きたがわ翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きたがわ 翔(きたがわ しょう、1967年6月28日 - )は、日本漫画家。男性。静岡県出身。私立本郷高校デザイン科卒。血液型O型

代表作に、『19〈NINETEEN〉』、『B.B.フィッシュ』、『C』、『ホットマン』、『刑事が一匹…』、『デス・スウィーパー』など。

概要[編集]

1981年、13歳のときに少女誌『別冊マーガレット』(集英社)に投稿した『番長くんはごきげんななめ』でデビュー。1986年からは活動の場を男性誌である『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に移す。

2004年、集英社専属契約が終了。同年、講談社モーニング』等へ活動の場所を移す。集英社の青年漫画誌掲載も不定期ながら続けている。

『ホットマン』の主人公のモデルであり、本人もファンであると公言しているジャン・レノには実際に会ったことがある。またTVドラマ『ホットマン』で主人公を演じた反町隆史とは同じ浦和市立大谷場中学校の出身である。


角松敏生岡村靖幸のファンとして知られ、OVA『19〈NINETEEN〉』では、角松敏生が音楽を担当し、彼の曲が数多く挿入されている。角松敏生と面会した際には、諸星大二郎等の敬愛する漫画家や森高千里等の2人が共通する話題で盛り上がり、非常に意気投合したという。

略歴[編集]

  • 1981年 - 『番長くんはごきげんななめ』によりデビュー。
  • 1990年 - 『19〈NINETEEN〉』がアニメ化される。(OVA)
  • 1994年 - 『B.B.フィッシュ』がアニメ化される。(OVA)
  • 2003年 - 『ホットマン』がドラマ化される。(TBS系)
  • 2004年 - 『ホットマン』のドラマの第2弾が公開される。
  • 2005年 - 『刑事が一匹…』の連載が『モーニング』(講談社)にて始まる。
  • 2006年 - 『きたがわ日和』の連載が『小説すばる』(集英社)の2月号から11月号まで掲載された。
  • 2007年 - 『Thirty』が『モーニング』(講談社)で掲載された。
  • 2007年 - 『デス・スウィーパー』の連載が『コミックチャージ』(角川書店)にて開始。
  • 2008年 - 『成りあがり〜矢沢永吉物語』の連載が『コミックチャージ』(角川書店)にて開始(上と同時連載)。

作品リスト[編集]

  • 萌子がんばります(1985年、マーガレットレインボーコミックス(創美社)。ISBN 4-420-11151-8
  • PUREボーイ(1987年、マーガレットコミックス(集英社)。ISBN 4-08-849245-5
  • TEENSしようか!(1988年、ヤングジャンプコミックス(集英社)。ISBN 4-08-861611-1
  • 19〈NINETEEN〉(1988年-1990年連載、週刊ヤングジャンプ。1989年-1991年、ヤングジャンプコミックス。全12巻)
  • エキセントリックシティ(1989年、マーガレットコミックス。ISBN 4-08-849491-1
  • B.B.フィッシュ(1991年-1994年、ヤングジャンプコミックス。全15巻)
  • C(1994年-1997年、ヤングジャンプコミックス。全10巻)
  • Sweet Vanilla(1996年、集英社。ISBN 4-08-782850-6
  • ホットマン(1997年-2000年、ヤングジャンプコミックス。全15巻)
  • BlackDahlia(2001年、ヤングジャンプコミックス。ISBN 4-08-876113-8
  • PERFECT TWIN(2001年-2002年、ヤングジャンプコミックス。全5巻)
  • HONEY!!(2002年-2003年、ヤングジャンプコミックス。全3巻)
  • ホットマン2003ーきたがわ翔短編集(2003年、ヤングジャンプコミックス)
  • 千夏のうた(2004年、ヤングジャンプコミックス。全3巻)
  • 刑事が一匹…(2005年-2006年、モーニングKC(講談社)。全7巻)
  • デス・スウィーパー(2007年-、角川チャージコミックス(角川書店)。全5巻)
  • 絆(2008年、月刊ヤングキング。読切)
  • 成りあがり 矢沢永吉物語(2008年-2009年、角川チャージコミックス(角川書店)、全3巻)
  • BENGO!(2009年-2010年、ジャンプコミックスデラックス(集英社)、全4巻)
  • ガキホス(2009年-2010年、発行/少年画報社
  • ソウルメッセンジャー(2011年、スーパージャンプ連載) - 原作:藤沢とおる
  • アントルメティエ(2012年-2013年、ヤングジャンプコミックス(集英社)、全4巻) - 原作:早川光
  • 黄昏の野いちご、ヘヴンズホール(2014年、月刊flowers。読切)
  • HONESTY 〜オネスティ〜(2014年、漫画ゴラク(日本文芸社))
  • 池袋ウエストゲートパーク(2016年、A-WAGON)- 原作:石田衣良
  • 19 FOREVER (2017年、Sho Studio)クラウドファンディング成立により。
  • リンキング・ラブ(2017年、クリーク・アンド・リバー社)- 原作:萩島宏
  • 遺品整理会社 DEATH SWEEPERS(2017年-2018年、グランドジャンププレミアム(集英社)、読み切り掲載後、不定期連載)

画集[編集]

  • きたがわ翔イラストブック(1993年、集英社。ISBN 4-08-861520-4
  • きたがわ翔イラストブック(2017年、Sho Studio、電子書籍版)

その他[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 夜の手塚治虫〜ここでしか語れない、黒くて妖しいオサムのこと。(2018年10月12日、吉祥寺シアター) - 手塚のアシスタント・きたがわ翔役[1]

関連項目[編集]

  • 竹内桜 - 一時アシスタントを務めていた。
  • 花小金井正幸 - 一時アシスタントを務めていた。
  • コサキンDEワァオ! - きたがわ本人がヘビーリスナーということもあり、作品内によく番組内で使用される用語の「おぴょ」等の言葉が出てくる。『19〈NINETEEN〉』を連載していた頃には電話で出演した事もある。
  • 中学時代は、軟式テニス部に所属していた。
  • 別冊マーガレット時代、学ランのまま集英社へ打ち合わせに出向いていたために受付で一般のファンと間違われ、そのたびに作家である事を説明していたとの事。
  • くさのあきひろ - 公私にわたる友人である。

外部リンク[編集]

  1. ^ Kichijoji Anime wonderland 19th”. www.kichifes.jp. 2019年7月17日閲覧。