マキタスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マキタスポーツ
本名 槙田 雄司
ニックネーム マキタ
生年月日 (1970-01-25) 1970年1月25日(46歳)
出身地 日本の旗 日本山梨県山梨市
血液型 A型
身長 168cm
方言 標準語
最終学歴 国士舘大学卒業
師匠 ビートたけし
トリオ名 カミナリボーイズ(解散)
相方 ハチミツ二郎
サンキュータツオ
芸風 物真似ギター漫談
事務所 オフィス北野
活動時期 1998年 -
同期 サンドウィッチマン (お笑いコンビ)
他の活動 ミュージシャン俳優作家ラジオパーソナリティー
配偶者  あり
公式サイト オフィス北野 マキタスポーツ

マキタスポーツ1970年1月25日 - )は、日本お笑い芸人ミュージシャン俳優。本名は槙田 雄司(まきた ゆうじ)。オフィス北野所属。芸名は実家の屋号からとっている。

身長168cm。血液型はA型。既婚で子持ち。

来歴[編集]

芸名となったマキタスポーツ用品店(2011年10月撮影)

山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校国士舘大学卒業。

大学卒業後、地元である山梨に戻りモスバーガーの副店長として勤務するも半年で退社。フリーター生活を経て、28歳のときに芸人デビュー。浅草キッドが主催していたライブ「浅草お兄さん会」でデビューし、第5代チャンピオンとなる。ハチミツ二郎(現:東京ダイナマイト)とインディーズ事務所・トンパチ・プロを立ち上げるも、2年ほどで解散。フリーを経て、浅草キッドの紹介でオフィス北野所属。ハチミツ二郎、サンキュータツオ(現:米粒写経)とのトリオ「カミナリボーイズ」として活動していた。その後、ピン芸人として活動。

R-1ぐらんぷり2011で準決勝進出。

2012年1月20日には、TBSテレビ中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演し、音楽研究家として過去30年間のヒット曲から「ヒット曲の法則」を分析し、その法則に則り制作した、「十年目のプロポーズ」を発売[1]

2015年、出演する映画『みんな!エスパーだよ!』で役名のテルさん(永野輝光)として挿入曲を担当し、フルバージョンのMVの監督を務める[2]

最近は俳優として映画・ドラマ出演も行っており、映画『苦役列車』でブルーリボン賞新人賞・東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞した。

芸風・人物[編集]

クオリティーの高いパロディソング、ミュージシャンの思考形態の模写を得意とする。そこから転じて長渕剛の「乾杯」とサザンオールスターズの「いとしのエリー」をマッシュアップした「いとしのエリーに乾杯」という両者の不仲説を用いたブラックなネタを披露している[3]。かつて『長渕剛のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を聴いていたということもあり「長渕剛さんが自分の原点」とも語っている[4]。その「作詞作曲モノマネ」を始めた切っ掛けも、長渕が『オールナイトニッポン』で、ボブ・ディラン吉田拓郎のギターの弾き方の癖を分析し、彼らのマネをしてギターを弾いたのを聴いたのが始まり[5][6]。なお、桑田佳祐についても音楽性を評価する発言を著書でしている[7]。自称「ネタのできるミュージシャン」としてロックバンド「マキタ学級」としても活動。2006年、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』に出演、出演したステージは違ったが、同じ日に出演する矢沢永吉のモノマネを披露し、会場を笑いに包む。「上手すぎてブレイクできない芸人」と高田文夫に評価されている。2007年10月5日、6日と2日間に渡り、自ら「お笑いとロックの究極のフェス」と掲げる「マキタ学級大文化祭」を開催した。2009年当時は『イイYAZAWA』の名前で、矢沢永吉のモノマネで出演もしていた[8]

数多くの旬な有名人を取り上げてきた『SPA!』の「エッジな人々」登場(2005年6月)など、早くからその才能に白羽の矢が立ち、また文才も兼ね備えている。浅草キッド水道橋博士からも非常に高く評価され、売れる5年近くまで、毎年『今年来る芸人』にマキタスポーツを挙げていた。博士はマキタスポーツを、「自分がブログを始めたのはマキタの面白さを世に知らしめるためと言ってもいい[9]」「才能が渋滞している[10]」「オフィス北野の最終兵器[11]」と絶賛している。

特技は剣道で、高校時代に山梨県大会準優勝の実力を持ち、高校総体にも出場した。

父親がハゲであり、カツラを着用していた。最初の頃はカツラとわからないような立派なカツラだったが、次第にやる気を無くしたらしく、母親が購入した婦人用カツラを自らカットしたものを着用し始めた。父親曰く「カツラをつけるより、外す方が勇気がいる」という事で、番組で「カツラ卒業式」を企画。カツラに風船をつけて飛ばしてカツラを卒業するというものだったが、風船の数が足りず、カツラは飛ばなかった。『オモクリ監督』にてオモブイとしてリベンジを果たした。オモブイの内容で「逆上がりをしてカツラが外れ、慌てて母親が買い物袋で頭を隠す」「犬にカツラを咥えられて追いかける」という回想シーンがあるが、マキタ曰く実話だという。

どん兵衛』(日清食品)のうどんの大ファンで、通常は「5分」が推奨されているお湯入れの時間について「10分どん兵衛」を推奨している。元々「インスタント麺に対しては、かた茹でするより、ちょっと伸びてるぐらいが好き」とのことで、通常の倍の時間にすることで「麺がツヤツヤ・ツルツルになる」のだという[12]。2015年11月に自身のポッドキャストでこれを話題にしたところネット上で話題となり、ついには日清食品がこの件についてジョークの謝罪文をWebに掲載、マキタと開発担当者が対談するまでに発展した。対談はとても前向きなものであり、マキタ自身も5分で完成すること自体に反対していないこともあり、むしろ個人的嗜好に対して日清の寛大な対応に感動したという[13][14]。この影響から、マキタの出演しているラジオ番組に、日清食品がスポンサーにつくことになった。

