パウエル・ナツラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ポーランドの旗 ポーランド
男子 柔道
オリンピック
1996 アトランタ 95kg級
世界柔道選手権
1991 バルセロナ 95kg級
1995 千葉 95kg級
1997 パリ 95kg級
ヨーロッパ柔道選手権
1994 グダニスク 95kg級
1995 バーミンガム 95kg級
1996 デン・ハーグ 95kg級
1999 ブラチスラヴァ 100kg級
パウエル・ナツラ
Paweł Nastula 1998.jpg
基本情報
本名 パヴェウ・マルチン・ナストゥーラ
(Paweł Marcin Nastula)
通称 欧州の黄金柔道王
欧州のJUDOレジェンド
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 1970年6月26日(45歳)
出身地 ワルシャワ
所属 高田道場
→チーム・ナツラ
身長 185cm
体重 100kg
階級 ヘビー級
スタイル 柔道
テンプレートを表示

パウエル・ナツラパヴェウ・ナストゥーラPaweł Nastula、男性、1970年6月26日 - )は、ポーランド柔道家総合格闘家ワルシャワ出身。チーム・ナツラ所属。アトランタオリンピック男子柔道95kg級金メダリスト。身長186cm[1]

一本背負投朽木倒しを自在に使いこなす立ち技の腕もさることながら、その寝技の実力はヨーロッパ随一と言われ、バルセロナアトランタシドニーと、オリンピック3大会に連続出場[1]。アトランタオリンピックでは、95kg級で金メダリストとなった。山下泰裕を上回る公式試合312連勝の記録を持つ[要検証 ]、近代柔道史上屈指の名選手[1]

柔道競技からの引退後、長いブランクののち総合格闘技に転向したが、転向当初にいくつか勝ち星を挙げたもののその後低迷し、成績不振のまま終わった。

ポーランドの首都ワルシャワフィットネスクラブナツラ柔道フィットネスクラブ』 を経営し、実業家として成功している。クラブには柔道場も併設されており、ナツラ自ら初心者、一般、女性、子供たちに柔道を教えるクラスがある[2]

ちなみに、名前の正しい発音はパヴェウ・ナストゥーラであり、パウエル・ナツラは英語風のリングネームである。一時期、パウェル・ナスツラとも表記された。

人物[編集]

  • 母国ポーランドでは国民的英雄である。テレビの出演依頼がひっきりなしに訪れ、道を歩いていてもよくサインをせがまれるという。

来歴[編集]

1996年アトランタオリンピック柔道95kg級で優勝し、金メダルを獲得。

2005年2月20日、ヨアンナ夫人とPRIDE.29をリングサイドで観戦した。

2005年6月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、マウントパンチでTKO負け。

2005年12月31日、PRIDE 男祭り 2005エメリヤーエンコ・アレキサンダーと対戦し、スリーパーホールドで一本負け。

2006年7月1日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDエジソン・ドラゴと対戦し、腕ひしぎ十字固めでPRIDE初勝利を挙げた。

2006年10月21日、アメリカで開催されたPRIDE.32ジョシュ・バーネットと対戦し、アンクルホールドでタップアウト負け。試合後の薬物検査でステロイドの陽性反応が検出され、ネバダ州アスレチック・コミッションから9か月の出場停止と6,500ドルの罰金を受けた。

2008年8月24日、戦極初参戦となった戦極 〜第四陣〜ヤン・ドンイと対戦。2ラウンドに金的攻撃を主張し、股間を押さえてひざまついたところ、レフェリーに戦意喪失と判断されレフェリーストップ負けとなった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
6 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 1 0 0 0 0
4 2 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
増田裕介 1R 0:26 TKO(パンチ) Fighters Arena Lodz 1: Nastula vs. Masuda 2010年9月3日
× ヤン・ドンイ 2R 2:15 TKO(試合放棄) 戦極 〜第四陣〜 2008年8月24日
× ジョシュ・バーネット 2R 3:04 アンクルホールド PRIDE.32 "THE REAL DEAL" 2006年10月21日
エジソン・ドラゴ 1R 4:33 腕ひしぎ十字固め PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND 2006年7月1日
× エメリヤーエンコ・アレキサンダー 1R 8:45 スリーパーホールド PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI- 2005年12月31日
× アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 1R 8:38 TKO(マウントパンチ) PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND 2005年6月26日

主な柔道の戦績[編集]

95kg級での戦績

100kg級での戦績

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]