配達されたい私たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
配達されたい私たち
著者 一色伸幸
発行日 2008年10月30日
発行元 小学館
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 226
公式サイト 配達されたい私たち 角川文庫
コード ISBN 978-4-09-386231-8
ISBN 978-4-04-100788-4文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

配達されたい私たち』(はいたつされたいわたしたち)は一色伸幸による日本小説である。2008年10月30日[1]小学館から刊行され、2013年3月23日に角川文庫版が発売され、2013年5月に一色自身の脚本によりWOWOW連続ドラマWテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

配達されたい私たち
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2013年5月12日 - 6月9日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
監督 古厩智之
小林聖太郎
原作 一色伸幸
脚本 一色伸幸
出演者 塚本高史
栗山千明
長谷川京子
外部リンク 配達されたい私たち WOWOWオンライン
テンプレートを表示

原作者一色伸幸の脚本で、2013年5月12日から6月9日までWOWOW連続ドラマWで全5話が放送されている。出会いと別れ、再生をテーマに涙とユーモアにあふれる異色のヒューマンコメディ[2]である。

ストーリー[編集]

32歳の澤野始はうつ病を患い働く気力も無く、家族との関係もうまく行かないが、ある日自殺しようと訪れた映画館の廃屋で、7年前に捨てられと思われる7通の手紙を拾う。これをすべて配り終えたら本当に死のうと考えて配達を始め、行く先々で泣き笑いする様々な人間ドラマを描いている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ストーリー[編集]

第1話 - 澤野始は家族を見た
  • 理容店を営む岡江有へ届けた手紙は、有の母親と駆け落ちをした鶴我耕作からの手紙だった。
第2話 - 澤野始は夢を見た
  • 元有名マラソンランナーの国城幸喜は、自分を撮り続けていたカメラマンの長谷部功からの手紙を読み気力を取り戻していく。
第3話 - 澤野始は友を見た
  • 加納笑子と橋下理津は共に沖縄でダイビングを楽しみ親友になるも7年前に音信が途絶えていたが、笑子は届いた手紙で理律が深刻な病気と知る。
第4話 - 澤野始は父を見た
  • 元教師の猪狩春晃へ届けた手紙は、自分が盗みを犯しながら同級生の中谷晋に罪を被せてしまった飯干光太郎の告白が綴られていた。
第5話 - 澤野始は言葉を見た
  • 平凡な主婦の所はるかへ届けた手紙は、以前にその生い立ちを知って恋をした死刑囚の磯辺からであった。

関連商品[編集]

シナリオ本
『月刊ドラマ』2013年6月号(映人社) - 一色伸幸インタビューと第1話の脚本を収録。
WOWOW 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
配達されたい私たち
(2013.5.12 - 2013.6.9)
震える牛
(2013.6.16 - 2013.7.14)

出典[編集]

  1. ^ ASIN 4093862311, 配達されたい私たち
  2. ^ “WOWOWの連続ドラマW「配達されたい私たち」5月12日放送決定” (プレスリリース), WOWOW, (2013年3月4日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001579.000001355.html 2013年5月12日閲覧。 

外部リンク[編集]