秋本勝則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子柔道
世界柔道選手権大会
1975 ウィーン 軽中量級

秋本 勝則(あきもと かつのり)は熊本県牛深市出身、元日本代表の柔道選手である。1975年世界柔道選手権大会の軽中量級で銅メダル、1978年の嘉納治五郎杯東京国際柔道大会で優勝している。

経歴・人物[編集]

牛深市立牛深中学校卒業後、柔道の名門である鎮西高等学校拓殖大学に進学。現役時代の階級は軽中量級(65kg級)。現在は熊本県宇城市(旧松橋町)で秋本整骨院を経営している。

人物[編集]

バロン吉元作「現代柔侠伝」の主人公柳勘一のモデルといわれており[1]、柔道の強さに反して人情味溢れる物腰の柔らかい人柄で、慕う大学の後輩も多い。

戦績[編集]

家族[編集]

長男の秋本修平鎮西高校・中央大学出身、元了徳寺学園職)は1999年インターハイ73kg級2位・全日本ジュニア柔道体重別選手権大会1999年73kg級優勝・2000年66kg級2位、次男の秋本啓之桐蔭学園高等学校/筑波大学出身、了徳寺学園職)は共に柔道家で[2]、啓之は2010年世界柔道選手権大会で金メダルを獲得[3]、史上初の親子メダリストとなった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加藤育朗 (2006年1月17日). “親子2代で嘉納杯制覇”. 2010年9月11日閲覧。
  2. ^ フランス国際柔道 テレビ東京 2007年
  3. ^ 男子73キロ級秋本啓之、階級上げて父超え”. 産経ニュース (2010年9月11日). 2010年9月11日閲覧。
  4. ^ 大会3日目!秋本啓之は史上初の親子でメダル獲得を目指す!”. 新潟総合テレビ (2010年9月9日). 2010年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]