ガリレオシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガリレオシリーズ』は、日本の推理作家東野圭吾原作の推理小説で、物理学者・湯川学を主人公とした連作ミステリーシリーズの総称。他に『探偵ガリレオシリーズ』(たんていガリレオシリーズ)、『物理学者湯川シリーズ』(ぶつりがくしゃゆかわシリーズ)とも呼ばれている。

概要[編集]

初出は『オール讀物1996年11月号。天才物理学者・湯川学が、大学時代の友人である刑事・草薙俊平の依頼を受けて、一見超常現象とも取れる不可解な事件を科学によって解決していく。また、シリーズ第2作以降は論理的な推理によって、解決するものもある。作者が理系出身であることを生かし持っている知識をフル活用して書いた作品で、検証こそされていないが原作中に登場するトリックはすべて理論的には可能なものである。

古くから推理小説においては、「世間において、あまり一般的ではない科学技術を駆使したトリックは使用しない」という暗黙の了解が存在するが、本シリーズではこれを意図的に破っている。

2007年10月から短編集2作を原作としたテレビドラマガリレオ』として放映された。ドラマ化発表時点でシリーズ全体の発行部数は約160万部であったが、その後売上を伸ばし、さらには『容疑者Xの献身』の文庫化もあって、2008年8月現在では発表時点の公表より大きく上回り400万部を突破した。また、2008年10月にはテレビドラマの劇場版として同キャスト・スタッフにより探偵ガリレオシリーズ第3作『容疑者Xの献身』が映画化された。

シリーズ初の長編作『容疑者Xの献身』は第134回直木三十五賞を受賞している。

2015年6月10日発売の文春文庫『禁断の魔術』は「猛射つ」を改稿した長編小説の文庫オリジナルとなっており、3月10日発売の文春文庫『虚像の道化師』に7作品収録されている[1]

登場人物[編集]

メイン[編集]

