松永満雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
男子 柔道
日本の旗 日本
世界柔道選手権
1967 ソルトレークシティー 無差別
1965 リオデジャネイロ 重量級
1969 メキシコシティー 重量級

松永 満雄(まつなが みつお、1939年2月8日 -2009年 )は高知県出身の日本柔道家。階級は重量級。184cm。111kg。

経歴[編集]

高知県警察に属していた1962年の全日本選手権では3位となった。1965年の世界選手権重量級では、準決勝で坂口征二横四方固で破るが、決勝ではオランダのアントン・ヘーシンクに判定で惜敗した。1966年の全日本選手権では、前年のチャンピオンである坂口を延長3回の末、支釣込足小外掛の合技で破って優勝を成し遂げた[1]。続いて初開催された体重別では、重量級の初代チャンピオンとなった。1967年の世界選手権無差別では、決勝で西ドイツのクラウス・グラーンに優勢勝ちして世界チャンピオンとなった。1968年の全日本選手権では3位となった。1969年の世界選手権では、準決勝で須磨周司袈裟固で敗れて3位だった。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「激動の昭和スポーツ史⑯ 柔道 青葉号」 ベースボールマガジン社、1989年発行 58頁

外部リンク[編集]