刈谷友衣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かりや ゆいこ
刈谷 友衣子
生年月日 1996年11月30日(18歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県
身長 161 cm
血液型 A型
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画雑誌など
活動期間 2009年 - 2014年
備考
ラブベリー専属モデルオーディション2009 準グランプリ

刈谷 友衣子(かりや ゆいこ、1996年11月30日 - )は、日本女優ファッションモデル愛知県出身。

かつてはフォスターに所属していた[1]

来歴[編集]

2009年、『ラブベリー』専属モデルオーディションにて準グランプリを受賞し[注 1]、雑誌モデルデビュー。

2010年、映画『告白』で女優デビューを果たす。

2011年5月、ラブベリーを卒業。同年7月、「ミスセブンティーン2011」のファイナリストに選出された。また、7月23日に『金魚倶楽部』でドラマ初ヒロインを務めた。

2012年6月23日、『バルーンリレー』で映画初主演。

2013年3月26日、特集ドラマ『ラジオ』でテレビドラマ初主演。当作品は「第50回ギャラクシー賞」テレビ部門 優秀賞[2]、「東京ドラマアウォード2013」単発ドラマ部門 優秀賞[3]、「第68回文化庁芸術祭」テレビ・ドラマ部門 大賞[4]、「第16回シナリオ作家協会」菊島隆三賞[5]、「シカゴ国際映画祭」テレビ賞 長編テレビ映画部門 金賞、「ワールドメディアフェスティバル(ドイツ)」エンターテインメント(その他)部門 金賞、「US国際フィルム&ビデオ・フェスティバル」クリエイティブエクセレンス賞などを受賞したほか、「第42回国際エミー賞」にもノミネートされ[6]、国内外で高い評価を得ている。

2013年11月、登壇予定であった第5回TAMA映画賞授賞式を欠席[7]。以後、実質的に芸能活動を行っておらず、出演を予定していたいくつかの作品を降板。

2014年6月14日、須賀健太とともにW主演を務めた映画『スイートプールサイド』が公開されるも、プロモーションに参加することはなかった。 同年12月まではフォスターに所属していた。

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Webドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

  • タカラトミー ラブデジシリーズ 「PVカム」(2010年10月 - )
  • 白竹堂(2012年6月 - )
  • 日本映画専門チャンネル
    • ステーションID 春篇 「刈谷友衣子走る」篇(2012年2月 - )[12]
    • ステーションID 夏篇 「刈谷友衣子 in 小樽」篇(2012年7月 - )
  • TOYOTA MARK X 「娘の恋」篇(2012年8月 - )
  • JAバンクあいち[注 2]
    • ウィンターキャンペーン ポンちょきんぎょ 「キューブ」篇(2012年11月 - )
    • 住宅ローン 「引越し」篇(2013年4月 - )
    • 給与振込 「しっかり者」篇(2013年9月 - )
    • 年金受取 「将棋」篇(2013年9月 - )
    • ウインターキャンペーン2013 「ふわふわ」篇(2013年11月 - )
  • 朝日新聞社 朝日新聞デジタル
    • かわろう。 「大学にて」編(2013年2月 - )[13]
    • かわろう。 「切り抜き」編(2013年6月 - )
    • 家族でつかおう。 「ミーがパパ」編(2013年9月 - )

広告[編集]

ミュージックビデオ[編集]

雑誌[編集]

Web[編集]

その他[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

Blu-ray Disc[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オーディション合格の同期には、ベイビーレイズ大矢梨華子(グランプリ)、モーニング娘。第10期メンバーの飯窪春菜(特別賞)、アイドリング!!!5期生の石田佳蓮(特別賞)がいる。
  2. ^ 東海地方限定CM。

出典[編集]

  1. ^ 刈谷友衣子プロフィール”. フォスター. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月6日閲覧。
  2. ^ 第50回ギャラクシー賞入賞作品一覧”. ギャラクシー賞. 放送批評懇談会. 2015年6月8日閲覧。
  3. ^ 受賞リスト アーカイブ”. 東京ドラマアウォード2013. 2015年6月8日閲覧。
  4. ^ 文化庁芸術祭賞受賞一覧, (PDF), 文化庁芸術祭 (文化庁): p. 16, (2013年2月1日), http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/jutenshien/geijutsusai/pdf/h18_h25.pdf 2015年6月8日閲覧。 
  5. ^ 歴代受賞者一覧”. 菊島隆三賞. 一般社団法人シナリオ作家協会. 2015年6月8日閲覧。
  6. ^ TV Movie/Mini Series Nominees 'Radio'(Japan)”. Emmy Award. The Academy of Television Arts & Sciences. 2015年6月8日閲覧。
  7. ^ 11月23日(土・祝)第5回TAMA映画賞授賞式ご登壇者についてのお知らせ”. 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM. TAMA映画フォーラム. 2015年6月27日閲覧。
  8. ^ 第5回 TAMA映画賞”. 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM. TAMA映画フォーラム. 2013年11月13日閲覧。
  9. ^ 「すごく不安で怖かった」刈谷友衣子が被災地に生きる女子高校生に!!”. ザテレビジョン (2013年3月19日). 2013年3月30日閲覧。
  10. ^ 映画.com (2013年8月31日). “押見修造「スイートプールサイド」実写映画化!須賀健太&刈谷友衣子がW主演”. 2013年9月7日閲覧。
  11. ^ クランクイン!! (2013年8月31日). “押見修造『スイートプールサイド』実写映画化! 主演に須賀健太×刈谷友衣子”. 2013年9月7日閲覧。
  12. ^ “岩井俊二監督とのコラボレーションにより「BS日本映画専門チャンネル」のCM(ステーションID)が完成!” (プレスリリース), 日本映画衛星放送, (2012年2月27日), http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201202252671/ 2015年6月8日閲覧。 
  13. ^ “新CM登場” (PDF). 朝日新聞デジタル: p. 8. (2013年2月1日). http://www.asahi.com/digital_guide_images/ad/pdf/20130201.pdf 2013年11月13日閲覧。 
  14. ^ ネスレ日本キットカットプレスリリース(2011年12月15日)[リンク切れ]
  15. ^ “2013年「キットカット」受験生応援キャラクターに“現役高校生”女優 刈谷友衣子さんが決定!” (プレスリリース), ネスレ日本, (2012年11月21日), http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/20121121-2 
  16. ^ “2013年度全国統一防火標語決定「消すまでは 心の警報 ONのまま」ポスターに刈谷友衣子さんを起用” (プレスリリース), 日本損害保険協会, (2013年3月27日), http://www.sonpo.or.jp/news/release/2013/1303_05.html 2013年11月13日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • ゆいとも - 公式ブログ。※既に削除されており、閲覧不可能。