ブルータスの心臓-完全犯罪殺人リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルータスの心臓
-完全犯罪殺人リレー
著者 東野圭吾
発行日 1993年8月20日
発行元 光文社
ジャンル ミステリー推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
コード ISBN 433471739X
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ブルータスの心臓-完全犯罪殺人リレー』(ブルータスのしんぞう かんぜんはんざいさつじんリレー)は、東野圭吾推理小説。単行本は光文社から1989年に刊行され、1993年に光文社文庫版が刊行された。2009年に新装版が刊行された。

キャッチコピーは、「約束された未来のため、男は殺人へと走る!

2011年6月17日に藤原竜也主演でテレビドラマが放送された。

あらすじ[編集]

産業機器メーカーで人工知能ロボットの開発に携わる末永拓也が窮地に陥った。妊娠した愛人、雨宮康子が、掻爬を拒んだためである。 上昇志向の強い拓也は、オーナーの女婿になりたいと言う目論見を持っていた。事態の露見は、野望の頓挫を意味する。 そんな中、打開策を見出せない状態に焦りを覚えていた拓也に、意外な提案を持ち掛ける者が現れた。共同作業で康子を殺害しようと言うのである。男達の、完全犯罪殺人リレーがスタートした。

登場人物[編集]

末永拓也
産業機器メーカーMM重工勤務。職務は人工知能ロボットの研究開発。殺人リレー計画参加者
雨宮康子
拓也の愛人。MM重工役員室勤務
仁科直樹
拓也の上司・MM重工開発企画室長・専務の息子。殺人リレー計画の発起人
橋本敦司
拓也の同僚。殺人リレー計画参加者
仁科敏樹
MM重工専務。直樹の父
宗方伸一
MM重工航空機事業部研究主任。敏樹の長女の夫
中森弓絵
MM重工開発企画室勤務
酒井悟郎
MM重工工場作業員。弓絵の幼馴染
高島勇二
弓絵の婚約者。1年前に死亡
佐山総一
警視庁捜査一課刑事

テレビドラマ[編集]

2011年6月17日フジテレビジョン系列の「金曜プレステージ」において、「東野圭吾3週連続スペシャル」の第2弾として放映された。視聴率16.1%。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]