キャシー松井

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kathy Mitsuko Matsui
キャシー 松井
生誕 1965年(55 - 56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
母校 アメリカ合衆国の旗 ハーバード大学
ジョンズ・ホプキンス大学
実績 ウーマノミクス
テンプレートを表示

キャシー松井(キャシーまつい、Kathy Mitsuko Matsui[1][2]、1965年[3]-)はゴールドマン・サックス証券株式会社 元副会長[3][4]、チーフ日本株ストラテジスト[3][5]TEDxスピーカー[6][7]

米国カリフォルニア州生まれ[8]日系二世[8]1999年に日本経済の再建の柱として「ウーマン」と「エコノミクス」をかけ合わせた「ウーマノミクス」を提唱し[3]、2006年には「ウーマノミクス:日本の隠れた資産」を発表し、日本政府からも注目を集めた。安倍晋三総理大臣が打ち出した「アベノミクス」と連動して、政府の「女性活躍」「一億総活躍」の裏付けになる[5][9]

ハーバード大学卒業[3]、ジョンズ ・ホプキンズ大学大学院(SAIS)修了[3]。アジア女子大学の理事会メンバーも務める[3]。ハワイ自然保護協会理事会[10]、米日カウンシル議会[10]、経済同友会[10]日本癌学会の乳癌基金[10]などのメンバーでもある。乳がんを乗り越えている[11]。1男1女の母[12][13]。4人きょうだいの次女。姉と二人の弟がおり、全員がハーバード大学卒[14][15]

来歴[編集]

松井の両親は奈良県出身で[16]、奈良県の聖公会クリスチャンとなっていた[17]。父親は1961年農業実習生としてアメリカに一年間滞在後[18]いったん帰国し結婚[14]。1960年代前半に移民として、キャシーの姉が日本で生まれた直後に父親が単独で渡米。その後母親と姉が渡米[14]。両親はサリナスバレーの農園で雇われていた[8]。1965年にキャシーが米国カリフォルニア州で生まれ、2人の弟も米国生まれ[14]。父親が永住権を得た後に独立し、商業用の草花栽培を始めたため、子供のころは両親が営む農園で手伝いをし、土曜日には日本語学校に通っていた[19][8]。このころに "Money does not come from trees, or sky(お金は木や空から降ってこない)"という教訓を得る[19]

1982年に地元の高校を卒業した後[8]、ハーバード大学に進学。1986年に国際基督教大学で2年間勉強するためのロータリー奨学金を得て初めて来日。家庭では日本語が母国語という意識もあまりなく、かわされる言葉も英語と日本語が混ざっていた[20]。そのため来日時に自分の話す日本語が関西弁であると気づく[8]。米国帰国後ジョンズ・ホプキンズ大学大学院では国際関係学を学んだ[21]

1990年の春、日本ではちょうどバブル経済のピークが過ぎた頃、バークレイズ証券に就職し[3]、日本戦略チームに参画。28歳でチーフストラテジストになる[22]

1994年にはゴールドマン・サックス証券からヘッドハンティングされ[22]入社[3]。転職を決断するにあたりゴールドマン・サックスの社風と子育てに対するサポートが決め手になった[22]。1998年にはマネージング・ディレクター、2000年には女性初のパートナーに昇格した[22]

1999年の8月には「ウーマノミクス」という造語を用いた報告書を発表した[3]。この報告書では日本経済の停滞から抜け出すためには、人口動態の構造的な解決策として労働移民の受け入れや出生率の引き上げをするより、女性の労働市場参画のほうがよりよい解決策であると主張している[12]。当時の日本の女性の労働参加率(就労率)は56.7%であり、他の国と比べても女性の地位や機会が低いとされていた。松井はこの状態を「マラソンを片足で走るようなもの」と例えている[15]。2020年現在は72%まで大きく改善した[5]

女性の社会進出の増加が出生率の低下を招くと言われているが、沖縄県は最も出生率が高いが女性の社会進出の割合も最も多いとしている[23]クオータ・システムアファーマティブ・アクションについては、効果とリスクを鑑みた上で、先に平等の機会を与えることが重要だという意見を持っている[24]

