関根忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
1972ミュンヘン 80kg級
世界柔道選手権
1971 ルートヴィヒスハーフェン 無差別級
アジア柔道選手権
1966 マニラ 80kg級
1966 マニラ 無差別級

関根 忍(せきね しのぶ、1943年9月20日 - )は、茨城県大洗町出身の男性柔道家(9段)。現役時代は中量級。1972年ミュンヘンオリンピック金メダリスト。身長173cm[1]。1964年東京オリンピック中量級金メダリストの岡野功とは、同じ茨城県出身で、同年齢のライバルだった。

経歴[編集]

茨城県立那珂湊第一高等学校から中央大学を経て警視庁に進み、左手をぐいと伸ばして肩越しに背中をつかむ変形の組み手で実力を伸ばした。

1972年には中量級の選手ながら全日本選手権で優勝した。さらにミュンヘンオリンピックの男子柔道中量級でも金メダルを獲得した。5回戦で韓国呉勝立に敗れたが、呉が勝ち進んだため敗者復活で救われ勝ち上がり、決勝で呉と再戦。序盤は防戦一方だったが、残り数十秒になって捨て身の反撃。旗判定となり、副審の判定は1対1。主審は関根に旗を揚げた[1]

全日本柔道連盟強化コーチ、強化委員を経て、審判委員会委員長を務めた。アトランタオリンピック審判員。

2004年、同じ茨城県大洗町出身の井川慶大久保博元らと共に町民栄誉賞を受賞した。

警視庁主席師範を経て、現在は平成国際大学師範。2012年4月28日には講道館創立130周年記念式典にて9段に昇段し、赤帯を許された[2]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Biography and Olympic Results
  2. ^ “講道館創立130周年記念 九段昇段者および新九段のことば”. 機関紙「柔道」 (財団法人講道館). (2012年6月1日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]