在は三井住友海上に所属している[3]

経歴[編集]

柔道家だった両親の影響で、6歳の時に弟と一緒に柔道を始めると、妹もそれに続いた。その後、父親が自宅裏に開設した玉置塾で稽古するようになった。なお、永山竜樹もこの道場に通っていた[2]

光陵中学3年の時には全国中学校柔道大会48kg級で優勝を飾った[1]

高校は東京にある藤村女子高校に進むと、三井住友海上でも練習をこなすことになった。1年の時にインターハイに出場するが、3回戦で比叡山高校3年の遠藤宏美背負投で敗れた[1]。続く全日本ジュニアでは近畿大学2年の十田美里を指導3で破って、高校1年ながら優勝を果たした[4]。しかし、世界ジュニアでは決勝で十田に0-3の判定で敗れて2位に終わった[1]。2年のインターハイでは決勝で宮崎商業高校1年の山田樹に0-3の判定で敗れて2位だった[1]。その後階級を52kg級に上げて講道館杯に出場するが、初戦で松商学園高校1年の出口クリスタに指導2で敗れた。3年のインターハイでも初戦で敗れた[1]。なお、三井住友海上の練習では最初のうち一方的にやられていたが、3年になるとある程度対抗できるようになったという[2]

2013年にはオリンピックへの近道だとかねてから考えていた三井住友海上へ入社すると、階級も57kg級に上げた[1]実業団体ではチームの優勝に貢献した[1]実業個人選手権では準決勝でロンドンオリンピックで優勝して以来1年ぶりの復帰戦となった松本薫を有効で破るも、決勝でコマツ石川慈腕挫十字固で敗れた[1]。全日本ジュニアでは3位だったが、アジアジュニアでは優勝を飾った[1]

2014年の実業個人選手権でも石川に指導2で敗れて2位だった[1]。全日本ジュニアでは山梨学院大学1年の出口を技ありで破って4年ぶり2度目の優勝を飾った[5]世界ジュニアでは決勝で出口を大外刈で破るなど、5試合オール一本勝ちで優勝を飾った[6][7]。講道館杯では準決勝で石川に敗れるも3位となった。

2015年2月のヨーロッパオープン・ソフィアでは決勝で地元の選手に棄権負けした。4月の選抜体重別では準決勝でベネシードの松本に指導1で敗れた。5月のアジア柔道選手権では優勝を飾り、団体戦でも優勝した[8][9]

2016年6月の実業団体ではコマツと対戦した際に、寝技の名手である石川慈片羽絞で破るなどしてチームの2連覇に貢献した[10]。続くグランプリ・ブダペストでは準決勝でアメリカのマルティ・マロイを指導2で破ると、決勝ではコマツ宇高菜絵を指導3で破ってIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[11][12]。8月のリオデジャネイロオリンピックでは先輩の中村美里の付き人で同行して、オリンピックへの思いを強くした。常にアドバイスをしてくれていた父親が、広範脊柱管狭窄症という難病を患っていることもあって余計その気持ちが強くなった[2]。実業個人選手権では決勝で石川を指導1で破って初優勝を飾った[13]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で宇高に敗れて3位だった[14]

2017年2月のヨーロッパオープン・オーバーヴァルトでは優勝した[15]。4月の体重別では初戦でベネシードの小野彰子と対戦すると、GSに入ってからお互いに指導3を取られて両者反則負けを喫した。今大会での両者反則負けは1995年の男子95kg超級準決勝の小川直也金野潤戦以来22年ぶりの珍事となった。この判定に対して玉置は、「意味分かんない」「両者反則負けがあると大会前に聞いてなかったので納得できない」と不満の意を表した[16][17]。6月のグランプリ・フフホトでは決勝でリオデジャネイロオリンピック銀メダリストであるモンゴルのドルジスレン・スミヤと対戦すると、大内刈で技ありを先取するも終了直前に背負投で技ありを取り返された。しかし、GSに入ってから反則勝ちを収めて優勝を飾った[18]。8月の実業個人選手権では決勝で自衛隊体育学校金子瑛美を指導2で破って2連覇した[19]。9月のグランプリ・ザグレブでは決勝で世界選手権3位であるイギリスのネコダ・スミス=デイビスと対戦すると、GSを含めて8分近い戦いの末に反則勝ちを収めて優勝を飾った[20][21]。11月の講道館杯では3位だった[22]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝でハンガリーのヘドヴィグ・カラカスに技ありで敗れるが、その後の3位決定戦でコマツに所属している台湾の連珍羚を横四方固で破って3位になった[23]

