私が彼を殺した

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加賀恭一郎シリーズ > 私が彼を殺した
私が彼を殺した
著者 東野圭吾
発行日 1999年2月5日
発行元 講談社
ジャンル ミステリー推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書判
ページ数 284
前作 悪意
次作 嘘をもうひとつだけ
公式サイト 私が彼を殺した 講談社文庫
コード ISBN 406182046X
ISBN 4062733854A6判
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

私が彼を殺した』(わたしがかれをころした)は、東野圭吾による推理小説加賀恭一郎シリーズの第5作。1999年2月5日に講談社から講談社ノベルス版が刊行され、2002年3月15日に講談社文庫版が刊行された。

あらすじ[編集]

脚本家の穂高誠が、結婚式当日に毒殺された。容疑者は被害者のマネージャー、花嫁の兄、敏腕編集者の3人。事件後、3人は密かに述懐する。『私が彼を殺した』と。

登場人物[編集]

加賀恭一郎ついては加賀恭一郎シリーズ#登場人物を参照

穂高 誠(ほだか まこと)
被害者。脚本家で、「穂高企画」のオーナー。鼻炎アレルギーに悩まされている。
神林 美和子(かんばやし みわこ)
穂高の婚約者。詩人。
神林 貴弘(かんばやし たかひろ)
美和子の兄。家の事情で15年間美和子と離れて暮らしていたため、美和子に対して恋愛感情を持っている。
駿河 直之(するが なおゆき)
穂高のマネージャー。浪岡(後述)に好意を持っていた。猫を飼っている。
雪笹 香織(ゆきざさ かおり)
美和子の担当編集者。以前、穂高の恋人だったことがある。
浪岡 準子(なみおか じゅんこ)
動物看護士。駿河と同じマンションに住んでいる。つい最近まで穂高と付き合っており、美和子との婚約を知り自殺。
西口 絵里(にしぐち えり)
香織の後輩の編集者。

備考[編集]

  • 同じ最後まで犯人が明かされない記述法の作品に『どちらかが彼女を殺した』があり、今作はさらに難しくなっている。文庫版には袋綴じの解説がついている。

関連項目[編集]