枝廣淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

枝廣淳子(えだひろ じゅんこ、1962年11月23日- )は、日本の環境ジャーナリスト同時通訳者、翻訳家[1]京都府出身。有限会社イーズ代表取締役、環境NGOジャパン・フォー・サステナビリティ代表、有限会社チェンジ・エージェント取締役会長、幸せ経済社会研究所所長[2]

経歴・人物[編集]

東京学芸大学教育学部附属高等学校卒業。東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻修士課程修了。夫の留学について渡米したことから29歳で英語の勉強を開始。どうせ勉強するならと、同時通訳者を目標に掲げる。以後、通訳や翻訳の仕事を行う中で環境問題に目覚め、環境ジャーナリストとなる。2002年にはジャパン・フォー・サステナビリティを設立、2003年に有限会社イーズを設立、2005年に有限会社チェンジ・エージェントを共同設立し、各代表を務める[1]。2児の母。

福田麻生内閣地球温暖化問題に関する懇談会」委員、環境省中長期ロードマップ小委員会委員、東京大学人工物工学研究センター客員研究員などを務める。環境問題に関する講演、執筆、翻訳などを通じて、変化を創り出し広げるしくみづくりを研究。地球環境の現状や世界・日本各地の動きを、環境メールニュースで提供。

2003年から有限会社イーズおよび有限会社グラム・デザインにより温暖化コミュニケーションサイト「日刊温暖化新聞」を主催し運営をしている[3]東京電力をファウンディング・スポンサーとして森林コミュニケーションサイト「私の森.jp」の立ち上げも行っている[4]。私の森.jp、チェンジ・エージェント、幸せ経済社会研究所のインターネットによる情報発信もグラム・デザインのサポートを得て行っている[5]。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表[2]。2011年6月には首相官邸で開催された「総理・有識者オープン懇談会」にも出席した。

アル・ゴア不都合な真実』の翻訳者としても知られる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『エコ・ネットワーキング! 「環境」が広げるつなげる、思いと知恵と取り組み』海象社 2000.12
  • 『朝2時起きで、なんでもできる! 1-3』サンマーク出版 2001-04 のち文庫
  • 『地球のセーターってなあに? 地球環境のいまと、これからの私たち』海象社 2002.5
  • 『いまの地球、ぼくらの未来 ずっと住みたい星だから』PHP 2004.5
  • 『7分後、7年後の幸せなあなたへ エコから学ぶ「自分マネジメント術」』朝日新聞社 2004.6
  • 『思えば、そうなる! なりたい自分になるための7つの扉』新潮社 2005.11
  • 『枝廣淳子の回収ルートをたどる旅』七つ森書館 2006.11
  • 『細切れビジョンで、なんでもできる! 夢を実現する自分マネジメントシステム』サンマーク出版 2006.10
  • 『地球のためにわたしができること』大和書房 2007.5
  • 『負けないで! 「いじめ」を生き抜く22通の手紙』PHP研究所 2008.3
  • 『地球とわたしをゆるめる暮らし』大和書房 2008.11
  • 『エネルギー危機からの脱出 最新データと成功事例で探る"幸せ最大、エネルギー最小"社会への戦略』ソフトバンククリエイティブ 2008.5
  • 『あなたも翻訳家になれる! エダヒロ式「英語→日本語」力の磨き方』ダイヤモンド社 2009.4
  • 『明日7割忘れるあなたが1カ月で500語覚えるための英単語集』三修社 2010.8

共著[編集]

  • 『がんばっている日本を世界はまだ知らない 150か国が熱読!日本発・わくわくエコ事情v.1-2』ジャパン・フォー・サステナビリティ共著 海象社 2004-05
  • 『大学力 早稲田の杜から「変える力」を考える』白井克彦共著 サイビズ 2005.10
  • 『地球のなおし方 限界を超えた環境を危機から引き戻す知恵』ドネラ・H&デニス・L.メドウズ共著 ダイヤモンド社 2005.7
  • 『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか? 小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方』小田理一郎共著 東洋経済新報社 2007.3
  • 『入門!システム思考』内藤耕共著 2007.6 (講談社現代新書)
  • 『企業のためのやさしくわかる「生物多様性」 生物多様性とは?から先進企業の取り組み事例まで』小田理一郎共著 技術評論社 2009.12
  • 『温暖化論のホンネ 「脅威論」と「懐疑論」を超えて』江守正多,武田邦彦共著 技術評論社 2010.1
  • 『もっと使いこなす!「システム思考」教本』小田理一郎共著 東洋経済新報社 2010.10
  • 『環境』監修 ポプラ社 2011.1 (ポプラディア情報館)

翻訳[編集]

