危険なビーナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
危険なビーナス
著者 東野圭吾
発行日 2016年8月26日
発行元 講談社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六変型
ページ数 386
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp/
コード ISBN 978-4-06-220240-4
ISBN 978-4-06-516583-6文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

危険なビーナス』(きけんなビーナス)は、東野圭吾による日本ミステリー小説[1][2]2016年8月26日講談社から刊行[3]されたのち、2019年8月9日に文庫化[1]された。正義感が強く、美女に弱い獣医師が異父弟の失踪をきっかけに妻を名乗る女性に翻弄されながらも、名家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを描く[2]

2020年10月からTBS系日曜劇場」でテレビドラマ[2]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

手島伯朗(てしま はくろう)
獣医師。独身で正義感は強いが、美女には殊更弱い面がある。ある日、異父弟の明人の妻を名乗る女性から夫が失踪したことを電話で告げられる。
伯朗に電話をかけてきた女性で、伯朗の異父弟である明人の妻を名乗る。
明人
伯朗の異父弟。妻を名乗る楓によれば、ある日突然失踪したらしい。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

危険なビーナス
ジャンル 連続ドラマ
原作 東野圭吾 『危険なビーナス』
企画 佐藤美紀(編成)
高橋秀光(編成)
脚本 黒岩勉
演出 佐藤祐市
河野圭太
(いずれも共同テレビ)
監修 小林豊和(獣医
グラース動物病院(獣医)
小林健太郎(法律
矢野亜紀子(法律)
西脇俊二(脳神経学)
中澤暁雄(医療
寺野隆雄(数学
古谷謙一警察
出演者 妻夫木聡
吉高由里子
ディーン・フジオカ
染谷将太
中村アン
堀田真由
結木滉星
福田麻貴3時のヒロイン
R-指定Creepy Nuts
麻生祐未
坂井真紀
安蘭けい
田口浩正
池内万作
栗田芳宏
栗原英雄
斉藤由貴
戸田恵子
小日向文世
音楽 菅野祐悟
エンディング back number「エメラルド」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 橋本芙美
高丸雅隆
久松大地
(いずれも共同テレビ)
製作 共同テレビジョン
TBSテレビ
放送
放送チャンネル TBS系列
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年10月11日 -
放送時間 日曜 21:00 - 21:54
放送枠 日曜劇場
放送分 54分
公式サイト
配信
安全なビーナス
出演者 蒼井翔太
結木滉星
堀田真由
福田麻貴(3時のヒロイン)
中村アン
配信サイト Paravi
配信国・地域 日本の旗 日本
配信期間 2020年10月25日 - (予定)
公式サイト

特記事項:
私の翼たち』終了に伴いTBSテレビのみ本作から6分拡大(21:00 - 22:00、TBSテレビ以外は21:54で打ち切り)。
初回は25分拡大(21:00 - 22:25、TBSテレビ以外は22:19で打ち切り)。
第2話は15分拡大(21:00 - 22:15、TBSテレビ以外は22:09で打ち切り)。
テンプレートを表示

2020年10月11日からTBS系日曜劇場」枠で放送されている[2]。主演は妻夫木聡[2]、妻夫木のTBS系連続ドラマ主演は2004年4月期の日曜劇場『オレンジデイズ』以来16年ぶり[2]。更に日曜劇場の作品を共同テレビジョン(共テレ)と共同で製作するのは2000年7月期の『催眠』以来20年ぶり。

本来は2020年10月期以降に放送開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止により7月期に放送予定だった『ドラゴン桜2』の製作開始の目処が立たなくなったことから2021年まで延期が発表され、その前倒しの形で今作品の放送が決定した。

東野によると、原作小説では泣く泣く省略した「面白いピース」があるといい、その分はドラマ制作陣や出演者に「思い切り好きなように遊んでもらいたい」とコメントした[2]