2018年3月のグランドスラム・エカテリンブルグでは準々決勝で世界チャンピオンとなったドルジスレンを9分近い戦いの末に背負投の技ありで破るも、準決勝でポルトガルのテルマ・モンテイロに技ありで敗れて3位だった[24][25]。4月の体重別では決勝で会社の4年後輩となる舟久保遥香と対戦すると、指導2をリードされながら10分近い戦いの末に隅落で技ありを取って今大会初優勝を飾った[26]。なお、世界選手権代表には選ばれなかったが、アジア大会代表に選ばれた[27]。5月のグランプリ・フフホトでは準決勝でカナダに国籍を変更した出口クリスタに大外刈で敗れるが、3位決定戦でカラカスを破って3位になった[28][29]。6月の実業団体では優勝した[30]。8月のアジア大会では決勝で北朝鮮のキム・ジナと対戦すると、内股で技ありを先取されるも背負投で逆転勝ちするなどオール一本勝ちして優勝した[31][32]。男女混合団体戦では初戦の韓国戦のみの出場だったが反則勝ちしてチームの勝利に貢献すると、その後チームは優勝を飾った[33]。9月の世界団体では準々決勝のアゼルバイジャン戦のみの出場だったが一本勝ちすると、その後チームも優勝を飾った。試合後には、「欲を言えば決勝も出たかった。」「なぜ(自分が個人戦の)畳にいないのかと情けなくなった。ここからが勝負」とコメントした[34][35]。11月のグランドスラム・大阪では準々決勝で出口に反則勝ち、準決勝で世界チャンピオンであるコマツ芳田司を終了直前に隅返の技ありで破るも、決勝ではカナダのジェシカ・クリムカイトに背負投の技ありで敗れて2位だった[36]。12月のワールドマスターズでは初戦で出口を浮落で破るも、準々決勝でヨーロッパチャンピオンであるコソボのノラ・ジャコヴァに反則負けするが、敗者復活戦でドルジスレンを技あり、3位決定戦でもイギリスのネコダ・スミス=デイビスを合技で破って3位になった[37][38]

2019年2月のグランドスラム・パリでは準々決勝で出口に大外刈で敗れるも3位になった[39]。4月の体重別では準決勝で舟久保に反則勝ちするも、決勝で芳田に合技で敗れて2位だった[40]。なお、昨年に続いて世界団体のメンバーには選出された[41]。6月の実業団体ではコマツ戦で芳田を技ありで破るも、妹分として仲の良い63㎏級の鍋倉那美が一本負けしたためチームは2位にとどまった[2][42]。7月のグランプリ・ザグレブでは準決勝まで全て一本勝ちするも、決勝でクリムカイトに反則負けを喫した[43][44]。9月の世界団体では初戦の韓国戦で金知秀に反則勝ちするもその後出番はなかったが、チームは優勝を飾った[45][46]

IJF世界ランキングは3575ポイント獲得で11位(19/6/3現在)[47]

戦績[編集]

