使命と魂のリミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
使命と魂のリミット
著者 東野圭吾
発行日 2006年12月5日
発行元 新潮社
ジャンル ミステリサスペンスハードボイルド
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 380
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-303171-0
ISBN 978-4-04-371807-8A6判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

使命と魂のリミット』(しめいとたましいのリミット)は、東野圭吾の長編医療サスペンス小説

新潮社週刊誌週刊新潮』に、2004年12月30日と2005年1月6日の合併号から2005年11月24日号まで掲載され、2006年12月5日に単行本が新潮社から刊行された。2010年2月25日には、角川書店から角川文庫版が発売された。

2011年NHK土曜ドラマスペシャル』枠でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

父の死をきっかけに、ある思いを胸に秘めて心臓外科を目指すことになった氷室夕紀。そんな中、彼女が研修医として働く大学病院に脅迫状が届く。その脅迫状は、その病院の医療ミスを暴くという内容だったが、病院側は医療ミスの存在を否定した。

登場人物[編集]

氷室 夕紀(ひむろ ゆうき)
帝都大学医学部を卒業して帝都大学病院の心臓血管外科で研修プログラムを受けている、心臓外科医を目指す研修医。
直井 穣治(なおい じょうじ)
電子機器メーカーのエンジニア。ある目的を持って真瀬望に近づく。
真瀬 望(ませ のぞみ)
帝都大学病院心臓血管外科の看護師。21歳。
島原 総一郎(しまばら そういちろう)
大手自動車会社社長。大動脈瘤の手術のために帝都大学病院に入院する。
七尾 行成(ななお ゆきなり)
警視庁の刑事。氷室健介が警部補だった時の部下。
氷室 健介(ひむろ けんすけ)
氷室夕紀の父。元警察官で警備会社の主任だったが、夕紀が中学生の時に胸部大動脈瘤の手術中に亡くなる。
氷室 百合恵(ひむろ ゆりえ)
氷室夕紀の母。西園陽平との再婚を考えている。
西園 陽平(にしぞの ようへい)
帝都大学病院教授。心臓血管外科医。氷室健介の担当医だった。

テレビドラマ[編集]

使命と魂のリミット
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:15(75分)
放送期間 2011年11月5日12日(全2回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 片岡敬司
原作 東野圭吾
脚本 吉田紀子
出演者 石原さとみ
速水もこみち
音声 音声多重放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイトのアーカイブ
テンプレートを表示

NHKの『土曜ドラマスペシャル』枠で2011年11月5日12日石原さとみ主演で放送された[1][2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送リスト[編集]

タイトル 放送日 視聴率
前編 11月05日 6.7%[3]
後編 11月12日 7.2%

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


NHK 土曜ドラマスペシャル
前番組 番組名 次番組
神様の女房
(2011年10月1日 - 10月15日)
使命と魂のリミット
(2011年11月5日 - 11月12日)
蝶々さん
〜最後の武士の娘〜

(2011年11月19日 - 11月26日)