関東ローカルで放送されていた『私の翼たち』の終了に伴い、日曜劇場は本作よりTBSテレビのみ放送時間を6分拡大した(21:00 - 22:00)。ただしTBSテレビ以外はこれまで通り21:54で終了するように打ち切りポイントが設置された。

第1話は第75回文化庁芸術祭参加作品として放送された。

キャスト[編集]

手島伯朗(てしま はくろう)〈38〉
演 - 妻夫木聡(幼少期:森島律斗)
池田動物病院で院長代理を務める独身の獣医師。
矢神楓(やがみ かえで)〈30〉
演 - 吉高由里子[4]
異父弟である明人の妻と名乗る謎の美女。旧姓は古澤。
矢神勇磨(やがみ ゆうま)〈40〉
演 - ディーン・フジオカ[5](幼少期:石毛宏樹)
矢神家の養子で都内に複数のダイニングレストランを経営している若手実業家。
矢神明人(やがみ あきと)〈29〉
演 - 染谷将太[5]
伯朗の母と再婚相手の間にできた異父弟。
蔭山元美(かげやま もとみ)〈31〉
演 - 中村アン[5]
池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師
支倉百合華(はせくら ゆりか)〈26〉
演 - 堀田真由[6]
隆司と祥子の娘。
君津光(きみつ ひかる)〈27〉
演 - 結木滉星[6]
矢神家の使用人。かつてはバー「Venus」(後述)でバーテンダーをしていた。
永峰杏梨(ながみね あんり)〈34〉
演 - 福田麻貴3時のヒロイン[7]
矢神康治の専属看護師。
手島一清(てしま かずきよ)
演 - R-指定Creepy Nuts
伯朗の実父。故人。
矢神佐代(やがみ さよ)〈61〉
演 - 麻生祐未[6]
康之介の養女
兼岩順子(かねいわ じゅんこ)〈57〉
演 - 坂井真紀[6]
禎子の妹。
支倉祥子(はせくら しょうこ)〈58〉
演 - 安蘭けい[6]
矢神家前当主と後妻の娘。
支倉隆司(はせくら たかし)〈59〉
演 - 田口浩正[6]
祥子の夫で介護施設グループを営む。
矢神牧雄(やがみ まきお)〈56〉
演 - 池内万作[6]
矢神家前当主と後妻の間に産まれた息子。
矢神康之介(やがみ こうのすけ)
演 - 栗田芳宏
矢神家前当主。故人。
矢神康治(やがみ やすはる)〈68〉
演 - 栗原英雄[6]
矢神家現当主。
矢神禎子(やがみ ていこ)
演 - 斉藤由貴[6]
伯朗と明人の母。16年前に事故死。
矢神波恵(やがみ なみえ)〈66〉
演 - 戸田恵子[6]
現当主の実妹。
兼岩憲三(かねいわ けんぞう)〈65〉
演 - 小日向文世[6]
伯朗の叔父。数学者

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[9] EPG欄 ラテ欄[10] 演出 視聴率
第1話 10月11日 異父弟の妻 突然現れた謎の美女…
欲望渦巻く謎のはじまり
30憶の遺産を巡って繰り広げられる
予測不能のラブサスペンス
佐藤祐市 14.1%[11]
第2話 10月18日 叔父の復讐 違う顔を見せる女…
敵か味方か?仕掛けられた罠
弟の妻の正体を暴け!
違う顔を見せる彼女…仕掛けられた罠!?
12.5%[12]
第3話 10月25日 弟の妻が襲われた…
矢神の陰謀か女の嫉妬か?
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
  • 第1話は25分拡大(21:00 - 22:25、TBSテレビ以外は22:19で打ち切り)。
  • 第2話は15分拡大(21:00 - 22:15、TBSテレビ以外は22:09で打ち切り)。

スピンオフドラマ[編集]

安全なビーナス』(あんぜんなビーナス)のタイトルで、2020年10月25日の本編第3話の放送終了後からParaviで配信予定[13]

