そして、生きる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そして、生きる
ジャンル 連続ドラマ
脚本 岡田惠和
監督 月川翔
出演者 有村架純
坂口健太郎
知英
岡山天音
萩原聖人
光石研
南果歩
音楽 村松崇継
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 全6話(予定)
製作
プロデューサー 岡野真起子
渡辺良介
撮影地 岩手県盛岡市
宮城県気仙沼市
東京都
フィリピン
撮影監督 山田康介J.S.C.
制作 (制作協力)大映テレビ
製作 WOWOW
放送
放送チャンネル WOWOWプライム
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年8月4日 -
放送時間 日曜 22:00 - 23:00
放送枠 連続ドラマW
放送分 60分
回数 全6回(予定)

特記事項:
初回はノンスクランブル放送。
テンプレートを表示

そして、生きる』(そして、いきる)は、WOWOWの「ドラマW」枠で、脚本家である岡田惠和のオリジナル作品として2019年8月4日から放送されているテレビドラマ[1]有村架純坂口健太郎のダブル主演[1]東日本大震災が発生した東北地方と東京都において、激動の時代を生きた2人の男女が自分自身の人生と巡り合った人々の人生を重ね合わせて、自らの人生を切り開いていこうとするさまを描くヒューマンラブストーリー[1]。撮影は2019年3月下旬から6月上旬にかけて、岩手県盛岡市宮城県気仙沼市東京都およびフィリピンで行われた[2]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

生田瞳子
演 - 有村架純
3歳時に両親を失くした女性。岩手県盛岡市で理髪店を営む伯父に引き取られる。
清水清隆
演 - 坂口健太郎
城東大学の学生。東日本大震災の被災地のひとつである宮城県気仙沼市において学生ボランティアとして活動している。
ハン・ユリ
演 - 知英[3]
瞳子の友人で、同じ喫茶店で働いている韓国人女性。東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市でのボランティアに瞳子を誘う。
久保真二
演 - 岡山天音[4]
瞳子が通っていた高校の後輩。密かに瞳子に想いを寄せている。
坂本昌幸
演 - 萩原聖人[4]
宮城県気仙沼市で理髪店を営んでいる男性。
生田和孝
演 - 光石研[4]
瞳子の育ての親。両親を失くした当時3歳だった瞳子を引き取り、一緒に暮らしている。
清水美恵子
演 - 南果歩[4]
清隆の母親。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 岡田惠和
  • 監督 - 月川翔
  • 音楽 - 村松崇継
  • プロデューサー - 岡野真起子、渡辺良介
  • 撮影 - 山田康介J.S.C.
  • 録音 - 柳屋文彦
  • 編集 - 穂垣順之助(J.S.E.)、岡﨑正弥(J.S.E.)
  • 照明 - 西村昌幸
  • 美術 - 五辻圭
  • 装飾 - 鈴木伸弥
  • スクリプター - 中村亜由美
  • 助監督 - 牧野将
  • ヘアメイクデザイン - 倉田明美
  • スタイリスト - 新崎みのり
  • 制作担当 - 碓井祐介
  • 持道具・小道具 - 丸山瞳
  • 選曲効果 - 大河原将
  • 制作協力 - 大映テレビ
  • 製作著作 - WOWOW

放送日程[編集]

各話 放送日
第1話 8月04日
WOWOW 連続ドラマW 日曜オリジナルドラマ
前番組 番組名 次番組
神の手
(2019年6月23日 - 7月21日)
そして、生きる
(2019年8月4日 - 9月8日【予定】)
悪の波動 殺人分析班スピンオフ
(2019年10月6日 - 11月3日【予定】)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]