湯川学
この小説の主人公。現帝都大学物理学助教授(准教授)で、理工学部物理学科第十三研究室に所属。帝都大学理工学部卒業。「爆ぜる」連載当時34歳。
物理学においては天才的な頭脳を持つほか、かなりの雑学的知識を有する。また、洞察力にもたけ、女性の職業を当てたことがある。その能力を駆使して草薙が持ち込む難事件を少ない情報で論理的に解決していくため、捜査一課からは「ガリレオ(先生)」とあがめられるほど。しかし、本人はその呼び名を嫌がっている。その素顔はベールに包まれていて、生活観を窺うことができない。夜遅くまで研究を続け、夕食も大学内で済ませているようである(ただし、時々自炊することもある)。かつて大学院2年の秋に、「磁界歯車」を考案し、某アメリカ企業が買いに来たことがある。しかし、机上の空論扱いをされた。この歯車は元々行っていた実験が失敗したことで、別の角度から研究を行った結果生み出されたものである(『ガリレオの苦悩』所収の「操縦る」で恩師の友永幸正が語っている)。
富樫慎二殺害事件(『容疑者Xの献身』参照)での警察の対応で確執を起こして以後、捜査に一切協力しないことを決め、草薙とも疎遠になっていたが、現在は科学者として興味をそそる事件限定で再び協力している。
性格は偏屈で、事件への興味を惹こうとする草薙の話の揚げ足をよくとる。また、ほかの人物が興奮したり騒いだりしても、常に自分のペースを変えない冷静さを持っていて、滅多に感情的になることはない。
趣味はバドミントン。バドミントン部に属していたころから腕前は高く、現在でも大会で優勝することがある。好きなものはインスタントコーヒーでその歴史を諳んじるほどである。草薙が訪れた際には、あまり綺麗に洗っていないマグカップに薄いインスタントコーヒーを入れてもてなす。
苦手なものは子供。理由は「論理的でない相手と付き合うのは疲れる」ため。話し掛けるだけで蕁麻疹ができるほどのアレルギーを持っている。そのため子供と話すのは専ら草薙任せで、疑問を感じると草薙を通して質問をしていた。『真夏の方程式』では彼をもってして「偏屈」と言わしめる少年との交流がある。女性は論理的な人物もいるため苦手ではないが、付き合っている相手はいない。
佐野史郎をイメージして創られたキャラクター[2][3][注 1]。最近はドラマ版に影響されて福山雅治をイメージしてしまうらしい。ドラマ版の口癖「実に面白い」は原作では言わない。草薙俊平いわくペーパードライバーであるが本人は否定する。
なお、主人公ではあるが、彼が主体に描かれている場面はほとんどなく、作品の大半は刑事と容疑者(事象が起きた周辺の人物)の視点によるものである。
草薙俊平
警視庁捜査一課所属、巡査部長→警部補。「爆ぜる」連載当時34歳。帝都大学社会学部卒業。この小説の実質的な中心人物でもある。
湯川とはかつて帝都大学バドミントン部での同期だった。突然人体が燃え上がるという事件(「燃える」に収録)で、マスコミが唱えたプラズマ説を検証するために第十三研究室を訪ねて以来、奇怪な事件が起こるたびに、油を売るついでに湯川の協力を仰いでいた。人の話を引き出すのが巧く、湯川に事件への興味を惹かせるのにも長けている一方、理数系は大の苦手で、しばしば湯川に突っ込まれていた(ちなみに、湯川はそれを楽しむ傾向がある)。内海薫登場後は彼女への冷やかしが増えたり、上司である間宮に対し陰でぞんざいな口を聞くなど性格がやや横暴になっている。また、湯川との立場も変化し、事件解決後に食事に誘ったり、土産を用意するなど気を使う様子が描かれている。
喫煙者であるが、湯川の前では何を言われるかわからないため吸わないようにしている。愛車は黒のスカイラインで、車を持っていない湯川を現場に送ったりもする。
独身で恋人もいない日々が続いていた。「聖女の救済」では容疑者に対し恋をしてしまうが、事件の真相をつかむため、刑事としての立場を全うする。姉(森下百合)がおり、彼女はすでに結婚、中学生の娘(美砂)がいる。
ちなみに、「予知夢」の単行本および初期の文庫版で、名前が"俊介"に誤記されていたが、最新の文庫版では"俊平"に戻っている。
内海薫
女性刑事。正義感が強く、女性ならではの勘と理論で容疑者を割り出す一方、勝手に突っ走ってしまい一人で悩むことがある。このため、しばしば草薙とは意見が対立する。一方でプライベートでは部屋の掃除もままならない生活を送っている。良くも悪くも真相究明に全力を注ぐタイプの刑事で、湯川も一目置いている存在。「女性」であることで特別扱いされることを嫌っていて、ことあるごとに「私が女だからですか?」と言うことがあった。
ドラマ化にあたって「湯川のパートナーに女性のオリジナルキャラクターを使いたい」という製作者側の要望に東野が「先に自分がその人物を小説に登場させ、その人物の名前を使用する」という条件で快諾し、続編である「落下る」以降の原作にも登場。草薙に代わって、警察に協力しない姿勢をとっている湯川に興味をひかせようとする。
愛車は臙脂色のパジェロ。捜査のために電車などで移動するときにはiPodで曲を聴くこともある。ちなみにドラマで湯川を演じる福山雅治のアルバム楽曲が入っている。

警視庁捜査一課[編集]

