石川隆彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川隆彦
Ishikawa and Kimura.jpg
1949年全日本選手権木村政彦(右)と同時優勝
基本情報
ラテン文字 Takahiko Ishikawa
日本の旗 日本
出生地 香川県山本町
生年月日 (1917-05-15) 1917年5月15日
没年月日 (2008-06-09) 2008年6月9日(91歳没)
選手情報
階級 男子
段位 九段
2013年12月19日現在
テンプレートを表示

石川 隆彦(いしかわ たかひこ、1917年大正6年)5月15日 - 2008年平成20年)6月9日)は日本柔道家講道館9)。

戦前から戦後にかけて昭和天覧試合準優勝、第2回・第3回全日本選手権優勝等の成績を残し、晩年は米国で柔道普及を行った。

経歴[編集]

柔術無双流の免許皆伝者であり当時講道館柔道3段[注釈 1]の石川文八を父として、香川県神田村(現・三豊市)に生まれる[1]。父が飛島組の土木技師であったため長野県に転居し[1]、そこで入学した長野県飯山中学の在学中に3段まで取得[2]日本大学国士舘専門学校で修業し、国士舘では主将を務めた[1]。5段位で卒業するとすぐに国士舘専門学校の助教授に就任し、1940年紀元二千六百年奉祝天覧武道大会では事実上の日本一決定戦となる指定選士の部に出場して木村政彦と決勝を争ったが、緊張で固くなった石川は一方的に攻められて完敗を喫した[1]

打倒・木村を掲げて修行に励んだ石川は大外刈一本背負投内股等の立ち技に一層の磨きをかけたほか、世に“常胤流”と知られた小田常胤9段に寝技を学び[1]日中戦争の終戦に伴い満州からの引き上げ後は警視庁の柔道師範となった[2]

1949年全日本選手権では、1回戦で二瓶英雄5段、2回戦で山本博6段、3回戦で醍醐敏郎5段を破り、決勝戦で宿敵・木村政彦との再戦となったが決着がつかず激闘の末に2人同時優勝となった。優勝旗は木村の取り計らいにより石川が持ち帰った[3]。同年7段に昇段。

天覧試合の雪辱を誓い翌1950年大会に出場するも、プロ柔道に転向した木村は出場せず、石川は「借りを返せなくなった」と失望落胆したという[1]。試合は1回戦で戸高清光6段、2回戦で阿部謙四郎7段、3回戦で松本安市6段、準決勝戦で醍醐敏郎6段を破り、決勝戦では広瀬巌7段を判定で下して連覇を果たした。 その後も1951年3位、1952年準優勝、1953年3位と好成績を修め、当時の柔道界において確固たる地位を築く。

1954年に警視庁を退職すると米国に移住し、南北アメリカ大陸を縦断しての柔道普及活動を計画。道中にキューバ革命が発生すると米国に戻り、フィラデルフィアバージニアビーチに石川道場(Ishikawa Judo School)を開き、“Sensei Ishikawa”として多くの門人に囲まれた[1]1963年に8段を許され、1984年の講道館創立100周年記念に際して9段へ昇段[4][注釈 2]。9段昇段に際しては「日本を出て30年が経ち色々と苦労もあったが、日本・外地の人々と昇段の喜びを共にしたい」と述べると共に、当時の国際試合規定について「本来の柔道を損なう」「要改正」と警鐘を鳴らしている[4]。 その後、健康上の理由から親戚の住む横浜市へと移り、柔道とは無縁の生活を送った[2]。趣味である囲碁は6段の腕前で、余暇は無料で弟子の養成をしていたという[1][注釈 3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ のちに6段まで昇段。
  2. ^ この時に昇段したのは10段に小谷澄之1人、9段は石川のほか牛島辰熊新原勇姿節雄西田亀山本秀雄山本博等41人と、異例とも言える多人数での同時昇段であった。
  3. ^ 米国時代の弟子たちが動画サイトYouTubeに投稿した映像では、碁盤の前で柔道衣のまま笑みを浮かべる石川の写真が紹介されている。Ishikawa Takahiko Sensei 1976 - YouTube

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h くろだたけし (1980年1月20日). “名選手ものがたり3 -8段 石川隆彦の巻-”. 近代柔道(1980年1月号)、67頁 (ベースボール・マガジン社) 
  2. ^ a b c 講道館編輯部 (2008年8月1日). “石川隆彦先生のご逝去を悼む”. 機関紙「柔道」(2008年8月号)、88頁 (財団法人講道館) 
  3. ^ 木村政彦 (1985年1月). わが柔道 (ベースボール・マガジン社) 
  4. ^ a b “講道館百周年記念昇段者及び新十段・九段のことば”. 機関誌「柔道」(1984年6月号)、47-48頁 (財団法人講道館). (1984年6月1日)