シャニダールの花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャニダールの花
監督 石井岳龍
脚本 じんのひろあき
石井岳龍
田中智章
出演者 綾野剛
黒木華
音楽 勝本道哲
撮影 松本ヨシユキ
編集 西尾光男
石井岳龍
制作会社 ドラゴンマウンテン
製作会社 ファントム・フィルム
神戸芸術工科大学
ノブ・ピクチャーズ
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2013年7月20日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

シャニダールの花』(シャニダールのはな)は、2013年の日本の恋愛ファンタジー映画である。石井岳龍が監督を務め、綾野剛黒木華が主演を務めている[1]。第37回モントリオール世界映画祭の「フォーカス・オン・ワールド・シネマ」部門に出品された[2]

あらすじ[編集]

ごく一部の女性たちの胸に「シャニダール」と呼ばれる花が芽吹くという現象が起きる。その花弁の成分から新薬を開発しようとする製薬会社は、母体となっている女性たちに高額の契約金を支払い、研究所の施設でシャニダールを栽培している。女性たちの精神状態とシャニダールの成長とのあいだには何らかの関連があるとされており、施設にはセラピストが常駐している。

製薬会社でシャニダールの研究をつづける植物学者の大瀧賢治(綾野剛)は、新たに赴任してきたセラピストの美月響子(黒木華)と出会う。2人は少しずつ互いに惹かれていく。

提供者の田村ユリエ(伊藤歩)は、賢治に好意を寄せている。ユリエの胸に咲いたシャニダールの花は手術で摘み取られるが、彼女は手術の直後に命を落とす。花を切除する際、母体に過度の負荷がかかったことが原因である。しかし、所長の吉崎和彦(古舘寛治)は、ユリエの死因を伏せている。

菊島ミク(山下リオ)の胸で育っていたシャニダールが枯れてしまう。動揺したミクは、他の提供者たちの胸からシャニダールを引き抜こうとする。立花ハルカ(刈谷友衣子)は、自分の胸からシャニダールの花を引き抜いてミクに手渡すが、その瞬間、意識を失って倒れこむ。一連の騒動を見ていた賢治は、花の切除が母体に危険を及ぼすのではないかと気づく。

響子の胸にシャニダールの芽が出る。賢治は、花が咲かないうちに切除したほうがよいと響子に伝える。響子は、花を咲かせて種が得られるまで育てたいと言う。賢治は、響子の体を守るために、寝ている彼女の胸からシャニダールの芽を切除する。響子は退社し、賢治の前から姿を消す。

シャニダールの危険性が公になり、製薬会社の研究所は閉鎖される。植物園で働き始めた賢治のもとに、ある日、植物の種が送られてくる。やがて、その種がシャニダールの花を咲かせる。賢治は響子を探し当てるが、胸にシャニダールの花を咲かせた響子はベッドで眠りつづけており、目覚める気配がない。

夢の中で、賢治は響子と再会する。目が覚めたのかと問われた響子は、目が覚めたのはあなたのほうだと賢治に告げる。あたりを見渡すと、シャニダールの花が無数に咲いているのであった。!

キャスト[編集]

上映[編集]

2013年4月18日、ヒューマントラストシネマ渋谷にて完成披露試写会が行われた[3]。7月4日、テアトル新宿にて先行上映会が行われた[4]。7月20日、全国12スクリーンで一般公開された[5]

受賞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 綾野剛&黒木華、石井岳龍監督「シャニダールの花」にW主演”. 映画.com (2012年11月3日). 2016年10月12日閲覧。
  2. ^ 綾野剛に世界からも絶賛の拍手!【第37回モントリオール世界映画祭】”. シネマトゥデイ (2013年8月26日). 2016年10月12日閲覧。
  3. ^ 黒木華、映画『シャニダールの花』で共演した綾野剛は「変な人です」”. マイナビニュース (2013年4月19日). 2016年10月12日閲覧。
  4. ^ 石井岳龍監督最新作「シャニダールの花」モントリオール映画祭正式出品決定!”. 映画.com (2013年7月4日). 2016年10月12日閲覧。
  5. ^ 綾野剛の“距離感”に女優陣ドキドキ”. 映画.com (2013年7月20日). 2016年10月12日閲覧。
  6. ^ a b 吉高由里子、真木よう子が「最優秀女優賞」を受賞”. モデルプレス (2013年10月11日). 2016年10月12日閲覧。
  7. ^ キネ旬ベスト・テンが発表! 国内1位は『ペコロスの母に会いに行く』 (1/2)”. シネマトゥデイ (2014年1月9日). 2016年10月12日閲覧。
  8. ^ 福山雅治、俳優として初受賞 第35回ヨコハマ映画祭表彰式に出席”. 映画.com (2014年2月2日). 2016年10月12日閲覧。
  9. ^ 貫地谷しほり、ブルーリボン賞・主演女優賞受賞で涙の授賞式”. シネマトゥデイ (2014年2月12日). 2016年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]