山田玲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 玲司
生誕 (1966-01-08) 1966年1月8日(53歳)
日本の旗 日本東京都
職業 漫画家
活動期間 1986年 -
代表作Bバージン
絶望に効くクスリ[1]
公式サイト 絶望に効く処方箋 漫画家 山田玲司 OFFICIAL SITE
テンプレートを表示

山田 玲司(やまだ れいじ、1966年1月8日 - )は、日本漫画家東京都出身、埼玉県越谷市在住。多摩美術大学美術学部絵画学科油絵専攻卒。

略歴[編集]

1966年、東京都中央区日本橋生まれ。7歳から埼玉県越谷市にて育つ[2]。10歳の頃に手塚治虫に憧れ、漫画家を志す。13歳で秋田書店に持ち込みを行い、高校では創作研究同好会に入って漫画漬けの日々を送る[3]。高校在学中、父親に薦められた美大受験の為に、放課後は予備校に通うようになる。多摩美術大学に現役合格。

大学では、たかはまこから漫画やその後についてのアドバイスを受けたという。漫画家の江川達也の元アシスタントであり、当時のチーフアシスタントは藤島康介。初期作品では、大学時代の後輩であるウエダハジメ冬目景きらたかしなどがアシスタントを務めていた。在学中の1986年コミックモーニングに掲載された『17番街の情景』で漫画家としてデビューする。

デビュー後は、連載した作品が4度も打ち切られるなど、しばらく不遇の時代を過ごす。1991年ヤングサンデーで連載を開始した『Bバージン』がヒット。その後は、各界の著名人へのインタビュー漫画『絶望に効くクスリ』、自身の美大受験体験を基に『美大受験戦記アリエネ』などを連載した。

女性のための恋愛コミックエッセイ『モテない女は罪である』など、一般書籍も多数執筆。

2014年10月から[4]ニコニコチャンネルで『山田玲司のヤングサンデー』を毎週水曜日に配信中[5]

作風[編集]

代表作「Bバージン」をはじめ、恋愛をモチーフにした作品を得意としており、漫画の他に恋愛コラムなども手がける。また、環境問題や反戦・反核といった社会活動に強い関心を持つ漫画家として知られ、一部の作品には強いメッセージが込められている。2007年、3000万部を発行したというフリーペーパー『豪快な号外』では、呼びかけ人に名を連ねると共に、8ページ中の4ページを使って、「科学者が発表した地球の現状(未来予想)」を基にした作品が掲載された。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

  • 17番街の情景 (コミックモーニング、1986年 - 1988年)
  • RAIN (1986年)
  • COLD (コミックモーニング、1987年)
  • 真夜中の蒸気船 (コミックモーニング、1987年)
  • 眠れぬ夜のために (週刊ヤングサンデー、1987年 - 1988年)
  • 霧の降る夜に (コミックモーニング、1988年)
  • 不器用なテレフォンフィッシュ (週刊ヤングサンデー、1988年)
  • 木曜日の絵画達
  • SWEET DREAMS (月刊アフタヌーン、1989年)
  • 理想主義者の屍に乾杯 (自費出版、1989年)
  • 適応の条件 (ロッキングコミック、1989年)
  • イデオロキッズ (宝島、1990年)
  • 駿河台ブレイクダウン (マンガ宝島、1990年)
  • Bバージン (週刊ヤングサンデー、1991年 - 1997年)
  • インディゴブルース (短編集、1992年)
  • ストリッパー (ヤングサンデー増刊号「大漫王」、1994年)
  • 心のジョアンナ (1994年)
  • ドルフィン・ブレイン (第一部:週刊少年サンデー・第二部:週刊少年サンデー超、1995年 - 1997年)
  • 人生裏口入学 (コミッカーズ、1995年 - 2000年)
  • あらいぐまタンピー (近代麻雀、1997年)
  • アガペイズ (週刊ヤングサンデー、1998年 - 2000年)
  • NG (週刊ヤングサンデー、2000年 - 2001年)
  • ゴールドパンサーズ (週刊ヤングサンデー、2001年 - 2002年)
  • 絶望に効くクスリ (週刊ヤングサンデー、2003年 - 2008年)
  • ゼブラーマン (原作:宮藤官九郎ビッグコミックスピリッツ、2004年 - 2005年)
  • しあしご (木楽舎『ソトコト』、2005年 - 2007年)
  • いのちの食べ方 (アスコム『田原総一朗 責任編集 オフレコ!』、2005年)
  • 水の鳥 (短編集、2007年)
  • ほんと未来はどうなるの? あかりちゃんとタルト (フリーペーパー『豪快な号外』収録、2007年)
  • ココナッツピリオド -地球温暖化を止めるウサギ- (ビッグコミックスピリッツ、2008年 - 2009年)
  • エコエコパンドラ (まんがくらぶオリジナル、2008年 - 2009年)
  • リア充ハンター ウサラッチ (FLASH、2009年)
  • SOUL BOX MAN (近代麻雀、2009年)
  • ゼブラーマン2 〜ゼブラシティの逆襲〜 (原作:宮藤官九郎、月刊スピリッツ、2009年 - 2010年)
  • 絶望に効く薬 敗者復活編 (FLASH、2010年 - 2012年9月)※『マケデミー賞』改題
  • 美大受験戦記 アリエネ (ビッグコミックスピリッツ、2011年 - 2014年)
  • スーパースーパーブルーハーツ (クラブサンデー、2015年)
  • CICADA(原作:山田玲司、作画:バナーイ 月刊!スピリッツ、2016年 - 2018年)
  • シェアボーイ(漫画家 山田玲司 公式サイト、2017年 - )
  • 白亜 (原作:山田玲司、作画・原案:愛☆まどんな 2019年)[6]

一般書籍[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 夜の手塚治虫〜ここでしか語れない、黒くて妖しいオサムのこと。(2018年10月12日、吉祥寺シアター) - 手塚のアシスタント・山田玲司役[7]

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト プロフィールより
  2. ^ ときめきインタビュー - 越谷市公式サイト
  3. ^ #196 何でだろう?の問いが自分を引っ張りあげる - マンモTV
  4. ^ 山田玲司のヤングサンデー【第1号】メンヘラブートキャンプとは?:山田玲司のヤングサンデー”. 山田玲司のヤングサンデー:ブロマガ - ニコニコチャンネル (2014年10月4日). 2019年5月25日閲覧。
  5. ^ 山田玲司のヤングサンデー【第0号】:山田玲司のヤングサンデー”. 山田玲司のヤングサンデー:ブロマガ - ニコニコチャンネル (2014年9月29日). 2019年5月25日閲覧。
  6. ^ 山田玲司 × 愛☆まどんな × 柿内芳文 異色のタッグによるグループ展「白亜展」を開催!【GW5月1日〜7日】” (2019年4月6日). 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ Kichijoji Anime wonderland 19th”. www.kichifes.jp. 2019年7月17日閲覧。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]