高知県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Kochi Prefecture.svg 高知県の行政官庁
高知県警察
Asahikage.svg
Kochi police department.jpg
高知県警察本部
役職
本部長 小柳誠二(警視長
警務部長 田中玄弥(警視正
組織
上部組織 高知県公安委員会
内部組織 警務部、生活安全部、刑事部、交通部、警備部、警察学校
概要
所在地 高知県高知市丸ノ内二丁目4番30号
ウェブサイト
高知県警察ホームページ「こうちのまもり」
テンプレートを表示

高知県警察(こうちけんけいさつ)は、高知県が設置した警察組織であり、高知県内を管轄区域とし、高知県警と略称する。警察法上、高知県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は高知県知事である。また警察庁四国管区警察局の監督を受ける。本部所在地は、高知市丸ノ内二丁目4番30号。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)7月1日 新警察法施行により発足。
  • 1956年(昭和31年)10月 高知南警察署に警備艇配置。
  • 1957年(昭和32年)11月8日 機動隊を設置。
  • 1959年(昭和34年)2月11日 高知南警察署がこの日の未明に風呂がまから出火し庁舎を全焼。
  • 1959年(昭和34年)7月15日 高岡警察署を土佐警察署に改称。
  • 1959年(昭和34年)10月15日 後免警察署を南国警察署に改称。
  • 1961年(昭和36年)11月1日 第二機動隊を設置。
  • 2001年(平成13年)新庁舎が完成。
  • 2012年(平成24年)4月1日 清水警察署が中村警察署清水警察庁舎に降格。
  • 2014年(平成26年)4月1日 高知東警察署新設。いの警察署が土佐警察署いの警察庁舎に降格。本山警察署が高知東警察署本山警察庁舎に降格。
  • 2016年(平成28年)4月1日 香南警察署及び香美警察署が南国警察署に統合。

本部組織[編集]

データ[編集]

  • 警察署数 - 12
  • 交番数 - 16
  • 駐在所数 - 90(ただし、中村警察署入野駐在所は休止中。)
  • 警備派出所数 - 1
  • 職員数 - 1544人
  • 船舶 - 2隻
  • ヘリコプター - 1機

警察署[編集]

警察署数は12。警察車両ナンバー地名はすべて「高知」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
東部 室戸警察署 室戸市室戸岬町 室戸市安芸郡東洋町
安芸警察署 安芸市矢ノ丸 安芸市、安芸郡奈半利町田野町安田町北川村馬路村芸西村
中部 高知東警察署 高知市大津 高知市東部、長岡郡本山町大豊町土佐郡土佐町大川村[2]
└本山警察庁舎 長岡郡本山町本山 本山警察署
高知警察署 高知市北本町一丁目 高知市中部
高知南警察署 高知市桟橋通四丁目 高知市南部(潮江・鴨田・朝倉・長浜・御畳瀬浦戸・春野町) 中央地区警察署
南国警察署 南国市大埇 南国市香南市香美市 後免警察署
└香南警察庁舎 香南市赤岡町 赤岡警察署
└香美警察庁舎 香美市土佐山田町栄町 山田警察署
土佐警察署 土佐市高岡町 土佐市吾川郡いの町高岡郡日高村 高岡警察署
└いの警察庁舎 吾川郡いの町 伊野警察署
佐川警察署 高岡郡佐川町 高岡郡佐川町越知町、吾川郡仁淀川町
西部 須崎警察署 須崎市山手町 須崎市、高岡郡中土佐町檮原町津野町
窪川警察署 高岡郡四万十町榊山町 高岡郡四万十町
中村警察署 四万十市右山 四万十市土佐清水市幡多郡黒潮町
└清水警察庁舎 土佐清水市幸町 清水警察署
宿毛警察署 宿毛市幸町 宿毛市、幡多郡大月町三原村

警察官数は、1564名(平成18年度)。

警察署の再編[編集]

2007年(平成19年)に策定された警察署再編計画では、16署体制から段階的に12署体制に再編することとされた[3]

  • 2012年(平成24年)4月1日
    • 清水警察署が中村警察署と統合して、中村警察署清水警察庁舎となる[4]
  • 2014年(平成26年)4月1日
    • 高知東警察署新設[5][6]
    • いの警察署が土佐警察署と統合して、土佐警察署いの警察庁舎となる[7]
  • 2016年(平成28年)4月1日
    • 香南警察署及び香美警察署が南国警察署に統合。

最近の主な事件[編集]

  • 1997年(平成9年) 室戸市における中国人密航未遂事件を摘発。
  • 1998年(平成10年)8月15日 窪川町における北朝鮮覚醒剤の漂着事件を摘発。
  • 捜査費不正使用疑惑(県が税金から支出した費用の返還を求めている)
  • 2006年(平成18年) 高知白バイ衝突死事故
  • 2009年(平成21年)2月10日 室戸市椎名漁港における稲川会の覚醒剤大量密輸未遂事件を摘発。
  • 2013年(平成25年)6月 警察学校で前年採用の巡査30パーセント(82人中25人)が既に退職していることが判明。
  • 2013年(平成25年)7月、警察学校の教官の男性警部補が、入校していた女性警察官に対し、セクハラ行為を繰り返し行っていたことが判明。警部補は問題発覚後担当を外されている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高知県警察ホームページ 平成26年春の機構改革及び人事異動並びに平成26年度予算の体系
  2. ^ 高知県警察ホームページ 高知東警察署管轄区域図 (PDF)
  3. ^ 高知県警察ホームページ 警察署再編計画の策定 (PDF)
  4. ^ 高知県警察ホームページ 警察署再編計画の概要(平成25年11月現在) (PDF)
  5. ^ 高知県警察ホームページ 平成26年春の機構改革及び人事異動並びに平成26年度予算の体系
  6. ^ 高知県警察ホームページ 高知東警察署管轄区域図 (PDF)
  7. ^ 高知県庁ホームページ 高知県条例第92号 高知県警察の設置及び定員に関する条例の一部を改正する条例 (PDF)
  8. ^ 警察学校教官、女性警察官の体を触りキス 読売新聞 2013年8月27日

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 『高知県警察史 昭和編』 昭和54年(1979年)3月30日 高知県警察本部

外部リンク[編集]