殺人現場は雲の上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

殺人現場は雲の上』(さつじんげんばはくものうえ)は、東野圭吾推理小説。単行本はJOY NOVELSから1989年に刊行され、1992年に光文社文庫版が刊行された。舞台は、姉の職であるスチュワーデスから決めた。ちなみに、しのぶ先生シリーズも同様の理由で舞台決定。

主要人物[編集]

早瀬英子
新日本航空のスチュワーデスで、入社試験と訓練学校の成績は首席。東大中退・才色兼備で控え目な性格・通称エー子。
藤真美子
新日本航空のスチュワーデスで、入社試験と訓練学校の成績は最下位。三流短大卒・肥満体質・通称ビー子。
浜中
新日本航空のパイロット・機長
小塚
新日本航空のパイロット・機長
佐藤
新日本航空のパイロット・副操縦士
北島香織
新日本航空のチーフスチュワーデス
遠藤新
日本航空の客室課長
金子博子
新日本航空の客室課首席

ステイの夜は殺人の夜[編集]

投資マニアの大学助教授夫人が絞殺死体となって発見された。容疑者は2人存在するが、どちらにもアリバイがある。

忘れ物に御注意ください[編集]

「ベビー・ツアー」の一行が、エー子とビー子が乗務した機内に、とんでもない忘れ物をした。赤ん坊である。新日本航空は、初めての椿事に右往左往する…。

お見合いシートのシンデレラ[編集]

ビー子が資産家の中山に見初められた。親戚のへのお披露目会にはエー子も招かれるが、何だか様子がおかしい。

旅は道連れミステリアス[編集]

エー子とビー子が懇意にしている和菓子屋の当主が、高級とは言いかねるシティホテルの一室で、死体となって発見された。しかも、傍らにはもうひとつの死体が。

とても大事な落し物[編集]

エー子とビー子が乗務する機内のトイレに、遺書が落ちていた。「決行」前に落とし主を見つけ出したいが、どういうわけか、その遺書には署名がない。

マボロシの乗客[編集]

エー子とビー子が勤務する新日本航空に、不可解な脅迫電話が掛かってきた。悪戯電話の公算が大きいが。

狙われたエー子[編集]

エー子が何者かに命を狙われたが、思い当たる節がない。