密告はうたう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
密告はうたう 警視庁監察ファイル
(改題前:密告はうたう)
著者 伊兼源太郎
イラスト 大前壽生(単行本)
発行日 2017年3月25日
発行元 実業之日本社
ジャンル 警察小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 320
次作 ブラックリスト 警視庁監察ファイル
公式サイト www.j-n.co.jp
コード ISBN 978-4-408-53702-3
ISBN 978-4-408-55470-9文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

密告はうたう』(みっこくはうたう)は、伊兼源太郎による書き下ろし警察小説

2017年3月17日に単行本が実業之日本社から発売された[1]。その後『密告はうたう 警視庁監察ファイル』に改題され、2019年4月5日実業之日本社文庫版が発売された[2]。「警視庁監察ファイル」シリーズの第1作。

2021年WOWOWでテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

「警察の中の警察」と称される警視庁警務部人事一課監察係は4万人を超える警察職員の不正を暴くための部署であり、警察内部の規律を守るために同じ警察官を疑い、見張りや尾行などを行う。監察の結果によっては警察官を依願退職に追い込むこともあり、同僚からは煙たがられる存在である。

人事一課監察係に佐良が配属されて1年が経った12月のある日、人事一課に「府中運転免許試験場の皆口菜子が免許証データを売っている」というタレコミが届く。監察官の能馬は佐良に、佐良より役職・階級が上である係長の須賀と組んで、皆口を行確(行動確認)することを命じる。皆口は佐良の池袋西署時代の同僚だったが、去年の夏の出来事がきっかけで佐良は皆口を信用できなくなっていた。

2年前、武蔵野市の町工場で殺人事件が発生する。佐良は警視庁刑事部捜査一課の兵隊頭として、佐良の後輩で皆口の婚約者でもある斎藤らと捜査を行った。捜査本部は吉祥寺署に置かれ、当時吉祥寺署刑事課にいた皆口も加わった。しかし何者かによって捜査情報が新聞社に漏らされ、更に事件発生から半年後の8月の終わり、荒川沿いの工場で斎藤が拳銃で撃たれ、帰らぬ人となる。

登場人物[編集]

佐良(さら)
警視庁警務部人事一課監察係主任。刑事部捜査一課強行班第四係に所属していたが、後輩・斎藤の殉職後に人事一課に異動となる。池袋西署にいた頃に担当した目黒駅暴行殺人事件は現在も未解決で、今でも半年に一度は池袋西署を訪れている。
須賀(すが)
警視庁警務部人事一課監察係長として、複数の班をまとめる。公安部出身で、首にした警官の数はトップクラスと言われている。「長袖の須賀」と呼ばれている。
能馬(のうま)
警視庁警務部人事一課監察係監察官。公安部出身。「能面の能馬」という異名を持つ。
皆口菜子(みなぐち さいこ)
警視庁交通部・府中運転免許試験場の職員。池袋西署時代の佐良の同僚。タレコミにより免許証データを横流ししていることが疑われ、監察係の行確(行動確認)の対象となる。
斎藤(さいとう)
元警視庁刑事部捜査一課員。捜査一課時代の佐良の後輩だったが、武蔵野市で起きた殺人事件の捜査中に、拳銃で撃たれ殉職する。皆口の婚約者。
宇田(うだ)
高井戸署刑事課主任。元池袋西署員。「武者」と呼ばれている。
梶原(かじわら)
高井戸署の署長。元池袋西署の署長。
堤(つつみ)
成城署の署長。元人事一課の監察官。
石黒(いしぐろ)
元高井戸署組織犯罪対策課員。
新穂(にいほ)
警視庁刑事部捜査一課の未解決事件を扱う係に所属。現在は目黒駅暴行殺人事件の専従捜査班長として、池袋西署に常駐する。
北澤(きたざわ)
警視庁刑事部鑑識課員。元捜査一課員。佐良と同期。
佐々木茂(ささき しげる)[3]
フリーライターを名乗る男。
虎島正太(とらしま しょうた)[4]
弁護士。佐良とは小学校からのつきあい。
六角(ろっかく)
警視庁警務部長。
中西(なかにし)
警視庁警務部人事一課監察係で、佐良が所属する班の班長を務める。
猿飛才蔵(さるとび さいぞう)
情報屋。
川南(かわなみ)
警視庁刑事部捜査一課課長。
高崎(たかさき)
警視庁刑事部捜査一課管理官。
夏木(なつき)
早稲田署生活安全課員。元池袋西署員。皆口の姉貴分。