間宮慎太郎
草薙の上司。捜査一課所属係長。ルックスは刑事というよりは職人。湯川の活躍を草薙の話を通して聞いており、湯川の事を「ガリレオ先生」と呼ぶようになる。
小塚
草薙の同僚の若い刑事。競馬ファン。「転写る」で登場。
根岸
草薙の後輩刑事で「爆ぜる」で登場。
弓削
草薙の一年先輩にあたる刑事。思いつきをあれこれしゃべるムードメーカー的存在。無駄話を嫌う間宮も黙認している。「離脱る」にて登場。ドラマ版ではレギュラーとして登場している。原作とは異なり草薙の後輩という設定。
牧田
草薙曰く、「人間がしっかりしている」と言う後輩刑事。「夢想る」「霊視る」「騒霊ぐ」にて登場。
岸谷
草薙と同じ班にいる若手刑事。人の良い性格。母子家庭で育ったこともあり、「容疑者Xの献身」では容疑者母子に同情的になっていた。草薙と内海以外の刑事でただ一人、第十三研究室を訪れ、薄汚れたマグカップのもてなしを受けた。ほかに「聖女の救済」にて登場。
小田
「予知る」で登場しこの事件を普通の自殺と考えるが・・・その後、草薙にバトンタッチした。
牧村
草薙たちの班で、「ガリレオの苦悩」で登場。
木村課長
湯川が気が合うと発言している、論理的な考えをする人物。悪魔の手の事件では、記者会見を開いた。
多々良
「ガリレオの苦悩」で登場。長年捜査一課のベテラン瞬間湯沸かし器の異名をとるほど短気。今は管理官。「真夏の方程式」では、先輩の塚原正次の事故死を認められず、草薙にその調査を頼む。

シリーズ[編集]

『探偵ガリレオ』[編集]

タイトル 初出 発生事件・現象 ドラマ放送回 備考
燃える(もえる) オール讀物』1996年11月号 人体発火 第一話[注 2]
  • 湯川が初めて警察に協力した事件。
転写る(うつる) 『オール讀物』1997年3月号 湖に浮かぶデスマスク 第九話[注 2]
  • 草薙が出席した文化祭での出来事 。
壊死る(くさる) 『オール讀物』1997年6月号 心臓だけが壊死した死体 第四話[注 2]
  • ドラマでの設定はオリジナルで、主犯も異なる。
爆ぜる(はぜる) 『オール讀物』1997年10月号 水上での謎の爆発事件 最終話[注 2]
  • 2件の事件が発生、舞台が帝都大学。
離脱る(ぬける) 『オール讀物』1998年3月号 幽体離脱 第二話[注 2]
  • この作品から、「ガリレオ」の愛称が使われる。

『予知夢』[編集]

タイトル 初出 発生事件・現象 ドラマ放送回 備考
夢想る(ゆめみる) 『オール讀物』1998年11月号 予知夢 第六話[注 2]
  • 初めて殺人以外の事件を扱う。
霊視る(みえる) 『オール讀物』1999年2月号 霊視 第八話[注 2]
  • 夢想る同様、第十三研究室での検証無し。
騒霊ぐ(さわぐ) 『オール讀物』1999年4月号 ポルターガイスト 第三話[注 2]
  • 草薙が非番の日に受けた依頼から発覚した事件。
絞殺る(しめる) 『オール讀物』1999年9月号 火の玉、謎の絞殺体 第五話[注 2]
  • 原作では未解決。
予知る(しる) 『オール讀物』2000年1月号 予言、予知 第七話[注 2]
  • 取り扱う事件が自殺。原作では未解決。

『容疑者Xの献身』[編集]

  • 連載:『オール讀物』2003年6月号-2004年6月号、2004年8月号-2005年1月号 (連載時の題名は「容疑者X」)
  • 単行本:2005年8月29日・文藝春秋 ISBN 4-16-323860-3
  • 文庫:2008年8月10日・文春文庫 ISBN 4-16-711012-1
シリーズ初の長編作。同期のライバルである天才数学者と殺人の隠蔽をめぐる対決。作中P≠NP予想を解く場面が出てくる。

『ガリレオの苦悩』[編集]

