分身 (東野圭吾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

分身』(ぶんしん)は、東野圭吾推理小説1993年9月に集英社より刊行され、1996年9月に集英社文庫より文庫本が出版された。

2012年WOWOW連続ドラマテレビドラマ化され放送された。

あらすじ[編集]

札幌に住む18歳の女子大生 氏家鞠子は、中学生の時両親を離れて函館で下宿しながら学校に通っていた。母親はとても優しかったが、自分とは目を合わせて話してくれないことから、自分は嫌われてるのではないかと思っていた。そして中学生の時その母が、火事で不審死した過去を持っていた。父親は母の死について全てを知っているようだった。

数年後、火事で亡くなった母の遺品をみつけた鞠子は、自分の出生の秘密を探り、自分とまったく同じ顔をした『双葉』という女性の存在を知る。鞠子は、その謎を解き明かすことを決意し、真相に近づいていく。

東京の20歳の女子大生 小林双葉も、自分の存在に疑問を持ち始めていた。双葉はアマチュアバンドのボーカルをしていたが、なぜか母親からテレビ出演を強く反対されたのだ。そして、鞠子と双葉の二人が出会った時、生命工学における「禁断の領域」が姿を現し始める。

書籍情報[編集]

登場人物[編集]

氏家鞠子側
氏家鞠子
札幌に住む女子大生。自らの出生についてずっと疑問を感じていた。
氏家清
氏家鞠子の父親。函館理科大学教授。
氏家静恵
氏家鞠子の母親。
下條さん
帝都大学医学部女学生。
小林双葉側
小林双葉
東京でバンド活動に燃える女子大生。母に女手ひとつで育てられてきた。
小林志保
小林双葉の母親。看護婦。
脇坂講介
聡明社雑誌記者。
望月ユタカ
バンド仲間。
カンタ
バンド仲間。
トモヒロ
バンド仲間。
その他
藤村
北斗医科大学教授。
久能俊晴
北斗医科大学教授。
尾崎
藤村教授の助手。
大道庸平
伊原駿策の第一秘書。
伊原駿策
大物政治家。
高城晶子(旧姓阿部)
聡明社社長。

テレビドラマ[編集]

2012年2月12日から3月11日までWOWOW連続ドラマオリジナルドラマとして長澤まさみ主演で、全5回にわたり放送された[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル
第一話 2012年2月12日 閉ざされた記憶
第二話 2012年2月19日 母との約束
第三話 2012年2月26日 失われた写真
第四話 2012年3月04日 鞠子と双葉
最終話 2012年3月11日 母性の奇跡
WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
贖罪
(2012.1.8 - 2012.2.5)
東野圭吾 分身
(2012.2.12 - 2012.3.11)
推定有罪
(2012.3.25 - 2012.4.22)

出典[編集]

外部リンク[編集]