デスマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デスマスクの作成/1908年頃の米国ニューヨークにおける。
セーヌ川の身元不明少女”のデスマスク
イングランド王ヘンリー7世の彫像/1512年、ウェストミンスター寺院にヘンリー7世と妃エリザベスの墓を造るようヘンリー8世から委任されたイタリアフィレンツェ彫刻家ピエトロ・トリジアーノ英語版が、葬儀用に制作した像で、ヘンリー7世のデスマスクを一次資料とした精巧なものとなっている。

デスマスク英語death mask)は、石膏死者を取ったものをいう。作成目的としては、故人を偲ぶ遺品としての保存、肖像作成のための一次資料の確保、死生観芸術性・性癖などを背景とした作品調度品の主要素材としての確保、法医学的資料としての保存などがある。時にはデスマスクの上にそのまま着色して肖像とすることもある。刑死した死刑囚のデスマスクも数多く残されている。

概要[編集]

17世紀には、故人の彫像の一部としてデスマスクを使い、それを告別式に飾ったりするというのは、ごく一般的に広まっていた。18世紀から19世紀を通して、こうしたものが身元の確認のため遺体の特徴を明らかにする手段としても用いられるようになる。例えばキングズベリー・ランの屠殺者事件では、身元不明の被害者の情報を求めるため、デスマスクを作成、公開して情報提供を呼びかけている。のちにこの役割は徐々に写真に取って代わられるようになったが、骨相学民俗学考古学などの分野では、今日でもデスマスクはもちろん、あまり一般的ではないが存命中の人物のライフマスクの作成も、科学的もしくは疑似科学的な用途で行われている。

デスマスクの作成記録がある著名人[編集]

紀元前[編集]

18世紀以前[編集]

19世紀[編集]

ナポレオンは追放先の孤島セントヘレナで病死したが、主治医であったイタリア人医師のアントンマルキ (en) は、ナポレオンのデスマスクを作った上で勝手に持ち去った(※異説あり)。その後、1833年になってかなりの数のレプリカを作って限定予約販売を行った。時のフランス国王ルイ18世はこれを30個も購入し、“なんだかんだ言って結局のところナポレオンが好き”という共通点のある敵対的諸侯富豪への懐柔用の贈り物として利用したという。
ゲーテは、年代の大きく異なる複数のライフマスクも作成している。

20世紀[編集]

死を惜しんだ弟子達によって作成され、神奈川近代文学館にて厳重に保管されている。展示品ではない。[2]
鴎外記念本郷図書館(観潮楼跡)に展示。
翻訳家で小林と親交のあった千田是也が作成した[4]。現在は小樽文学館に展示されている。

ギャラリー[編集]

対義語[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京富士美術館『大ナポレオン展 文化の光彩と精神の遺産 NAPOLEON BONAPARTE The Spiritual and Cultural Legasy』(2005年刊行)の64頁に写真が掲載されている。
  2. ^ TBS系列のバラエティ番組もてもてナインティナイン』2012年(平成24年)9月4日放送回にて、特別に放映された。
  3. ^ 大阪書籍の『中学歴史』教科書に写真が掲載されている。
  4. ^ 千田是也『もうひとつの新劇史 -千田是也自伝-』筑摩書房 1975年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]