江守正多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江守 正多(えもり せいた、1970年1月 - )は日本気象学者。国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長[1]海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターグループリーダーおよび東京大学気候システム研究センター客員准教授を兼務。研究分野はコンピュータシミュレーションによる地球温暖化の将来予測。

神奈川県生まれ。1992年東京大学教養学部基礎科学科第二卒業。1997年東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。学術博士 論文の題は「A Numerical Study of the Feedback Processes in the Hydrological Cycle in the Land-Atmosphere System(陸面-大気水循環におけるフィ-ドバック過程の数値的研究) 」[2]

地球シミュレータなどでのシミュレーションに用いられる気候モデルの開発・改良や、地球温暖化予測の不確実性の定量的評価などを専門とする[1]。 著作は研究論文[3]だけではなく、一般向けに地球温暖化に関する解説書も執筆している(#著書・共著を参照)。国立環境研究所のQ&A[4]に寄稿しているほか、メディアにおいても解説役を務める[5][6][7]。近年は地球温暖化に対する懐疑論に対抗する「懐疑派バスターズ」の一員も務める[8]

著書・共著[編集]

参照資料[編集]