鉄の骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鉄の骨
著者 池井戸潤
発行日 2009年10月7日
発行元 講談社
ジャンル 経済小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六変型
ページ数 544
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4-06-215832-9
ISBN 978-4-06-277097-2A6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

鉄の骨』(てつのほね)は、池井戸潤小説である。2007年5月号から2009年4月号まで講談社の月刊文芸PR誌IN★POCKET』に連載され、2009年10月7日に講談社から単行本が刊行された。2011年11月15日には講談社文庫版が発刊された。第142回直木賞候補作、第31回吉川英治文学新人賞受賞作。

2010年7月3日から7月31日まで、NHKテレビドラマ化され、『土曜ドラマ』で放送された。2015年には韓国でリメイクされた。

あらすじ[編集]

中堅ゼネコンの一松組に入社して4年目の富島平太はある日突然、業務課への異動を命じられる。大学の建築学科を卒業し、入社以来現場を担当してきた平太にとって、営業を担当する業務課は正に畑違い。

着任早々、区役所への挨拶を命じられた平太は、公共工事の最低入札価格や指名入札業者の数に探りを入れる上司と役人とのやり取りにはらはらする。その日の夜の飲み会で平太は、業務課が通称「談合課」と呼ばれる部署であること、談合がなければ建設業界は立ち行かないため談合は「必要悪」であることを聞かされる。

談合は本当に悪なのか、平太の苦悩の日々が始まる。時を同じくして、2000億円規模の地下鉄敷設という大型公共事業の情報が入る。一松組は独自技術によりコスト的優位に立つが、社内外のしがらみから、一松組そして平太も談合に関わらざるを得なくなる。地検特捜部が水面下で捜査を進める中、この大型公共事業の入札が始まる。入札の結果は、そして一松組と平太の運命は。

登場人物[編集]

以下、原作に準拠。

一松組[編集]

建設部門と土木部門がある中堅ゼネコン。バブル崩壊の激動期を乗り切ったが、不況の波を脱しきれず、業績不振が続いている。「地下鉄の一松」の異名を取るほど実績があり、地下鉄に関する技術やノウハウは世界一である。

富島 平太(とみしま へいた)
大学(建築学科)卒業後、一松組へ入社。現在4年目の若手。信州上田市出身。大手ゼネコンを何社か受けたが、全て不採用だった。突然、専門外の部署である業務課に異動を命じられる。
西田 吾郎(にしだ ごろう)
業務課。一見お調子者だが、仕事のできる男。業務課の実務を支えている。平太の良き先輩。
尾形 総司(おがた そうじ)
常務。将来の社長候補と言われる。平太の業務課への異動を推した。元は、大手ゼネコン・清水組の役員で、一松組の二代目社長を支えるために、初代会長に三顧の礼を以て迎えられた。
松田 篤(まつだ あつし)
社長。創業家出身のボンクラ。
永山 徹夫(ながやま てつお)
54歳。バツイチ。平太の建設現場時代の上司。ずんぐりむっくりした体型。社内では「マンションの永山」と異名を取る。
柴田 理彩(しばた りさ)
業務課の紅一点。勝ち気な性格。
兼松 巌夫(かねまつ いわお)
業務課課長。一見頼りないタイプ。
金本 政志(かねもと まさし)
営業部長。営業畑一筋。ストライプ・スーツにサングラスがトレードマーク。
仁王 龍彦(におう たつひこ)
生産本部土木技術部特殊工法グループ係長。トンネル工事のスペシャリスト。名前の通り、金剛力士を思わせる大男。

白水銀行[編集]

