十字屋敷のピエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十字屋敷のピエロ』(じゅうじやしきのピエロ)は、東野圭吾推理小説。単行本は講談社から1989年に刊行され、1992年に講談社文庫版が刊行された。

概要[編集]

資産家一族に降りかかる惨劇の様子が、ピエロ人形「僕」の視点を交えながら語り継がれて行く本格長編推理小説。ただの人形でしかない「僕」に対しては、犯罪者達も無防備だった。ラストには、「僕」の心に澱を残す、意外な結末が用意されている。

あらすじ[編集]

竹宮産業創始者の女婿である宗彦が何者かに殺害された。傍らには、愛人、三田理恵子の遺体も横たわっている。理恵子が仕掛けた無理心中事件なのか? それとも…。

登場人物[編集]

竹宮水穂
竹宮家の十字屋敷に1年ぶりに帰ってきた。
竹宮宗彦
竹宮産業社長。前社長竹宮頼子の夫。
竹宮佳織
宗彦の一人娘。水穂の従妹。
竹宮静香
竹宮産業創始者・幸一郎の妻。頼子の実母。
竹宮頼子
幸一郎の長女。
竹宮琴絵
幸一郎の次女。水穂の母。