高崎卓馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高崎 卓馬(たかさき たくま、1969年10月1日 - )は、日本クリエイティブディレクターCMプランナーコピーライター電通CDC(コミュニケーション・デザイン・センター)所属[1]血液型はB型。

人物[編集]

福岡県生まれ。福岡県立修猷館高等学校卒業。 早稲田大学法学部在学中は自主映画で脚本演出を担当[2]1993年電通入社(同期には本間絹子窪本心介さかはらあつし中山泰秀らがいる)。

クリエイティブ局に配属されCM制作に携わる。2010年度「クリエイター・オブ・イヤー」に選ばれる[3]2012年に『はるかかけら』で小説家としてデビュー。2013年、二度目の「クリエーター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

東京五輪エンブレム問題[編集]

エンブレムデザインの酷似疑惑[編集]

東日本大震災後に、宮城県オリンピックを招致する活動を経て[4]東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のクリエイティブ・ディレクターに就任[5]。東京オリンピック公式エンブレムやサントリートートバッグキャンペーンの審査員を務め、佐野研二郎の作品を選出[6]。しかしオリンピックのエンブレムは盗用疑惑のため白紙撤回され、同年10月2日、電通から大会組織委員会への出向が解除された[7]。高崎はエンブレム選定の責任者として事実上更迭された形となった[7]

このように、高崎は五輪組織委員会のクリエーティブ・ディレクターとして審査委員の人選を担い、自らも審査委員となった。エンブレムデザインの修正の際だけではなく、彼は当初から、「電通社員」「組織委幹部」「審査委員」という3つの顔を使い分けることのできる“特別な立場”にあった[8][9]

不正[編集]

東京五輪・パラリンピックロゴ再選出に先立つ一次審査において2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2015年12月18日に、「一次審査において事前に参加を要請した8人中2人に対して、不適切な投票があった」とする外部有識者による調査結果を公表し、この際、審査委員代表だった永井一正氏が槙英俊・マーケティング局長と、高崎卓馬・企画財務局クリエイティブディレクターの2人(いずれも当時の役職)に対して応募者8人全員を二次審査に進めるように事前に要望していた。そして8人の作品番号を事前に知っていた槙氏と高崎氏が投票締め切りの直前に応募者中の2人の作品に対しては不足票しか入っていないことに気づき、永井氏に該当作品の番号作品を伝えた。これらの一連の永井氏及び槇、高崎氏の不適切な行動により本来であれば落選する者が出るはずだったが結果的に一次審査応募の8人全員が1次審査を通過する結末となった。[10]

エンブレム紹介曲とトヨタCM曲との酷似疑惑[編集]

また、高崎が制作統括していたエンブレム紹介曲においても酷似疑惑が浮上している。作曲は主にアメリカで活動をしているFumitake IgarashiとYohei Nakamuraによるもので、音楽プロデューサーの福島節も制作スタッフの1人として関わっていたが、Jonathan Bouletによる『You're A Animal』との酷似疑惑が指摘されている。この曲は、2015年7月4日から全国放送されている『TOYOTA GAZOO Racing』のテレビCM曲として用いられているが、このトヨタのCM制作において、クリエーティブ・ディレクターなどを務めていたのが電通の高崎であり、音楽プロデューサーの福島だった[11][12]

主な作品[編集]

映画[編集]

演劇[編集]

  • 『Black&White』(脚本)
  • 『冒険絵本 PINOCCHIO -ピノキオ -』(脚本)

ドラマ[編集]

作詞[編集]

CM[編集]

他多数

主な受賞[編集]

  • 2002年度特別賞 2006年度メダリスト
  • 2010年度クリエイター・オブ・ザ・イヤー
  • 2011年・2013年度TCCグランプリ
  • 2002年アドフェストグランプリ
  • 2013年ADC
  • 2013年度クリエイター・オブ・ザ・イヤー
  • カンヌライオンズ・金賞・銀賞・銅賞など

他多数

著書[編集]

  • 『表現の技術 グッとくる映像にはルールがある』(電通、2012年)
  • 『ものづくりの楽しさ発見! 上野樹里とナニカをツクル旅』(マガジンハウス、2012年、上野樹里共著)
  • 『はるかかけら』(中央公論新社、2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 髙崎卓馬 株式会社電通 CDC 電通報。
  2. ^ 高崎卓馬(クリエーティブディレクター/コピーライター)
  3. ^ 2010年のクリエイター・オブ・ザ・イヤーに髙崎卓馬氏
  4. ^ 「高崎卓馬氏の無意味な文書を掲載した東京五輪招致委員会の不明」 鈴村裕輔(国際日本学研究所)、リサーチマップ、2013/01/08
  5. ^ 「TOKYO 2020 大会エンブレムデザイン募集要綱」
  6. ^ 2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会エンブレムデザインを募集 マイナビニュース 2014年9月19日
  7. ^ a b “電通から出向、エンブレム責任者を事実上更迭”. 読売新聞. (2015年10月2日). http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20151002-OYT1T50085.html 2015年10月3日閲覧。 
  8. ^ 「「エンブレム」審査を「佐野研」出来レースにした電通のワル 特集『五輪序曲』不協和音の演奏者」週刊新潮2015年9月17日号
  9. ^ 「エンブレム」審査を「佐野研」出来レースにした電通のワル〈週刊新潮〉 BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 9月18日
  10. ^ 白紙撤回の五輪エンブレム選考過程で「不適切な投票」 白紙撤回の五輪エンブレム選考過程で「不適切な投票」
  11. ^ 東京五輪エンブレム「紹介曲」にも浮上した深刻なパクリ疑惑 特集「ワイド特集 陽炎の人」 週刊新潮2015年8月27日号
  12. ^ 東京五輪エンブレム「紹介曲」にも浮上した深刻なパクリ疑惑〈週刊新潮〉 BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 8月28日

外部リンク[編集]