書誌情報[編集]

オーディオブック[編集]

kikubon版[編集]

2021年8月3日に、アールアールジェイが運営するkikubonで配信開始[5]。朗読は下山吉光

Audible版[編集]

2021年12月24日に、Audibleで配信開始[6]。朗読は川上晃二

テレビドラマ[編集]

連続ドラマW
密告はうたう 警視庁監察ファイル
ジャンル テレビドラマ
原作 伊兼源太郎
『密告はうたう 警視庁監察ファイル』
脚本 鈴木謙一
監督 内片輝
出演者 松岡昌宏
泉里香
池田鉄洋
三浦誠己
戸塚祥太A.B.C-Z
秋元才加
眞島秀和
甲本雅裕
鶴見辰吾
仲村トオル
音楽 大間々昂
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 井口正俊
星野秀樹
武田吉孝(企画・プロデュース)
下田淳行(企画・プロデュース)
制作 ツインズジャパン
製作 WOWOW
放送
放送チャンネルWOWOWプライム
WOWOW 4K
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年8月22日 - 9月26日
放送時間日曜 22:00 - 23:00
放送枠連続ドラマW
放送分60分
回数全6回
公式サイト

特記事項:
初回はノンスクランブル放送。
テンプレートを表示

密告はうたう 警視庁監察ファイル』(みっこくはうたう けいしちょうかんさつファイル)のタイトルで、2021年8月22日から9月26日まで毎週日曜 22時 - 23時にWOWOWプライムとWOWOW 4Kの「連続ドラマW」で放送された[7][8]。監督は内片輝、主演はWOWOWドラマ初出演の松岡昌宏[9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日
第一話 8月22日
第二話 8月29日
第三話 9月05日
第四話 9月12日
第五話 9月19日
最終話 9月26日
WOWOW 連続ドラマW 日曜オリジナルドラマ
前番組 番組名 次番組
華麗なる一族
(2021年4月18日 - 7月11日)
密告はうたう 警視庁監察ファイル
(2021年8月22日 - 9月26日)
宮部みゆき「ソロモンの偽証」
(2021年10月3日 - 11月21日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 密告はうたう|実業之日本社”. 実業之日本社. 2021年7月1日閲覧。
  2. ^ 密告はうたう 警視庁監察ファイル|実業之日本社”. 実業之日本社. 2021年7月1日閲覧。
  3. ^ 文庫本『密告はうたう 警視庁監察ファイル』35頁。
  4. ^ 文庫本『密告はうたう 警視庁監察ファイル』190頁。
  5. ^ audiobook.jp [@audiobook_jp] (2021年8月3日). "【新着】『密告はうたう 警視庁監察ファイル(著:伊兼源太郎 朗読:下山吉光)』オーディオブックを公開!かつての仲間も容赦しない。それが俺の仕事だ――伊兼源太郎先生が描く、警察内の「悪」を暴く人事一課監察の熱き闘いを下山吉光さんの朗読でお楽しみください!" (ツイート). Twitterより2021年8月9日閲覧
  6. ^ 川上晃二 [@Best_koji] (2021年12月24日). "【出演情報】Audible様より配信開始されました『密告はうたう 警視庁監察ファイル』のナレーターをつとめさせていただいております。クリスマスイヴに警官達の人間ドラマが見られます(?)お楽しみいただければ幸いです。" (ツイート). Twitterより2022年1月3日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i j "松岡昌宏主演『連続ドラマW 密告はうたう』特報映像公開 A.B.C-Z 戸塚祥太ら新キャストも". Real Sound. blueprint. 15 April 2021. 2021年6月19日閲覧
  8. ^ a b c d e f g h i j "仲村トオル&泉里香&眞島秀和らが松岡昌宏主演「密告はうたう」に出演、特報も解禁". シネマカフェ. イード. 15 April 2021. 2021年6月19日閲覧
  9. ^ "松岡昌宏、WOWOWドラマ初主演! 秘密主義のプロ集団"ジンイチ"を描く「密告はうたう」21年放送". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 10 November 2020. 2021年6月19日閲覧

外部リンク[編集]