マキタ学級[編集]

マキタスポーツ率いるロックバンド。 2001年11月にマキタスポーツのバックバンドとして構成され、2006年3月より現在の3人編成で精力的にライブ活動を行う。2006年10月に東京都新宿区の老舗ライヴハウス「LOFT」のレーベルより1stアルバム『マキタスポーツの金もうけ』をリリース。自ら主催する“洒落の分かるアーティスト”と“ロックを感じる芸人”を集めたバカバカしくて切ない感動的ロックイベント「RockerRoom!!」は豪華な出演陣もさることながら音楽と笑いの新しい空間を見事に演出して好評を得ている。

【構成メンバー】

※詳細は、プロフィールを参照。

主なものまねレパートリー[編集]

出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

現在の出演番組
過去のレギュラー番組
その他の出演番組

テレビドラマ[編集]

「黒い主演女優」、「黒い花柄バッグの女」

テレビアニメ[編集]

ラジオ番組[編集]

現在のレギュラー
過去のレギュラー
単発出演

ネット配信[編集]

ニコニコ公式生放送[編集]

映画[編集]

ショートフィルム[編集]

MV[編集]

舞台[編集]

  • 浅草お兄さん会(オフィス北野)
  • 東京腸捻転(テレビ朝日)

CM[編集]

発表作品[編集]

著書[編集]

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
マキタスポーツ&マキタ学級「WHO IS MAKITA?」
2006年10月7日 マキタ学級「マキタスポーツの金もうけ」 LOCD-002 LOFT CINEMA
2008年7月23日 マキタ学級「計算とソウル」 COCP-60014 ベルフタバミュージック
2010年4月23日 マキタスポーツ「オトネタ」 MOU-4 妄想最前線
2010年8月27日 マキタ学級「電動式マキタ」 FTBM-1104 FUTABA MUSIC
2011年9月14日 マキタ学級「十年目のプロポーズ FTBM-1105 FUTABA MUSIC
2013年8月21日 マキタスポーツ「推定無罪」 VICL-64053 SPEEDSTAR
オリコン最高103位、登場回数3回
2016年01月20日 マキタスポーツpresents Fly or Die「矛と盾」 COJA-9302:LP
COCP-39407:CD
日本コロムビア
オリコン最高258位

ビデオ[編集]

  • 「完売地下劇場」vol.1 - vol.4(テレビ朝日・デジキューブ)

DVD[編集]

  • マキタ学級withグレート義太夫ライヴ(DVD-R)
  • マキタスポーツの上京物語(2009年6月発売)
  • マキタ学級の愛人巡回ツアー2009(DVD-R)

MV[編集]

  • 「LOVE ME TENGA」(2015年) ※ テルさん(永野輝光)名義、監督はマキタスポーツ名義[2]

ライブ[編集]

ゲーム[編集]

(全てマキタ学級名義)

  • pop'n music15 ADVENTURE(楽曲提供。ケンドーロック「ギターケンドー」)
  • 太鼓の達人ぽ〜たぶるDX(楽曲提供。「犬吠える」)

受賞[編集]

  • 第10回(2009年度)東京スポーツ・ビートたけしのエンターテインメント賞 期待賞
  • 第55回(2012年度)ブルーリボン賞 新人賞『苦役列車』
  • 第22回(2012年度)東京スポーツ映画大賞 新人賞『苦役列車』

脚注[編集]

  1. ^ マキタスポーツの曲が急上昇、「金スマ」のヒット曲の法則分析を証明?excite.ニュース 2012年1月23日閲覧
  2. ^ a b 「エスパーだよ!」テルさんが挿入歌でTENGA愛歌う、MV監督はマキタスポーツ”. 映画ナタリー (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。
  3. ^ 2013年2月1日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』で披露した。
  4. ^ ラジオライフ三才ブックス)2013年11月号「マキタスポーツ DJ interview」より。
  5. ^ J-POPヒット曲 桜、翼、扉などここ20年似たフレーズが多い
  6. ^ #127【マキタスポーツさんとオールナイト☆】
  7. ^ マキタスポーツ 「すべてのJ-POPはパクリである〜現代ポップス論考」(扶桑社)p150 - 153
  8. ^ TVガイド』2009年9月4日号でも掲載。
  9. ^ 2013年2月23日”. ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!番組公式サイト (2013年2月23日). 2014年6月25日閲覧。
  10. ^ オトコの本棚 第14回:マキタスポーツさん”. WEB本の雑誌 (2010年6月4日). 2014年6月25日閲覧。
  11. ^ マキタスポーツ、本気の音楽界進出!「いとしのエリーに乾杯」など熱唱”. 夕刊フジZAKZAK (2013年8月23日). 2014年6月25日閲覧。
  12. ^ 話題の“10分どん兵衛” - マキタスポーツ公式ブログ・2015年11月16日
  13. ^ 日清はなぜ10分どん兵衛を作らなかったのか
  14. ^ マキタスポーツ 話題の「10分どん兵衛」で日清食品の対応絶賛 - スポーツニッポン・2015年12月20日
  15. ^ “レキシ×マキタ×やついの「音楽ガハハ」レギュラー化!笑い声響いた初回収録”. 音楽ナタリー. (2016年4月25日). http://natalie.mu/music/news/184931 2016年4月25日閲覧。 
  16. ^ “忍者VS侍、マキタスポーツや立川談春が大野智主演「忍びの国」で合戦”. お笑いナタリー. (2016年8月22日). http://natalie.mu/owarai/news/198958 2016年8月22日閲覧。 
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]