一松組のメインバンク

野村 萌(のむら もえ)
平太の彼女。大学のテニスサークルで一緒だったが、付き合うようになったのは互いに社会人になってから。新宿支店の為替係。建設業界の常識に染まっていく平太と心が離れ、同時に銀行的な視点と平太にない大人の魅力を持つ園田に惹かれてゆく。
園田 俊一(そのだ しゅんいち)
新宿支店融資課。萌より4歳年上。マクロ的発想を持っており、萌の知的好奇心を満たす。萌に彼氏がいることを知りながらも好意を持ち、強くアプローチして行く。
育ちの良いエリート銀行マン。一松組とそこに勤める平太を見下している。
高橋 瑠衣(たかはし るい)
萌の同期。園田のことが好き。
江坂 禎治郎(えさか ていじろう)
新宿支店長。一松組への融資を渋る。

建設業界[編集]

山本(やまもと)
トキワ土建社長。43歳。5年前に大手ゼネコン真野建設を中途退職し、トキワ土建を興した。
和泉 勇人(いずみ はやと)
中堅ゼネコン上位のタキザワ建設専務。関東の道路工事を仕切る、談合の「ドン」のような存在。
三橋 萬造(みつはし まんぞう)
山崎組の顧問。巨大な公共工事を取り仕切り、「天皇」と呼ばれる業界の大物フィクサー佐久穂町生まれで、平太の母の実家のことも知っている。妻・美津子は城山の妹。古い業界体質を嫌っており、公共工事は公正な競争で決めるべきだと考えており、城山と度々衝突する。
長岡 昇(ながおか のぼる)
大手ゼネコン真野建設の営業部長。JVで地下鉄工事の落札の調整を三橋に頼む。

その他[編集]

城山 和彦(しろやま かずひこ)
当選8回を誇る、道路族の大物議員。与党の国対委員長も務めたことがある党の重鎮だが、政治資金に関する生臭い噂が絶えない。
内藤 肇(ないとう はじめ)
東京地検特捜部長。庁内でも一目置かれる実績の持ち主。

テレビドラマ[編集]

日本版[編集]

2010年7月3日から7月31日まで、NHKの『土曜ドラマ』で放送された。全5回。2010年7月度ギャラクシー賞月間賞を受賞。

2007年に大林組の元幹部や清水建設鹿島建設などゼネコン5社の営業担当者が逮捕された、名古屋市発注の地下鉄延伸工事をめぐる談合事件がモデルになっている。

キャスト[編集]

  • 一谷組
    • 富島平太(小池徹平):土木統括本部営業一課。
    • 遠藤安男(豊原功補):土木統括本部営業一課長 → 名古屋支店へ異動(左遷)。
    • 西田吾郎(カンニング竹山):遠藤の後任として土木統括本部営業一課長代理に。
    • 柴田理彩(小谷早弥花):土木統括本部営業一課OL。
    • 竹下庄一(秋野太作):土木統括本部営業一課員。元・国土建設省役人。
    • 吉川良哉(矢島健一):一谷組専務。
    • 尾形総司(陣内孝則):一谷組常務。
    • 松田篤(笹野高史):一谷組社長。業界内でも「ゴルフ好きの二世のボンボン」と認知されている。
    • 永山徹夫(大河内浩):平太の現場勤務時の上司。
  • 白水銀行
    • 野村萌(臼田あさ美):白水銀行初台支店のOL。平太の恋人。
    • 園田俊一(宅間孝行):白水銀行本部・融資審査部勤務。萌に想いを寄せる。
  • 山関組
    • 三橋萬造(中村敦夫):山関組顧問。
    • 和泉勇人(金田明夫):山関組営業部長。談合を取り仕切る「ボス」。
    • 市原範一(真実一路):山関組社長。
  • 真屋建設
  • トキワ土建
    • 山本勲(高橋一生):脱談合を社是に掲げる若き社長。
    • 榊原保(渡辺哲):トキワ土建営業本部長。
  • 一谷・真屋・山関と共に談合をするグループ
  • その他の人々
    • 細井(ヨシダ朝):国土建設省・東部地方開発局の担当官。(第1-2話)
    • 三橋満子(高林由紀子):三橋萬造の妻。(第1・3-5話)
    • 城山和彦(北村総一朗):衆議院議員。建設族の大物議員。(第2話より)
    • 坂元敦志(寺島進):一谷組の下請け会社、坂元舗装の社長。(第2話)
    • 富島八重子(松田美由紀):平太の母親。岐阜県郡上八幡で美容室を経営。(第2-3・5話)
    • 北原慎二 (小市慢太郎):東京地検特捜部検事。ゼネコン汚職の主任検事。(第3話より)
    • 長岡妙子(烏丸せつこ):長岡昇の妻。(第4話)
    • 内藤肇(多田木亮佑):(第4回)
    • メーカーの社員(近江谷太朗):一谷組の取引メーカーの社員。(第4話)