本編には登場しないバー「Venus」を舞台に、ゲスト出演する本編のキャストが蒼井翔太演じるマスターのシェリーから提供されるカクテルを飲むことで心を開き、タイトルの通り安全なバーである「Venus(ビーナス)」で本編の裏話を暴露していく模様を描く[14]

キャスト(安全)[編集]

スタッフ(安全)[編集]

  • 原作 - 東野圭吾 『危険なビーナス』(講談社文庫刊)
  • 脚本 - 山本奈奈
  • プロデューサー - 橋本芙美、久松大地、村木美砂(いずれも共同テレビ)
  • 演出 - 北坊信一(共同テレビ)
  • 製作 - 共同テレビ、TBS

配信日程[編集]

各話 配信日 サブタイトル[15] 演出
glass I 10月25日(予定) 迷えるヒツジ
TBS系 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
半沢直樹(2020年版)
(2020年7月19日 - 9月27日)
危険なビーナス
(2020年10月11日 - )
※本作からTBSテレビのみ終了時刻を22:00に繰り下げ
-
TBSテレビ 日曜 21:54 - 22:00
私の翼たち
(2019年4月7日 - 2020年9月27日)
危険なビーナス
(2020年10月11日 - )
-

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『危険なビーナス』(文庫本)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2020年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g “妻夫木聡がTBSで16年ぶり主演、東野圭吾の「危険なビーナス」ドラマ化”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年8月20日). https://natalie.mu/eiga/news/392742 2020年8月20日閲覧。 
  3. ^ 『危険なビーナス』(単行本)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2020年8月20日閲覧。
  4. ^ “吉高由里子、主演・妻夫木聡と初共演! 「半沢直樹」後枠「危険なビーナス」で”. サンスポ (産経新聞社). (2020年9月3日). https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20200903/geo20090304000011-s.html 2020年9月3日閲覧。 
  5. ^ a b c “妻夫木聡主演『危険なビーナス』にディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン出演決定”. ORICON NEWS (oricon ME). https://www.oricon.co.jp/news/2171580/full/ 2020年9月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k “妻夫木聡主演『危険なビーナス』追加キャストに小日向文世、斉藤由貴ら”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年9月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2171802/full/ 2020年9月13日閲覧。 
  7. ^ “3時のヒロイン・福田麻貴、日曜劇場で連ドラ初レギュラー「絶対にドッキリだと…」”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年9月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2172667/full/ 2020年9月25日閲覧。 
  8. ^ “back number、妻夫木聡主演の日曜劇場主題歌 清水依与吏「待っていたんだと思います」”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年9月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2171908/full/ 2020年9月13日閲覧。 
  9. ^ Paravi 危険なビーナス
  10. ^ 該当各日 『毎日新聞』 テレビ欄。
  11. ^ “妻夫木聡主演「危険なビーナス」初回14.1%の高視聴率でスタート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年10月12日). https://hochi.news/articles/20201012-OHT1T50027.html 2020年10月12日閲覧。 
  12. ^ “妻夫木聡主演「危険なビーナス」第2話視聴率12.5%で2ケタ高水準キープ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年10月19日). https://hochi.news/articles/20201019-OHT1T50044.html 2020年10月19日閲覧。 
  13. ^ a b “日曜劇場「危険なビーナス」のParaviオリジナルストーリー「安全なビーナス」配信決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年10月8日). https://hochi.news/articles/20201007-OHT1T50271.html 2020年10月8日閲覧。 
  14. ^ a b c d e TBS日曜劇場『危険なビーナス』のParaviオリジナルストーリー「安全なビーナス」Paraviで10/25(日)より独占配信決定!!” (日本語). Paravi (2020年10月8日). 2020年10月9日閲覧。
  15. ^ Paravi 安全なビーナス

外部リンク[編集]

書籍
テレビドラマ