真珠湾からの帰還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真珠湾からの帰還〜軍神と捕虜第一号〜』(しんじゅわんからのきかん ぐんしんとほりょだいいちごう)は、NHK土曜ドラマスペシャル』で2011年12月10日 21:00〜22:30 に放送されたテレビドラマ。

NHK名古屋放送局の制作の終戦ドラマは、『鬼太郎が見た玉砕 〜水木しげるの戦争〜』(2007年)から毎年作られており、本作が5作目である[1]。前年に放送された『15歳の志願兵』まではNHKスペシャル枠で放送されていたが、本作は土曜ドラマスペシャルとして放送された。

あらすじ[編集]

真珠湾攻撃において甲標的の攻撃部隊となった10名のうち9名が戦死し、酒巻和男だけが生き残った。戦死した仲間は九軍神となったが、彼の存在は隠蔽された。彼は最初の捕虜になりアメリカ本土に連行される。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実話を元にしたスペシャルドラマ「真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~」制作ドキュメントと予告動画-NHK ナビコン・ニュース

関連項目[編集]

NHK制作の終戦特別ドラマ

外部リンク[編集]


NHK総合 NHKスペシャル終戦特集ドラマ
前番組 番組名 次番組
15歳の志願兵
(2010年)
真珠湾からの帰還
(2011年)