大日方邦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
パラリンピックのアルペンスキー
1998 滑降 座位
2006 大回転 座位
1998 スーパー大回転 座位
2006 滑降 座位
2006 スーパー大回転 座位
1998 大回転 座位
2002 大回転 座位
2002 回転 座位
2010 回転 座位
2010 大回転 座位

大日方 邦子おびなた くにこ1972年4月16日 - )は、東京都出身のチェアスキーヤー。

来歴・人物[編集]

神奈川県立柏陽高等学校中央大学法学部卒業。NHKの教育番組ディレクターを経て、現在は電通パブリックリレーションズ勤務。

冬季パラリンピックリレハンメルからバンクーバーまで5大会連続出場し、アルペンスキー競技で合計10個のメダル(金2個、銀3個、銅5個)を獲得。冬季パラリンピックにおける日本人初の金メダリスト(1998年長野大会滑降)。

3歳のとき交通事故により右足を切断、左足にも重度の障害を負う。当初は水泳に力を入れていたが、高校2年生のときにチェアスキーを始める。日本パラリンピック委員会運営委員、日本パラリンピアンズ協会副会長。スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議委員[1]


著書に『壁なんて破れる-パラリンピック金メダリストの挑戦』(2006年、日本放送協会)がある。

2010年9月2日、代表引退を表明。なお、若手選手育成のため国内大会は出場する。

2017年6月、平昌パラリンピックの選手団長に決定する[2]

主な記録[編集]

  • 1998年長野パラリンピック
    • 滑降:1位(日本人初の冬季パラリンピック金メダル)
    • スーパー大回転:2位
    • 大回転:3位 
    • 回転:4位

脚注[編集]

外部リンク[編集]