南果歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなみ かほ
南 果歩
生年月日 (1964-01-20) 1964年1月20日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県尼崎市[1]
身長 162 cm[2]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1984年 -
配偶者 辻仁成1995年 - 2000年
渡辺謙2005年 - 2018年
事務所 Shanties
公式サイト 南果歩オフィシャルウェブサイト〜HOKAHOKA MOON〜
主な作品
映画
伽耶子のために
TOMORROW 明日
夢見通りの人々

お父さんのバックドロップ
家族X』『MASTERLESS
オー・ルーシー!
テレビドラマ
『五度半さん』
梅ちゃん先生
スペシャリスト』シリーズ
ようこそ、わが家へ
麒麟がくる
おカネの切れ目が恋のはじまり
テンプレートを表示

南 果歩(みなみ かほ、1964年1月20日 - )は、日本女優

兵庫県[3]尼崎市出身[1][4]桐朋学園大学短期大学部卒業。Shanties所属(ホリ・エージェンシー業務提携)。

来歴[編集]

尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部を卒業[5]

短大在学中の1984年に映画『伽倻子のために』のヒロイン役オーディションに応募、2200人の中から選ばれ、主役で映画デビュー[5]。 桐朋学園短期大学は在学中の芸能活動を禁止していたが、規約改正第1号となり、映画出演を果たす。

短大卒業後1985年にはテレビ小説[注釈 1]TBS系列の昼ドラ)『五度半さん』のヒロイン役でテレビドラマに進出する[2]。さらに1986年9月には坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役をオーデションでつかみ、初舞台を踏む。 以後、映画、テレビ、舞台と女優業を中心に活躍する。特に1989年には『夢見通りの人々』等の映画での助演に対して助演女優賞が贈られている。

私生活では、1995年、ミュージシャン・作家の辻仁成と結婚。1男をもうけたが、2000年3月に離婚[3]2003年1月にテレビ東京2時間ドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙2005年12月3日に2度目の結婚[6]をしたものの2018年5月17日に離婚[7]

所属事務所の変遷は現代制作舎、ユマニテなどを経て、2009年4月よりエス・エス・エム(2011年4月より同社の吸収合併に伴い、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属後、2012年12月よりホリ・エージェンシーに移籍。 2020年2月よりホリ・エージェンシーとは業務提携を結び、個人事務所のShantiesでの活動を開始。

2015年11月より出身地である兵庫県尼崎市の「尼崎市PR大使」を務める[1][4]。海外作品にも進出[8]

2015年にはCraig Shimahara監督のアメリカ映画『MASTERLESS』でアメリカ映画に初出演し、 デンマーク人監督ダニエルデンシックの映画『MISS OSAKA』、 フィリピン人間監督ブリランテ・メンドーサの映画『GENSEN PUNCH』の公開が予定されている。 2021年アメリカのApple TV+ドラマ『PACHINKO』にオーデションでメインキャストに選ばれ、配信が待たれる。

人物[編集]

2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で自身が在日3世であることを告白した[9]。エッセイにもそのことを記載している。 また2007年4月24日付の『中央日報』日本語版サイトで、前夫である渡辺謙が「妻の故郷が釜山(プサン)なので、韓国と縁が深い。妻の母親が韓国人だ」 と告白している。

2012年12月24日放送のNHK総合のドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』では一族が取り上げられた。母方の祖父は韓国慶尚北道出身で両班の家系、さらにさかのぼるとの役人であったと称している(南敏英陽南氏)。祖父は韓国では漢文を教えていたが、家族を養うために武具職人として1937年に和歌山市に移住、1940年家族を呼び寄せ、京都市に転居し、終戦後、尼崎市に転居、1981年死去。祖父の意思により、祖父母共に韓国に埋葬された。

2011年東日本大震災以降、被災地に向けての絵本の読み聞かせを続けている。 2016年熊本地震以降は熊本へも絵本読み聞かせに訪れている。

2016年3月11日乳がんのステージ1の診断により手術を受けた。 乳がん検診を広めるためにピンクリボンイベント等に積極的に参加している。

瀬戸内寂聴と親交がある[10]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • 南果歩 Fの時間(1995年 - 1996年、TOKYO-FM

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

声の出演[編集]

ナレーション[編集]

ディスコグラフィー[編集]

朗読関係[編集]

歌唱関係[編集]

  • 「プレヴェールに捧ぐ」 - アルバム「ゲンスブール・トリビュート'95」収録。(1995年)
  • 「夕日にむかって」 - アルバム「それいけ!アンパンマン 人魚姫のなみだ」収録。島本須美とのデュエット。(2000年)

書籍[編集]

写真集[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ a b 旧・ポーラテレビ小説。当時はポーラがスポンサーから降板していた。
出典
  1. ^ a b c 石川翠 (2015年11月10日). “南果歩さん「恩返ししたい」 尼崎市PR大使就任”. 神戸新聞NEXT. https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201511/0008554620.shtml 2015年12月24日閲覧。 
  2. ^ a b 南 果歩”. ホリ・エージェンシー. 2012年12月1日閲覧。
  3. ^ a b 南果歩のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. ORICON STYLE. 2014年12月13日閲覧。
  4. ^ a b 南果歩さんが市制100周年PR大使に就任 - 尼崎市 2016年2月20日閲覧
  5. ^ a b 『笑う蛙』公式サイト/プロダクション/出演者/南果歩”. オフィス・シロウズ. 2012年12月1日閲覧。
  6. ^ “渡辺謙、南果歩と電撃結婚…3日入籍”. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2005年12月7日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_12/g2005120710.html 2012年12月1日閲覧。 
  7. ^ “渡辺謙 離婚成立を発表 南果歩もツイッターで報告…昨年3月、渡辺の不倫報道/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/17/0011265188.shtml 2018年5月17日閲覧。 
  8. ^ 市制100周年PR大使 - 尼崎市公式ホームページ
  9. ^ しんぶん赤旗』日曜版 2018年12月9日号36p.
  10. ^ [1],goo
  11. ^ 三浦友和、赤堀雅秋監督作「葛城事件」に主演 南果歩&新井浩文&若葉竜也と共演”. 映画.com (2015年10月12日). 2015年10月13日閲覧。
  12. ^ “三浦しをん氏の小説『光』実写映画化 井浦新、瑛太ら出演”. ORICON STYLE. (2016年10月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2080363/full/ 2016年10月24日閲覧。 
  13. ^ 《2020年大河ドラマ》“戦国武将&戦国の華” 出演者発表”. 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる. NHK (2019年6月17日). 2019年6月17日閲覧。
  14. ^ 番組エピソード 家族の繋がりを育もう!【家族の日特集】-NHKアーカイブス
  15. ^ “松岡茉優と三浦春馬のドラマ「カネ恋」新キャスト11名、主題歌はミスチル”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年8月18日). https://natalie.mu/eiga/news/392427 2020年8月18日閲覧。 
  16. ^ “渡辺謙&南果歩夫妻、朗読劇で立て替えパルコ劇場の大トリ飾る”. スポーツ報知. (2016年6月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50233.html 2016年6月30日閲覧。 

外部リンク[編集]