変身 (東野圭吾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
変身
著者 東野圭吾
発行日 1991年1月12日
発行元 講談社
ジャンル ミステリサスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 308
公式サイト 変身 講談社文庫
コード ISBN 978-4-06-193996-7
ISBN 978-4-06-185698-1A6判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

変身』(へんしん)は、東野圭吾による書き下ろしサスペンス小説。脳移植により自分の人格が失われていく恐怖と葛藤を描く。

2014年3月現在、発行部数は125万部を超えている[1]。また新井素子は、『パラレルワールド・ラブストーリー』の文庫本巻末に収録された解説の中で、この作品と『分身』『パラレルワールド・ラブストーリー』を合わせて『東野“私”三部作』と命名している。

本作を原作に2005年に映画化された。また、間瀬元朗画によって「週刊ヤングサンデー」に『HE∀DS』というタイトルで漫画が連載された。

2014年7月にはWOWOWテレビドラマ化された。

ストーリー[編集]

成瀬純一が目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋のベッドの上だった。思い出せるのは拳銃で撃たれたことと、純一という名前のみ。脳神経外科の権威だという堂元教授に聞くところによると、奇蹟的に命をとりとめたが、3週間も昏睡状態だったのだという。回復するにつれ、次第に自分は不動産屋で強盗に遭遇し、その場にいた女の子をかばって撃たれたのだという記憶がよみがえってきたが、鏡に映る自分の顔が一瞬わからない、嗜好品の好みが変わるなど、昨日までの自分と感性ががらりと変わってしまったような奇妙な感覚に戸惑いを感じるようになる。ある夜、病院内の研究棟とはいえ、シャッターが閉められてあちこちに鍵がかけられた様子に疑問を抱いた純一は、夜中に忍び込んだ部屋で自分のものと思われる脳が入ったガラスの容器を発見してしまう。そして堂元を問い詰め、自分が幸運にも10万分の1の確率だといわれる適合者が見つかったために、世界初の成人脳移植手術を受けたということを知る。ドナーについても問いただすが、それについては「詮索すべきではない」と決して教えてくれなかった。検査をただひたすら受ける日々が続いたが、面会OKの許可が出ると、強盗事件を担当する刑事の倉田謙三がやって来る。そこで純一は初めて事件についてや犯人・京極瞬介の人となりを聞き、結局京極は自殺したのだということを知る。

退院し、自分の家に戻るとそこには恋人・葉村恵の姿があった。喜びを噛みしめる純一だったが、恵を抱いた時にふと「なぜそばかすなんてものがあるんだろう?」と、彼女について残念に思う気持ちが沸き起こる。その他にも違和感を覚えることは次第に増えていく。一緒に仕事をしている人間が無能としか思えず失望する。今までのような絵が全く描けなくなり、聴覚が異様に鋭くなった。そして何より、恵といても全く楽しいと思えない―。職場の先輩と喧嘩をして酒瓶で殴ろうとしたり、隣人の言動に殺意を抱いてナイフを持ち出したりと、どう考えても異常だと感じた純一は、堂元教授にこれは副作用ではないのかと疑問をぶつけるが、堂元教授は「まず起こりえない」と取り合わなかった。しかし腑に落ちない純一は、博士が少し席をはずした隙にドナー・関谷時雄の情報を手に入れ、時雄の父・関谷明夫の元を訪ねる。そこで聞いた時雄の生前の性格や嗜好の話は、純一に新たな疑いを抱かせた。あまりにも今の自分と違いすぎる……そして“父”である明夫に会っても特に何も感じない……ドナーは別の人間なのではないだろうか?

今の自分の性格や行動パターンは、ドナーだと言われている時雄よりもむしろ犯人の京極の方に近い。そう考えた純一は倉田刑事から京極の妹のことを聞き出し、ついに京極亮子との対面を果たす。予感はしていたが、実際に目があった瞬間に全身が硬直した自分に驚く。確信した純一が堂元を問い詰めると、ようやく堂元はドナーが時雄ではなく京極である事実を認めた。症状の改善に全力で取り組むという堂元を殴って拒否した純一だったが、変わらず自分を心配してくれる堂元の助手・橘直子とは交流を断ち切らずにいた。そして初めて堂元以外の医者の診察を受け、成瀬純一本来の右脳意識が消滅しつつあることを悟った純一は、これも京極に支配されている行動かもしれないと感じつつも直子を初めて抱き、彼女を信用してもいいかもしれないと思い始める。しかし自分が留守の間に日記をコピーして内容を誰かに報告している直子の姿を見た純一は彼女の首を絞めて殺し、屍姦。一方、純一の裏の家で飼われている番犬が殺され、ノコギリで切断されたというニュースを見て、もしかしてと感じた恵は純一の部屋に戻っていた。殺人を告白され、迷惑がかかるから帰れと言う純一に「愛しているから」と食い下がり、恵はどんなに冷たくされても二度と純一のそばを離れまいと決意する。再び2人で過ごす時間が増え、純一は恵の裸体だけは再び描けるようになっていった。

