ハルトマーギーン・バトトルガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハルトマーギーン・バトトルガ
Халтмаагийн Баттулга
Khaltmaagiin Battulga (2017-09-07).jpg

任期 2017年7月10日 –

出生 (1963-03-03) 1963年3月3日(54歳)
モンゴル人民共和国の旗 モンゴルウランバートル
政党 民主党
バトトルガとプーチン

ハルトマーギーン・バトトルガモンゴル語: Халтмаагийн Баттулга; 1963年3月3日 - )は、モンゴル政治家。現在、同国の大統領

来歴[編集]

ウランバートル出身。1979年から1990年にはブフ(モンゴル相撲)の選手として活躍している。1989年にはウランバートルで開催されたサンボワールドカップで優勝した。2006年にはモンゴル柔道連盟の議長も務め、2008年の北京オリンピックナイダン・ツブシンバヤルを優勝させてモンゴル初の金メダルの立役者となった[1]。1990年にはジェンコ社(Genco)を立ち上げ国外でジーンズを扱うビジネスに着手、後に事業を拡大し電子機器の貿易を手掛けた[2]。さらに1990年代の終わりに国有企業の民営化が行われるとその機に乗じていくつかの企業の支配的利権を獲得している。

2004年にバヤンホンゴル県から国家大会議の議員に初当選、2008年と2012年に再選。2008年から2012年まで道路・運輸・建設・都市計画相(Minister of Roads, Transportation, Construction and Urban Development)を務めた。

2017年モンゴル大統領選挙英語版民主党から立候補し、6月26日の第1回目投票では得票率38.1%で1位となる。7月7日の決選投票では過半数となる50.6%の票を獲得し、モンゴル人民党候補のミイェーゴンビーン・エンフボルド英語版を下して次期大統領に当選した[3]。7月10日就任。

大統領就任式では「ロシア中国と友好関係を続け、第三の隣国(日本アメリカ合衆国などを指す)との関係を重視する」[4]ツァヒアギーン・エルベグドルジ前大統領の国際協調路線を継承することを演説した。

参考文献[編集]


公職
先代:
ツァヒアギーン・エルベグドルジ
モンゴル国の旗 モンゴル国大統領
第5代:2017 -
次代:
(現職)