ロベルト・ムシビドバゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
柔道
世界選手権
2018 バクー 60kg級

ロベルト・ムシビドバゼ(Robert Mshvidobadze 1989年8月17日- )はロシア柔道選手。ジョージア出身 階級は60kg級[1]

人物[編集]

最初はグルジアの選手として、2004年にヨーロッパカデ50kg級で2位になると、2005年のヨーロッパカデとヨーロッパユースオリンピックフェスティバルの55kg級では3位になった。その後、2008年にはロシアに国籍を変更すると、2009年から3年連続でU23ヨーロッパ選手権60kg級で3位となった[1][2]。2011年には ユニバーシアードで3位、2012年には世界警察選手権で優勝した[1]。その後も一定の活躍をするが、2016年のリオデジャネイロオリンピックにはベスラン・ムドラノフがいたために出場できなかった[1]グランドスラム・東京で3位になると、2017年のヨーロッパ選手権グランドスラム・アブダビでは優勝した[1]。2018年の世界選手権では決勝まで進むが、高藤直寿小内刈で技ありを取られて2位だった[3]ワールドマスターズでは優勝した[4]。なお、2018年には世界ランキングの年間1位となった[5]

IJF世界ランキングは4285ポイント獲得で1位(19/3/25現在)[6]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]