11文字の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

11文字の殺人』(じゅういちもじのさつじん)は、東野圭吾推理小説光文社から1987年カッパ・ノベルス版が刊行され、1990年光文社文庫版が刊行された。また、2009年には、文庫本の表紙カバーを改めた版が刊行されている。なお、題名は、当初の構想では『無人島より殺意をこめて』だったが、編集者の案により、当初の構想の文字数に由来する、現在のタイトルに改題されている。

2011年6月10日にテレビドラマが放送された。

あらすじ[編集]

恋人を殺された女流ミステリー作家「あたし」は、担当編集者でもある友人の萩尾冬子の助力を得ながら、事件の真相解明に乗り出した。だが、調査は思うように進まない。その一方で、「あたし」の行動が引き金になったかのような、第2、第3の殺人事件が起こる。

登場人物[編集]

あたし
女流推理作家
川津雅之
「あたし」の恋人・フリーライター
萩尾冬子
「あたし」の友人・「あたし」の担当編集者

テレビドラマ[編集]

2011年6月10日に、フジテレビジョン系列の「金曜プレステージ」において、「東野圭吾3週連続スペシャル」の第1弾『11文字の殺人』として放映された。視聴率16.0%。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ボディスタント:花田奈美