佐藤宣践

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
1967 ソルトレイクシティ 93kg級
1969 メキシコシティ 無差別級
1971 ルートヴィヒスハーフェン 93kg級
1973 ローザンヌ 93kg級

佐藤 宣践(さとう のぶゆき、1944年1月12日 - )は、日本柔道家(9段)。北海道函館市出身。東海大学名誉教授、2016年4月より桐蔭横浜大学第二代学長。

人物[編集]

東京教育大学卒業後、博報堂に入社。1967年世界選手権の軽重量級で優勝。その後も1969年無差別級で3位、1971年軽重量級で2位、1973年軽重量級で優勝と安定した成績を挙げた。全日本選手権においても100kg弱の体ながら1971年2位、1974年優勝と好成績を残す。またサンボも経験しており、1972年のヨーロッパ選手権では優勝を成し遂げている。

引退後は全柔連IJFで理事を歴任し、柔道の教育に尽力する傍ら東海大学の教員を務め、山下泰裕柏崎克彦井上康生など10名以上の世界チャンピオンを輩出している。2007年にはアジア柔道連盟会長選に立候補するも、投票でクウェートオベイド・アル・アンジ(Obaid Al-Amzi)に敗れ落選。

2009年3月に東海大学体育学部を退任し、以降は同大スポーツ教育振興本部の本部長を務める。2012年4月28日には講道館創立130周年記念式典にて9段に昇段し、赤帯を許された[1]

来歴[編集]

共著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “講道館創立130周年記念 九段昇段者および新九段のことば”. 機関紙「柔道」 (財団法人講道館). (2012年6月1日) 

外部リンク[編集]