48kg級での戦績

57kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ a b c d e 「解体新書 玉置桃」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年1月号 38頁-41頁
  3. ^ 選手プロフィール : 玉置 桃 | 三井住友海上
  4. ^ 女子柔道・岩見沢出身の高1玉置 全日本ジュニア初優勝 「攻める姿勢」貫く 47NEWS 2010年9月26日
  5. ^ 世界女王19歳近藤が初優勝 日刊スポーツ 2014年9月13日
  6. ^ 玉置が優勝=柔道世界ジュニア 時事通信 2014年10月24日
  7. ^ Junior World Championships, Fort Lauderdale 2014 DAY 2
  8. ^ 浅見、高上ら優勝=柔道アジア選手権 時事通信 2015年5月14日
  9. ^ 日本、男女とも団体優勝=柔道アジア選手権 時事通信 2015年5月16日
  10. ^ 第66回全日本実業柔道団体対抗大会 結果
  11. ^ 玉置桃、鍋倉那美、遠藤宏美ら優勝 柔道 日刊スポーツ 2016年6月26日
  12. ^ Budapest Grand Prix 2016 - Hungary
  13. ^ 第46回全日本実業柔道個人選手権大会結果
  14. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016
  15. ^ 52キロ級・橋本、57キロ級・玉置が優勝 欧州OP/柔道 サンケイスポーツ 2017年2月19日
  16. ^ 女子57キロ級1回戦で両者反則負け!同時指導3つ スポーツ報知 2017年4月3日
  17. ^ 柔道新ルール導入で春の珍事 “逃げ勝ち”ダメ!両者反則負けで勝者なし デイリースポーツ 2017年4月3日
  18. ^ 志々目、玉置が優勝=柔道グランプリ 時事通信 2017年6月30日
  19. ^ 全日本実業柔道個人選手権大会結果
  20. ^ 【柔道】日本勢が3階級で優勝 グランプリ大会 産経新聞 2017年9月30日
  21. ^ Zagreb Grand Prix 2017
  22. ^ 平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  23. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  24. ^ 阿部、遠藤、能智が優勝=柔道GS 時事通信 2018年3月18日
  25. ^ Grand Slam Ekaterinburg 2018
  26. ^ 角田が女子52キロ級初制覇=男子100キロ超級は小川-選抜体重別柔道 時事通信 2018年4月8日
  27. ^ アジア大会の女子代表に素根、近藤ら 全日本柔道連盟が発表/柔道 サンケイスポーツ 2018年4月22日
  28. ^ 近藤、阿部詩ら優勝=柔道グランプリ大会 時事通信 2018年5月25日
  29. ^ Grand-Prix Hohhot 2018
  30. ^ 三井住友海上が2年ぶりV 全日本実業団体/柔道 サンケイスポーツ 2018年6月9日
  31. ^ 大野が男子73キロ級で金=玉置、鍋倉、新添も優勝=アジア大会・柔道 時事通信 2018年8月30日
  32. ^ 柔道女子57キロ級の玉置、冷静に逆転勝ち/アジア大会 サンケイスポーツ 2018年8月30日
  33. ^ 柔道混合団体、日本が優勝 アジア大会 日本経済新聞 2018年9月1日
  34. ^ 素根、玉置は出場した試合全て勝利 日本の2連覇に貢献/柔道 サンケイスポーツ 2018年9月28日
  35. ^ 男女混合団体『金』 喜びの声 サンケイスポーツ 2018年9月28日
  36. ^ Grand-Slam Osaka 2018
  37. ^ 女子57キロ級、芳田が優勝 柔道マスターズ大会 日本経済新聞 2018年12月15日
  38. ^ World Masters Guangzhou 2018
  39. ^ Grand Slam Paris 2019
  40. ^ 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  41. ^ 世界選手権代表に朝比奈、素根ら/柔道 サンケイスポーツ 2019年4月21日
  42. ^ コマツは節目に栄冠 芳田「団体戦は楽しい」/柔道 サンケイスポーツ 2019年6月8日
  43. ^ 玉置、痛恨の反則負け 「勝ちを急いでしまった」/柔道 サンケイスポーツ 2019年7月27日
  44. ^ Grand-Prix Zagreb 2019
  45. ^ 日本が男女混合の団体戦3連覇=決勝でフランス下す-世界柔道 時事通信 2019年9月1日
  46. ^ Word Championship Teams 2019
  47. ^ World ranking list

外部リンク[編集]