高橋和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
ワールドマスターズ
2010 水原 100kg超級
グランドスラム
2010 リオ 100kg超級
2009 東京 100kg超級
2010 東京 100kg超級
アジア大会
2010 広州 無差別

高橋 和彦(たかはし かずひこ、1985年4月3日 - )は、熊本県出身の、日本柔道選手である。階級は100kg超級。身長189cm、体重130kg。得意技は大外刈払腰[1]。現在は新日鉄住金に所属[2]

来歴・人物[編集]

熊本県阿蘇市出身。小学校1年から柔道相撲を始め、4年時には相撲で全国大会2位になった事もある[1][3]

阿蘇市立一の宮中学校進学と同時に柔道に専念、3年時には九州ブロック代表としてシドニー五輪柔道競技見学派遣に選ばれるなど、早くから注目を集めていた[4]

進学した大牟田高校では同級生の193cmある立山広喜とともにその身長の高さからツインタワーと呼ばれ活躍する。高校3年の時にはインターハイで2位、ジュニアの体重別でも3位となる。

国士舘大学進学後は学生体重別で優勝するものの、シニアの大会ではそれほど際立った活躍は見られなかった。

しかしながら新日本製鐵に入社後、初めての出場となった全日本選手権では、3回戦で判定1-2で敗れたものの、この大会で優勝することになる大学の1年後輩である石井慧と接戦を繰り広げる。

2009年には体重別と講道館杯で初優勝を果たす。さらにグランドスラム東京では、大学の先輩の鈴木桂治から一本勝ちして優勝する。

2010年に入るとワールドマスターズに出場して、世界チャンピオンのテディ・リネールに敗れるが3位に入る。その後2度目の出場となる全日本選手権においては、準々決勝で鈴木、準決勝で前年優勝の穴井隆将を破り、決勝でも高校及び大学の同期である立山に終盤逆転勝ちして、見事初優勝を成し遂げる。そして世界選手権100kg超級の代表に選ばれる。世界選手権の100kg超級では準決勝でリネールと対戦して、終了20秒前まで指導2でリードしながらポイントで並ばれると、GSに入ってから横落で敗れた。さらに3位決定戦でもイスラーム・エルシャハビ谷落で敗れて5位に終わった。無差別では準々決勝でリネールに払腰で敗れるなどして7位にとどまり、結果として両階級ともメダルを獲得することが出来なかった[5]

国士舘大の山内直人監督が「厳しい練習にも耐え、我慢もできる人間性が素晴らしい」と絶賛する努力家[6]。重量級の選手が敬遠する中長距離走を連日取り入れ、毎日1時間近くも走る[7]。またスタミナがあり、軽量級選手並みの足の速さもある[8]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]