時が過ぎ、純一の意識がほとんど消滅して恵の名前もわからなくなった頃、純一は脳移植手術の研究を順調に進めたい何者かに拉致され、焼き殺されかける。恵が裏切ったせいだと考えた純一は恵を殺しかけるが、寸でのところで自分を取り戻し、堂元の研究所へと赴く。そして移植した部分を再び取り除いてほしいと頼むが、首を縦に振らない堂元を見て、途中で警官から奪ってきた銃で自分の右側頭部を撃ち抜いた。堂元が手術して再び命は取り留めたものの、純一は無意識の世界に生きる人となる。恵は純一が生前に描いていた絵を売って延命費にあてながら純一に添い続けるが、きちんとそばかすまで描いてくれた最後の絵だけは売らずに手元に残していた。

登場人物[編集]

成瀬 純一(なるせ じゅんいち)
24歳。産業機器メーカーのサービス工場勤務、メカニカル・サービス班所属。職場では、上司の命令には従順で「お利口さん」と呼ばれている。人並みに腹をたてることもあるが、それを表に出すだけの勇気がないため、人の悪口にも参加しない。中肉中背。恋人の恵には「ジュン」と呼ばれている。父親は若い頃に独立し、設計事務所を経営していたが、純一が高校3年生の時にクモ膜下出血で亡くなり、母も心臓発作で他界している。そのため、美大を考えていた進路を変更し、今の会社の系列の機械の専門学校に入った。今でも休みの日は絵を描いて過ごす。
散弾銃によって銃弾が右後方側頭部から右前頭部に抜けて貫通していたため、脳移植を受ける。人前に出るのが苦手でその他大勢のうちの1人として平凡に生きていくタイプだったが、手術後は公の場に出ることに何の恐れも感じなくなる。
葉村 恵(はむら めぐみ)
純一の恋人。デザイナーを夢見て田舎から上京してきたが、才能が無いことに気づいて断念。画材ショップ「新光堂」で店員として働き、そこで純一と知り合った。背が高く、ショートヘア。ソバカスがチャームポイント。
堂元(どうげん)
東和大学医学部脳神経外科教授。髪が真っ白で金縁眼鏡をかけている。
橘 直子(たちばな なおこ)
堂元の助手。化粧気は無く、美人でもないが、ジェクリーン・ビセットという外国の映画女優に似ていると言えなくもない。
若生(わかお)
堂元の助手。顎の尖った男。橘に好意を持っている。
光国(みつくに)
堂元教授の友人の心理学教授。頭脳の塊といった容貌の小男。堂元の紹介で純一にインタビューしようとする。
葛西 三郎(かさい さぶろう)
成瀬の同僚。様子が変わり、上司とぶつかるようになってしまった純一を宥める。
矢部 則夫(やべ のりお)
成瀬の同僚。猿に似た風貌のひょうきんな男。
酒井(さかい)
入社が成瀬より2年早い職場の先輩。背が高く、骸骨のような顔をしている。喧嘩っ早い。
臼井 悠紀夫(うすい ゆきお)
成瀬の隣の部屋に住む学生。時々一緒に酒を飲む。コンピュータ・ゲームが唯一の趣味。
関谷 時雄(せきや ときお)
成瀬に移植された脳のドナー。享年22。交通事故で車と建物の間に挟まれて亡くなった。生前は四六時中仲間と遊びまわり、勉強とは無縁の生活を送っていた。飽きっぽい性格だったが半年ほどボランティア活動をしていた時期があり、その時にドナー登録をしていたため、臓器提供者となった。人付き合いは良く、友達を大事にする。対立することが嫌いで小学校以来喧嘩はしたことがない。
関谷 明夫(せきや あきお)
時雄の父。「赤煉瓦」という小さな喫茶店を経営している。白髪頭で痩せており、鼻髭を生やしている。
京極 瞬介(きょうごく しゅんすけ)
不動産屋を襲い、成瀬を撃った犯人。去年母親が風邪をこじらせて亡くなった時、内縁の夫でありながら心臓が悪かった母親の手術代すら出さなかった不動産屋の社長である番場に復讐しようと決めて犯行に及んだ。警察に追い詰められ、丸菱百貨店の屋上にのぼって奪った金をばらまいた後、自分で心臓を撃って死亡。実は音大を卒業している。
死後も意識は脳の中に残っており、亡霊のように純一の脳を支配していく。
京極 亮子(きょうごく りょうこ)
瞬介の双子の妹。駅前などで似顔絵描きをしている。女性にしては声がハスキー。敬語が苦手。
番場 哲夫(ばんば てつお)
「バンバ不動産」の社長。50歳前後。瞬介の母と関係があったが、瞬介のことは認知しておらず、瞬介の母と籍も入れていなかった。銀髪で体格が良い。
嵯峨 典子(さが のりこ)
不動産屋で純一がかばった少女。舶来の人形のような大きい目をしている。まだ小学校にも上がっていないが、ピアノを一生懸命練習している。
嵯峨 道彦(さが みちひこ)
典子の父親。法律事務所を経営している弁護士。40歳前後。上品だが精悍な顔つきで、がっしりした身体をしている。娘をかばってくれた純一に恩を感じ、純一の入院費を肩代わりしたり、何かと力になろうとする。
倉田 謙三(くらた けんぞう)
捜査一課の刑事。30代半ば。プロ野球選手のようにがっしりした身体つきをしている。顔は浅黒く、粗削りな感じ。