タイトル 連載 発生事象 ドラマ放送回 備考
落下る(おちる) 『オール讀物』2006年9月号 遠隔操作での死体転落 ガリレオΦ
操縦る(あやつる) 別册文藝春秋』第274号(2008年3月号) 犯人不在の刺殺事件 ガリレオΦ
  • 「爆ぜる」に続き、湯川の恩師が事件関係者。ドラマ版は恩師ではない。
密室る(とじる) GIALLO』(光文社)2008年SUMMER号 密室殺人 第六話[注 3]
  • 容疑者Xの献身」に続き、湯川の旧友が登場。
  • シリーズ中で唯一、警察関係者が一切登場しない。
指標す(しめす) 書き下ろし新作 ダウジング 第二話[注 3]
  • 超能力の真贋を見極めることが話の主題。
攪乱す(みだす) 『別册文藝春秋』第276号(2008年7月号) 予告殺人 第九話[注 3]
  • 湯川に挑戦する人物が現れ、最終的には命を狙われる。

『聖女の救済』[編集]

シリーズ2作目の長編。草薙が惹かれた女性の完全犯罪に湯川が立ちふさがる。

『真夏の方程式』[編集]

シリーズ3作目の長編。湯川と少年の交流、環境活動家との対立を軸に元刑事の謎の死の真相に迫る。

『虚像の道化師 ガリレオ7』[編集]

この作品から単行本のカバーがハードカバーからソフトカバーになった。
単行本『禁断の魔術 ガリレオ8』の「透視す」「曲球る」「念波る」の3作も合わせて、7作品収録された[1]
タイトル 連載 発生事象 ドラマ放送回 備考
幻惑す(まどわす) 『別册文藝春秋』第292号(2011年3月号) 念による心理誘導 第一話[注 3]
  • 単行本化に至るきっかけとなった作品。
心聴る(きこえる) 『オール讀物』2011年4月号 幻聴 第三話[注 3]
  • 草薙の警察学校時代の同期の所轄刑事が登場。
偽装う(よそおう) 『オール讀物』2011年7月号 散弾銃による殺人 第七話[注 3]
  • 湯川・草薙が友人の結婚式に向かった先で事件に遭遇。
演技る(えんじる) 『別册文藝春秋』第298号(2012年3月号) アリバイトリック 第八話[注 3]
  • トリックを仕掛けた女優の視点による倒叙形式で描かれる。

『禁断の魔術 ガリレオ8』[編集]

シリーズ初の全作書き下ろし作品。
「猛射つ」一作品を長編小説として改稿し、文庫オリジナルとして刊行された[1]
タイトル 発生事象 ドラマ放送回 備考
透視す(みとおす) 透視
曲球る(まがる) 変化球 第四話[注 3]
念波る(おくる) テレパシー 第五話[注 3]
猛射つ(うつ) レールガン

注釈[編集]

  1. ^ 文庫本『探偵ガリレオ』の「解説」(佐野史郎)によれば、東野は映画『夢みるように眠りたい』で佐野が演じた探偵役が印象に残っていたため、自身の探偵小説で佐野をイメージした探偵を書こうと考えたという。
  2. ^ a b c d e f g h i j テレビドラマ第1シリーズ放送分。
  3. ^ a b c d e f g h i テレビドラマ第2シリーズ放送分。

出典[編集]

  1. ^ a b c 東野圭吾 (2015年6月10日). “短編小説を長編に大改稿 ついに誕生した最高の「ガリレオ」”. 自著を語る. 文藝春秋. 2015年6月11日閲覧。
  2. ^ 佐野史郎(書籍自体は東野圭吾) 「解説」『探偵ガリレオ』 文藝春秋〈文春文庫〉、2002年2月10日、第38刷、326頁。ISBN 9784167110079
  3. ^ 三橋暁(書籍自体は東野圭吾) 「解説」『予知夢』 文藝春秋〈文春文庫〉、2003年8月10日、第33刷、265頁。ISBN 9784167110086

外部リンク[編集]