デスマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デスマスク(英語:death mask)は、石膏で死者の顔の型を取ったものをいう。死者の思い出として保存されたり、あるいは肖像画を描くための資料として用いられたりするものである。時にはデスマスクの上にそのまま着色して肖像とすることもないわけではない。刑死した死刑囚のデスマスクも多々残されている。

17世紀には、故人の彫像の一部としてデスマスクを使い、それを告別式に飾ったりするというのは、ごく一般的に広まっていた。18世紀から19世紀を通して、こうしたものが身元の確認のため遺体の特徴を明らかにする手段としても用いられるようになる。例えばキングズベリー・ランの屠殺者事件では、身元不明の被害者の情報を求めるため、デスマスクを作成、公開して情報提供を呼びかけている。

のちにこの役割は徐々に写真に取って代わられるようになったが、骨相学民俗学、あるいは考古学では、今日でもデスマスクはもちろん、あまり一般的ではないが存命中の人物のライフマスクの製作も科学的、疑似科学的な用途で製作されている。

デスマスクが製作された著名人[編集]

対義語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大ナポレオン展 文化の光彩と精神の遺産 NAPOLEON BONAPARTE The Spiritual and Cultural Legasy』(2005年 東京富士美術館発行)のp.64に写真がある。
  2. ^ 千田是也『もうひとつの新劇史 -千田是也自伝-』筑摩書房 1975年
  3. ^ 大阪書籍の『中学歴史』教科書に写真が掲載されている。
  4. ^ 2012年9月4日(火曜)放送のTBS系列の番組『もてもてナイティナイン』の番組内で特別に放送された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]