血の轍 (相場英雄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
血の轍
著者 相場英雄
発行日 2013年1月25日
発行元 幻冬舎
ジャンル 推理小説[1]社会派ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判ハードカバー上製本
ページ数 404
公式サイト 血の轍|推理小説|文学・小説|書籍|幻冬舎
コード ISBN 9784344023208
ISBN 9784344421141文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

血の轍』(ちのわだち)は、相場英雄による推理小説

2013年1月に幻冬舎より単行本が出版され、2013年11月に小学館より文庫判が出版された。

警察内部の公安刑事の対立を扱った社会派サスペンス。所轄時代には盟友であった公安部の志水達也と刑事部の兎沢実。都内の公園で元刑事の遺体が発見されたことを機に、2人は組織間の壮絶な覇権争いに翻弄される。事件の真相を隠蔽しようとする公安部と、真相を詳かにしたい刑事部の熾烈な攻防を描く。

小説は2013年、第26回山本周五郎賞及び第16回大藪春彦賞ノミネートされたが、いずれも受賞を逸した。

WOWOW連続ドラマW枠でテレビドラマ化され、2014年1月より放送された。ドラマは2014年8月にDVD化された[2]

あらすじ[編集]

刑事部刑事の兎沢と、公安部刑事の志水。所轄時代、兎沢にとって志水は捜査のイロハを叩きこまれた直属の先輩であり、盟友であった。しかし2人はある日を境に袂をわかち、志水は公安部へ異動となった。

都立戸山公園で元刑事の香川の遺体が発見された。捜査一課の兎沢は捜査を開始する。一方、被害者が元刑事だったことから事態を危惧した公安部も、志水に真相究明に当たらせた。

捜査で発見された香川の遺したメモリーカードには、明るみに出れば国家を揺るがすほどの重大事件になると推測される事件の報告書が入っていた。全文の解読を急ぎ捜査を進める兎沢たち刑事部と、報告書を消し去り事件を闇に葬ろうと暗躍する志水たち公安部。

刑事部と公安部の熾烈な攻防の間で暴かれていく、衝撃的な真実。

主要登場人物[編集]

兎沢実
刑事部刑事。優秀だが粗暴で強引な捜査も辞さない。新宿の公園で発見された元警部の捜査を命じられる。
志水達也
公安部刑事。刑事として謹慎処分を受けたことを機に公安総務課へ異動となった準キャリア警部。
香川剛
SIT刑事。3年半前、52歳のときに警視庁を依願退職し、大手デパートの保安課に勤務していたが、都立戸山公園で遺体となって発見される。

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

血の轍
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2014年1月19日 - 2014年2月9日(全4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
監督 小林義則
原作 相場英雄
『血の轍』
脚本 篠崎絵里子
プロデューサー 青木泰憲
出演者 谷原章介
原田泰造
TAO
高嶋政伸
宅麻伸
田中健
嶋田久作
徳山秀典
北見敏之
橋爪淳
釈由美子
映美くらら
佐戸井けん太
外部リンク 公式ホームページ
テンプレートを表示

2014年1月19日-2014年2月9日WOWOW連続ドラマW」枠で放送。

主演は谷原章介。原田泰造、高嶋政伸らが共演。2013年に『ウルヴァリン: SAMURAI』にてハリウッドデビューしたTAOが日本国内ドラマ初出演。脚本は『震える牛』と同じ篠崎絵里子が担当。監督は『アンフェア』シリーズの小林義則が務めた[3]

ドラマは2014年8月にDVD化された。

キャスト[編集]

警視庁刑事部
  • 兎沢実 (捜査一課警部補) - 谷原章介
  • 坂上陶子 (捜査一課第一特殊班警部:優れたハッキング能力を有する) - TAO
  • 海藤啓吾 (捜査一課長:兎沢の上司) - 宅麻伸
  • 久保田務 (刑事局長) - 橋爪淳
警視庁公安部
新宿牛込署
  • 江畑正行 (署員:兎沢の相棒) - 徳山秀典
  • 安部義一 (地域課巡査部長:所轄時代の兎沢志水の同僚) - 北見敏之
その他

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1話 1月19日
第2話 1月26日
第3話 2月02日
第4話 2月09日
WOWOW 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
かなたの子
(2013.12.1 - 2014.12.22)
血の轍
(2014.1.19 - 2014.2.9)
地の塩
(2014.2.16 - 2014.3.16)

脚注[編集]

外部リンク[編集]