ジャン=リュック・ルージェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
フランスの旗 フランス
男子 柔道
世界柔道選手権
1975 ウィーン 93kg級
1979 パリ 95kg超級
1979 パリ 無差別級
ヨーロッパ柔道選手権
1973 マドリード 93kg級
1975 リヨン 93kg級
1977 ルートヴィヒスハーフェン 95kg超級
1979 ブリュッセル 95kg超級
1980 ウィーン 95kg級

ジャン=リュック・ルージェフランス語: Jean-Luc Rougé, 1949年5月30日- )はフランスオー=ド=セーヌ県クリシー出身の柔道家。身長190cm。体重93kg[1]。元・世界選手権(中量級)覇者。

1961年世界選手権でのアントン・ヘーシンクの優勝を見て、柔道に目覚める[2]粟津正蔵に師事し、1975年大会でフランスの柔道家として初めて世界選手権で優勝を果たした[3]。この他、ヨーロッパ選手権でも4つの金メダルを獲得している。しかし、モントリオールオリンピックでは軽重量級10位、無差別5位、モスクワオリンピックでは軽重量級7位に終わるなど、オリンピックではメダルを獲得できなかった[1]

2005年2月よりフランス柔道連盟の会長を務めている[4]。さらにIJF事務総長を務める[5]

評価[編集]

ベルナール・チュルーヤンによると彼は山下泰裕と3回対戦し、一度も勝てなかったが山下の128kgに対して103kgと体重差があり、山下との対戦でも震えなかった彼には勝機があったと評価している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Jean-Luc Rougé Biography and Olympic Results
  2. ^ “近代柔道(2010年10月号) News&Topics -東京五輪無差別優勝のヘーシンク氏死去-”. ベースボール・マガジン社. (2010年9月22日) 
  3. ^ AWAZUの柔道50年 読売新聞 2008年4月21日
  4. ^ 柔道大国・フランスの実態を探る 濱田初幸 鹿屋体育大学紀要第34号 2006年
  5. ^ International Judo Federation Executive Committee
  6. ^ フランス柔道指導・講演の新聞記事 柔道教育ソリダリティ 2007年04月18日

外部リンク[編集]