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 2010年7月03日 談合課勤務を命ず 柳川強 6.4%
第2回 2010年7月10日 生き残りゲーム 松浦善之助 5.5%
第3回 2010年7月17日 地下鉄争奪戦 柳川強 5.1%
第4回 2010年7月24日 誰にも言えない 須崎岳 6.1%
第5回 2010年7月31日 最後の入札 松浦善之助 4.4%
平均視聴率 5.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
チェイス〜国税査察官〜
(2010.4.17 - 2010.5.22)
鉄の骨
(2010.7.3 - 2010.7.31)
チャンス
(2010.8.28 - 2010.10.2)

韓国版[編集]

2015年1月30日から4月7日まで韓国MBCドラマネットにて、リメイク版が『태양의 도시』(意訳:太陽の都市)のタイトルで放送された。主演はキム・ジュン。全16話。池井戸潤原作の作品で、初の海外での映像化である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

日本では現時点で未放映のため、参考までに韓国放映時のサブタイトルを記述する。

放送日 サブタイトル
第1回 2015年1月30日 강태양 복수를 꿈꾸다
(ガン・テヨン 復讐を夢見る)
第2回 2015年1月31日 강태양 엇갈린 사랑이 시작되다
(ガン・テヨン 十字架の愛が始まる)
第3回 2015年2月06日 강태양 부실공사와 마주하다!!
(ガン・テヨン 古い工事と直面する!!)
第4回 2015年2月07日 강태양, 건설 관행에 대항하다!!
(ガン・テヨン、建設慣行に反対する!!)
第5回 2015年2月13日 강태양, 건설 인생 최대의 난관에 부딪치다!!
(ガン・テヨン、人生最大の挑戦にぶつかる!!)
第6回 2015年2月14日 강태양, 을의 반격이 시작되다!!
(ガン・テヨン、巻き返しが始まる!!)
第7回 2015年2月20日 강태양, 윤선희를 만나다
(ガン・テヨン、ユン・ソンヒに出会う)
第8回 2015年2月21日 강태양 해고 당하다!!
(ガン・テヨン 解雇する!!)
第9回 2015年2月27日 강태양의 맑은건설이 설립되다!!
(ガン・テヨンの明確な建設設立される!!)
第10回 2015年2月28日 강태양, 반값 아파트를 실현하다!!
(ガン・テヨン、半額を実現する!!)
特集 2015年3月06日 태양의도시 중간결산
(太陽の都市の中間決算)
第11回 2015年3月07日 반값아파트 만들어 질 수 있을까?!!
(半額のアパートを作成することができますか?!!)
第12回 2015年3月13日 강태양 어머니를 구하기위해 불구덩이로 뛰어들다!!
(ガン・テヨン 母を救うために火ピットに飛び込む!!)
第13回 2015年3月14日 갑의 횡포 동영상, 세상에 공개되다!!
(甲の横暴の動画は、世界に公開される!!)
第14回 2015年3月20日 갑의 횡포를 응징하다!!
(甲の横暴を報復する!!)
第15回 2015年3月21日 역사상 최대 건설규모인 벽란도 프로젝트에 태양의 모든 것을 걸다!!
(史上最大の建設規模の壁とは、プロジェクトへの太陽のすべてをかける!!)
第16回 2015年4月07日 최종회
(最終回)

外部リンク[編集]