ダブル・ファンタジー (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダブル・ファンタジー』は村山由佳による恋愛小説週刊文春連載中から話題を呼び、2009年に文藝春秋より刊行、2011年に文春文庫より文庫化された。 第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞と、文学賞をトリプル受賞。

2018年6月、WOWOWにて連続ドラマ化。

のちに続編の『ミルク・アンド・ハニー』が『週刊文春』で連載され、2018年5月に文藝春秋より刊行[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

高遠奈津
脚本家。尊敬する男に誘われ、家を飛び出す。
志澤一狼太
奈津が尊敬するベテラン演出家。
岩井良介
大学時代のサークルの先輩。
高遠省吾
奈津の夫。家事一般を引き受けている。
大林一也
役者。将来、脚本家になりたいと思っている。
松本祥雲
テレビ等でも活躍する僧侶。
出張ホスト
29歳。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

2018年6月16日から7月14日までWOWOWの連続ドラマW「土曜オリジナルドラマ」にて放送。全5話。主演は水川あさみ[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ミルク・アンド・ハニー』村山由佳 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS(文藝春秋)2018年5月10日閲覧
  2. ^ 水川あさみ、“女性の性欲”赤裸々に『ダブル・ファンタジー』ドラマ化”. ORICON NEWS. オリコン (2018年2月23日). 2018年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]