最後の弾丸 (1994年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
最後の弾丸
The Last Bullet
監督 マイケル・パティンソン
脚本 吉田博昭
製作 吉田博昭
ジョージナ・ポープ
出演者 玉置浩二
ジェイソン・ドノヴァン
井川比佐志
白島靖代
冷泉公裕
室田日出男
ベス・チャンピオン
音楽 ネリダ・タイソン・チュウ
撮影 ロジャー・ダウリング
編集 ピーター・キャロドス
公開 1994年
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 日本語
英語
テンプレートを表示

最後の弾丸』(さいごのだんがん、英題名: The Last Bullet)は、合同で製作されたテレビ映画太平洋戦争終戦間際のボルネオの戦いを舞台にした、オーストラリア新兵と日本軍狙撃手を取り巻く物語で、原作は柘植久慶の小説「最後の遭遇」。日本では1995年9月にNHK-BS2で初放映、1996年1月にNHK-Gで地上波初放映された。

ストーリー[編集]

太平洋戦争末期の1945年7月8日、ボルネオバリクパパンジャングル。日本陸軍は上陸したオーストラリア軍第7師団に追い詰められていた。独立歩兵454大隊・田中小隊はバンザイ突撃を敢行。その中でただ一人生き残ったマタギ出身の狙撃手・山村一郎伍長は、残存日本兵を掃討する豪軍分隊を待ち伏せ、新兵のスタンレーを除く全ての兵を壊滅させる。戦場は2人だけの孤立無援・膠着状態に陥り、生き残るには相手を殺すしかない事を互いに悟る。

8月、飛来した飛行機から終戦を知らせるビラが投下されるが、山村はビラを信じず、2人はジャングルで対峙し戦いを継続する。しかし既に山村はあと1発、スタンレーは2発の弾丸を残すのみ。その時、2人は現地の少女が地雷原に迷い込む姿を目撃する。スタンレーは熟慮の末、警告のため少女の傍にあるヤシの木を撃つが2発とも外す。山村も葛藤の挙句、ヤシの実を狙って撃ち落とし、少女は無事に逃げ去る。間もなく豪軍の友軍兵が到着、進退窮まった山村はスタンレーに向かって敬礼したのち、銃剣で自決を図る。

主要キャスト[編集]

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]