書籍情報[編集]

映画[編集]

変身
監督 佐野智樹
脚本 よしだあつこ
原作 東野圭吾
製作総指揮 古屋文明
宮下昌幸
三宅澄ニ
出演者 玉木宏
蒼井優
音楽 崎谷健次郎
主題歌 拝郷メイコ『蒼い花』
撮影 浜田毅
編集 大永昌弘
配給 日本出版販売
公開 日本の旗 2005年11月19日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

佐野智樹の監督デビュー作品である。エピソードの一部がなくなっており、ストーリーも原作とは少し変えられている。

あらすじ(映画)[編集]

或る大学病院の研究室の中で眼を醒ました成瀬純一は、脳医学の権威であるという、医師の堂元博士から、世界初の脳移植手術に成功したと聞かされる。手術は成功したように思われたが、だんだんと違和感を覚えはじめる。病院を退院した後も、違和感は少しずつ大きくなってゆく。食べ物の好みや、画風、性格そのものが、次第に変貌して行く…。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

テレビドラマ[編集]

東野圭吾「変身」』(ひがしのけいご へんしん)のタイトルで、2014年7月27日から8月24日までWOWOW連続ドラマW」枠でテレビドラマ化された[3]。全5話。

監督の永田琴が東野圭吾の作品を手掛けるのは『分身』に続いて2作目。そして神木隆之介と仕事をするのは2007年の映画『Little DJ〜小さな恋の物語』以来だったが、その成長ぶりに安心したという。「医療サスペンスとしてだけではなく純一と恵の恋愛ドラマとして描きたい」という思いもあったため、初共演となる神木と二階堂の芝居の違いや相性も心配したが、2人は小説や脚本を読むだけではわからないお互いの役の変化を感じ合いながら撮影を進め、「人間関係を繊細に描くことができた。」「サスペンスの中の2人の純愛を見てほしい。」と満足いく出来栄えになったと語っている[4]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

主要人物[編集]

東和大学附属病院[編集]

葉村家[編集]

その他[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

  • 監督 - 永田琴
  • 原作 - 東野圭吾(『変身』講談社文庫刊)
  • 脚本 - 吉田紀子田辺満
  • 音楽 - 窪田ミナ
  • プロデューサー - 井上衛渡邉浩仁
  • 撮影 - 福本淳
  • 照明 - 市川徳充
  • 録音 - 渡辺真司
  • 美術 - 丸尾知行
  • 装飾 - 吉村昌悟
  • 記録 - 増田千尋
  • 助監督 - 岸塚祐季
  • スケジューラー - 井原眞治
  • 編集 - 山中貴夫
  • VFX - 菊間潤子
  • スタイリスト - 棚橋公子
  • ヘアメイク - 富内三千代、梅原さとこ
  • 制作担当 - 島川統ノ介
  • ラインプロデューサー - 志田篤彦
  • 監督助手 - 芳賀有悟、中川充、上田迅
  • 撮影助手 - 大内泰、佐藤光
  • 照明助手 - 内田浩策、上村ちひろ
  • 録音助手 - 猪股正章、佐藤祐美
  • 録音応援 - 島津未来介、川俣武史
  • 美術助手 - 沖原正純、小林亜妃
  • 美術(絵画) - 原島礼和
  • 小道具 - 柳澤玲
  • スタイリスト助手 - 中田麻未、上田紗栄
  • 特殊メイク - 江川悦子、山岸福明
  • スチール - 奥川彰
  • 編集助手 - 村越徹
  • ライン編集 - 野間実
  • カラリスト - 福本淳
  • CG - 田中貴志、松本絵里子
  • MA - 越智美香
  • 選曲 - 原田慎也
  • 音響効果 - 茂野敦史
  • 演出協力 - 相沢淳
  • アクションコーディネーター - カラサワイサオ
  • 医療監修 - 内田耕一、内ヶ崎酉作
  • 医事指導 - 堀エリカ
  • 理学療法士 - 佐野勇介
  • 英会話指導 - 前川茂輝
  • 絵指導 - 五十嵐ありさ
  • 法律指導 - 本山信二郎
  • 方言指導 - 小暮智美、逢笠恵祐
  • メイキング - 水上大祐、端哲良
  • 車輌 - 渡辺貴生、今井泰生、宮路雅人、坂場毅、桑原英次
  • 制作主任 - 小野山哲史、飯盛雅仁
  • 制作進行 - 永井忍、矢作彩夏
  • 制作応援 - 角屋拓海
  • アシスタントプロデューサー - 牛田直美、成田有一
  • プロデュース補 - 小林泰子
  • 主題歌 - 高橋優「おやすみ」[6]
WOWOW 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
MOZU
Season2〜幻の翼〜
(2014.6.22 - 2014.7.20)
東野圭吾「変身」
(2014.7.27 - 2014.8.24)
罪人の嘘
(2014.8.31 - 2014.9.28)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]