2001年、松井は乳がんであると診断された[11]。その前年の2000年に、長女の出産、ゴールドマン・サックスの初の女性のパートナーに選ばれたこと、日本株式投資戦略部門で1位を獲得するなど、自身も人生のピークと感じていた矢先の出来事だった[22][25]。ガン専門の医師の弟の助言により[26]、カリフォルニアで治療、療養するため休職し、一時帰国した[11]。8か月後ゴールドマン・サックス証券に復帰した時にはかつらを着用した[11]

2006年バングラデシュ系アメリカ人弁護士のムクタダ・カマル・アーメドの誘いにより、バングラデシュに女性のための大学「アジア女子大学」を創設する計画に参画することになる[27]。女性の教育が遅れているアジアにおける女性の教育を促進するための大学であり、2008年に開設された。松井はこの大学への日本からの融資を促進するため、「途上国の女性の教育に投資することは、おそらく投資金に対して最大のリターンが見込める」と主張した。2021年現在は理事を務めている[3]

第2次安倍内閣発足後、政府は2012年に発表した経済政策「アベノミクス」に「ウーマノミクス」で提唱されている内容を取り入れ、女性の労働市場進出を促進した[28]

2020年末をもって、ゴールドマン・サックス証券を退職[29]

2021年5月に村上由美子関美和とともに、MPower Partners Fund L.P.を設立、代表に就任[30]。 2021年7月に後払い決済サービスのペイディの社外取締役に就任[31]。。

評価[編集]

2000年、2001年、2006年に「インスティチューショナル インベスター」誌のアナリストランキングにて日本株式投資戦略部門で1位を獲得[3]。また2007年にウォールストリートジャーナルの「10 Women to Watch in Asia」の一人に選ばれた[10]。2014年には「ブルームバーグ・マーケッツ」誌の「50 Most Influential」の一人に選ばれた[32]

私生活[編集]

ドイツ人エコノミストのイェスパー・コールと結婚しており[15]、日本で生まれた息子と娘がいる[23]

父親の松井紀潔(アンディ松井)は1935年3月1日奈良県生まれ[33]。のちに「蘭の帝王 (Orchid King)」と呼ばれた農園経営者[18]1967年に「マツイ・ナーサリー」を設立[34]。慈善家としても著名で2004年に松井財団を設立し農園があるサリナスやモントレー郡の学生に教育的支援を行ってきた[35]。2020年12月11日に85歳で死去[36][33]

姉のテレサは2015年にマツイ・ナーサリーの社長に就任している[35]

著書[編集]

  • 『ゴールドマン・サックス流女性社員の育て方、教えます 励まし方、評価方法、伝え方10ケ条』[37] 中公新書ラクレ 2020
  • 『子供にマネーゲームを教えてはいけない』[38] 講談社+α新書 2009