  • 『人生に必要な荷物いらない荷物』ディック・J.ライダー,デイブ・A.サピーロ サンマーク出版 1996.3 のち文庫
  • 『エコ経済革命 地球と経済を救う5つのステップ』レスター・R・ブラウン たちばな出版 1998.4
  • 『ときどき思い出したい大事なこと』ディック・J.ライダー サンマーク出版 1998.1 のち文庫
  • ガンジー 奉仕するリーダー』ケシャヴァン・ナイアー たちばな出版 1998.10 (未来ブックシリーズ)
  • 『環境ビッグバンへの知的戦略 マルサスを超えて』レスター・R.ブラウン 家の光協会 1999.6
  • 『みんなのNPO 組織づくり・お金づくり・人づくり』スミス・バックリン・アンド・アソシエイツ 海象社 1999.10
  • 『パワー・オブ・ワン ひとりの力 次なる産業革命への7つの挑戦』レイ・アンダーソン 河田裕子共訳 海象社 2002.2
  • 『人生に必要な荷物いらない荷物 2』ディック・J.ライダー,デイブ・A.サピーロ サンマーク出版 2002.9 「夢に一歩近づく仕事遠のく仕事」文庫
  • 『つよい子を育てるこころのワクチン メゲない、キレない、ウツにならないABC思考法』マーティン・セリグマン ダイヤモンド社 2003.9
  • 『カサンドラのジレンマ 地球の危機、希望の歌』アラン・アトキソン 監訳 PHPエディターズ・グループ 2003.11
  • 『ライオンボーイ 消えた両親の謎』ジズー・コーダー PHP研究所 2004.2
  • 『ライオンボーイ 2』ジズー・コーダー PHP研究所 2004.7
  • 『デーリー先生の「話し方」コーチング 45万人を変えた』ケビン・デーリー,ローラ・デーリー・カラベラ 東洋経済新報社 2004.11
  • 『マルコ・ポーロの迷路 黄金の国をめざせ! シルクロードを旅してフビライ・ハンに会いに行こう』アンナ・ニルセン 枝廣みさき共訳 新風舎 2005.10(長女との共訳)
  • 『ダーウィンの迷路 緑の楽園をめざせ! 科学たんけん船ビーグル号で、南アメリカまで出かけよう』アンナ・ニルセン 枝廣あかり共訳 新風舎 2005.10(次女との共訳)
  • 『北極星を見つけよう! あきらめずに歩き続けるための4週間プログラム』アン・ブルース サンマーク出版 2005.8
  • 『ライオンボーイ 3』ジズー・コーダー PHP研究所 2005.8
  • 『成長の限界人類の選択』ドネラ・H&デニス・L.メドウズ,ヨルゲン・ランダース ダイヤモンド社 2005.3
  • 『不都合な真実 切迫する地球温暖化、そして私たちにできること』アル・ゴア ランダムハウス講談社 2007.1
  • 『大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」』ダン・S.ケネディ 東洋経済新報社 2007.4
  • 『不都合な真実 地球温暖化の危機 eco入門編』アル・ゴア ランダムハウス講談社 2007.6
  • 『地球温暖化サバイバルハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法』デヴィッド・デ・ロスチャイルド ランダムハウス講談社 2007.9
  • 『地球の呼吸はいつ止まるのか? エネルギー・環境連立方程式』デヴィッド・ハウエル,キャロル・ナフル ウェッジ 2007.12
  • 『あなたにもすぐにできるダイエットCO2 もっと快適に!エコライフ22の方法』デービッド・ガーション PHP研究所 2008.2
  • 『どんな相手ともうまくいく!「心の合い鍵」の見つけ方 必ずイエスを言わせる「ソーシャル・スタイル」セールス教本』ウィルソン・ラーニング・ライブラリー 東洋経済新報社 2008.9
  • 『NQネットワーク指数 なぜ、あの人のまわりには「素敵な人」が集まるのか』マイケル・ダルワース 東洋経済新報社 2009.6
  • 『地球環境図鑑 わたしたちの星の過去・現在・未来』デヴィッド・デ・ロスチャイルド総監修 監訳 ポプラ社 2009.9
  • 『システム思考 複雑な問題の解決技法』ジョン・D.スターマン 小田理一郎共訳 東洋経済新報社 2009.9
  • 『地球の法則と選ぶべき未来 ドネラ・メドウズ博士からのメッセージ』ランダムハウス講談社 2009.7
  • 『つながりを取りもどす時代へ 持続可能な社会をめざす環境思想 リサージェンス誌選集』監訳 大月書店 2009.10
  • 『私たちの選択 温暖化を解決するための18章』アル・ゴア ランダムハウス講談社 2009.12
  • 『おしゃれとエコって、両立するの? 女子エコ日記366 days』ヴァネッサ・ファーカーソン 長澤あかね共訳 講談社 2010.2

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール, “e's Inc - 会社概要”, e's Inc., http://www.es-inc.jp/about/profile.html 2011年6月14日閲覧。 
  2. ^ a b About Us, “幸せ経済社会研究所”, 幸せ経済社会研究所, http://ishes.org/aboutus/ 2011年6月12日閲覧。 
  3. ^ 日刊 温暖化新聞 編集部, “日刊 温暖化新聞”, e's Inc., http://daily-ondanka.com/information/aboutus.html 2011年6月12日閲覧。 
  4. ^ 3月19日「私の森.jp」オープン記念フォーラム終了しました, “新着情報”, e's Inc., (2008-03-10), http://www.es-inc.jp/news/001399.html 2011年6月12日閲覧。 
  5. ^ Web Project|グラム・デザイン:持続可能な未来のシアワセに向けて, “グラム・デザイン”, 有限会社グラム・デザイン, http://www.gram.co.jp/web_project.html 2011年6月12日閲覧。 

参考[編集]

  • 著作に付せられた著者紹介