石の繭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石の繭
著者 麻見和史
発行日 2011年5月10日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説[1]
社会派ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ノベルス
ページ数 288
次作 蟻の階段
公式サイト kodansha-novels.jp
コード ISBN 978-4-06-182777-6
ISBN 978-4-06-277550-2文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

石の繭』(いしのまゆ)は、麻見和史による日本推理小説

如月塔子と彼女が所属する警視庁捜査一課十一係の刑事たちを主人公とした推理小説。シリーズ化されており、『石の繭』はその警視庁捜査一課十一係シリーズの第1作目である。

『石の繭』は、2011年5月に講談社から新書版で単行本として出版された。2013年5月には同じく講談社から文庫判が出版され、文庫判出版にあたって『石の繭 警視庁殺人分析班』と改題された。

如月塔子は警視庁捜査一課の新人刑事。ある日、新橋の廃ビルの地下室で猟奇殺人事件が発生した。その捜査を巡る知能犯と警察の攻防を描く本格派ミステリ。

WOWOW連続ドラマW」枠でテレビドラマ化され、2015年8月より放映された。

あらすじ[編集]

如月塔子は警視庁本部に勤務する新米女刑事。刑事であった亡き父の遺志を汲み警察に就職、念願がかなって捜査一課に配属された。

ある日、新橋でモルタルで固められた遺体が発見された。その翌朝、捜査本部に犯人から直接電話がかかってきた。「トレミー」と名乗る犯人は、警察を愚弄・挑発する。トレミーはその後もたびたび捜査本部に電話をかけてきて、殺人に関する情報を提示しながら捜査本部に揺さぶりをかけ続ける。

主要登場人物[編集]

如月塔子
捜査一課巡査部長。童顔低身長の新米女刑事。刑事だった亡き父を持つ。
鷹野秀昭
捜査一課警部補。塔子の指導係。100円ショップでのアイデア商品収集を趣味とする。
トレミー
正体不明の殺人犯。たびたび捜査本部に直接電話をかけてきて、警察の捜査に揺さぶりをかける。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

石の繭 殺人分析班
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2015年8月16日 - 2015年9月13日(全5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
監督 内片輝
原作 麻見和史
『石の繭 警視庁殺人分析班』
脚本 渡辺謙作
プロデューサー 松永綾北川雅一
出演者 木村文乃
青木崇高
渡辺いっけい
平岳大
北見敏之
小柳友
古川雄輝
神野三鈴
段田安則
仲村トオル
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

石の繭 殺人分析班』(いしのまゆ さつじんぶんせきはん)のタイトルで、2015年8月16日から2015年9月13日まで、WOWOW連続ドラマW」枠で放送された。

主演は木村文乃。共演は青木崇高、渡辺いっけい他。監督は数多くの刑事ドラマ演出経験のある内片輝、脚本は『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作[2]

木村文乃が刑事を演じるのは本作が初めて。主人公である塔子の原作での小柄で華奢なイメージに近づけるため、あえて普段より1サイズ小さい7号サイズのスーツで撮影に臨んだ[3]

第2弾として、『水晶の鼓動 殺人分析班』が2016年11月から全5回で放送[4]

キャスト[編集]

警視庁捜査一課十一係「殺人分析班」
如月家
八木沼家
  • 八木沼孝明(雅人の父) - 水橋研二
  • 八木沼雅人(17年前の事件で誘拐された児童) - 生駒星汰
  • 八木沼和佳子(雅人の母、17年前に雅人と共に誘拐された) - 神楽坂恵
  • 土門省三(雅人の祖父、和佳子の父)- 勝部演之
  • 浜田たえこ(雅人の伯母、和佳子の姉) - 水木薫
その他

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1話 8月16日
第2話 8月23日
第3話 8月30日
第4話 9月06日
第5話 9月13日

関連商品[編集]

2016年3月18日にDVDがTCエンタテインメントから発売される[5]

WOWOW 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
死の臓器
(2015.7.12 - 2015.8.9)
石の繭
(2015.8.16 - 2015.9.13)

脚注[編集]

外部リンク[編集]