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Kathy M. Matsui Global Investment Research (PDF)”. goldmansachs.com. 2020年9月13日閲覧。
  2. ^ Kathy Matsui”. Linkedin. 2020年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 日経BP. “妹たちへ キャシー・松井 移民の両親から学んだこと” (日本語). 日経ARIA. 2020年9月12日閲覧。
  4. ^ 松井, キャシー (2021年3月8日). “【キャシー松井】ウーマノミクス提唱者がGSを退職、次のステージへ”. NewsPicks. 2021年3月12日閲覧。
  5. ^ a b c Nishiyama, George. “【編集長インタビュー】ダイバーシティは成長に不可欠=ゴールドマン松井氏” (日本語). WSJ Japan. 2020年9月12日閲覧。
  6. ^ » Kathy Matsui” (英語). 2020年9月17日閲覧。
  7. ^ » Kathy Matsui”. web.archive.org (2015年6月30日). 2020年9月12日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 日経BP. “キャシー・松井 日系移民の両親から学んだ大切なこと” (日本語). 日経doors. 2020年9月12日閲覧。
  9. ^ ウーマノミクスの提唱者・キャシー・松井氏の描く未来” (日本語). Mondo Alfa (2020年8月25日). 2020年9月12日閲覧。
  10. ^ a b c d e 第20回国際女性ビジネス会議 | 株式会社イー・ウーマン” (日本語). 第20回国際女性ビジネス会議 | 株式会社イー・ウーマン. 2020年9月12日閲覧。
  11. ^ a b c d 仕事をしながら療養する 会長の「会社は待ちます」の一言で、安心して治療に専念できた | がんサポート 株式会社QLife” (日本語). 2020年9月12日閲覧。
  12. ^ a b ウーマノミクスの提唱者・キャシー・松井氏の描く未来” (日本語). Mondo Alfa (2020年8月25日). 2020年9月12日閲覧。
  13. ^ Nishiyama, George. “【編集長インタビュー】ダイバーシティは成長に不可欠=ゴールドマン松井氏” (日本語). WSJ Japan. 2020年9月12日閲覧。
  14. ^ a b c d ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/3”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  15. ^ a b c Goldman’s Matsui Turns Abe to Womenomics for Japan Growth - Bloomberg Business”. web.archive.org (2015年2月16日). 2020年9月12日閲覧。
  16. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/2”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月12日閲覧。
  17. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/11”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月12日閲覧。
  18. ^ a b 松井紀潔さん/松井ナーサリー・インク社長” (日本語). 2021年3月12日閲覧。
  19. ^ a b ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/7”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  20. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/6”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  21. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 2/10”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  22. ^ a b c d e 日経BP. “キャシー・松井 迷いの転職、昇格、そして乳がん罹患” (日本語). 日経doors. 2020年9月14日閲覧。
  23. ^ a b Fukue, Natsuko (2009年1月17日). “Strategist puts stock in future of women” (英語). The Japan Times. 2020年9月12日閲覧。
  24. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 2/4”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  25. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/13”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  26. ^ ウィンウィン対談 キャシー松井さん 証券アナリストランキング 1位のビジネスウーマン 1/12”. www.ewoman.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  27. ^ 【インタビュー】キャシー・松井(ゴールドマン・サックス証券マネージング・ディレクター/チーフ日本株ストラテジスト) 女性のための大学をアジアの途上国に作りたい:田中朝美 | 記事 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト”. 新潮社 Foresight(フォーサイト). 2020年9月12日閲覧。
  28. ^ “Womenomics” Reveals The Power of the Purse in Japan” (英語). Goldman Sachs. 2020年9月12日閲覧。
  29. ^ 松井, キャシー (2021年3月8日). “【キャシー松井】ウーマノミクス提唱者がGSを退職、次のステージへ”. NewsPicks. 2021年3月12日閲覧。
  30. ^ 松井, キャシー (2021年5月31日). “日本初のESG重視型グローバル・ベンチャーキャピタルファンド『MPower Partners Fund L.P.』設立”. PR TIMES. 2021年5月31日閲覧。
  31. ^ 松井, キャシー (2021年7月16日). “後払いのペイディ、社外取締役にキャシー・松井氏”. 日本経済新聞. 2021年7月16日閲覧。
  32. ^ Event detail | Swedish Chamber of Commerce and Industry in Japan SCCJ” (英語). www.sccj.org. 2020年9月13日閲覧。
  33. ^ a b OBITUARY: Floral Entrepreneur Toshikiyo ‘Andy’ Matsui, 85” (英語). Rafu Shimpo (2020年12月16日). 2021年3月12日閲覧。
  34. ^ Teresa Matsui, founder’s daughter, named president of Matsui Nursery | Produce News”. theproducenews.com. 2021年3月12日閲覧。
  35. ^ a b Teresa Matsui, founder’s daughter, named president of Matsui Nursery | Produce News”. theproducenews.com. 2021年3月12日閲覧。
  36. ^ Salinas flower visionary Andy Matsui dies at 85” (英語). Monterey Herald (2020年12月14日). 2021年3月12日閲覧。
  37. ^ ゴールドマン・サックス流 女性社員の育て方、教えます|ラクレ|中央公論新社”. www.chuko.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  38. ^ 『子供にマネーゲームを教えてはいけない』(キャシー 松井):講談社+α新書 製品詳細 講談社BOOK倶楽部” (日本語). 講談社BOOK倶楽部. 2020年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]