ライフマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ライフマスクLife mask)とは生きている人間の顔の形を写し取ったマスクである。

概説[編集]

死人の顔から型をとるデスマスクとは違い、存命中の人間の顔の形をとるために型取り剤(アルジネートや石膏、粘土。)を顔に塗る際には鼻(ごくまれに口)から息ができるように管を通すか、鼻の穴を塞がないないように細心の注意を払い、さらに身振り手振りで息が正常にできていることを確認する。今日では、多くの場合柔らかいアルジネートを厚く塗って、さらに石膏を染み込ませた包帯で覆って固める。また、顔だけではなく全身に応用する技術を含めてライフキャスト(lifecast、顔型取りともいう。)と呼ぶ。

代替技術として3Dスキャンが存在するが、一長一短である。

俳優のメイクを研究する際などに利用される[要出典]

長所・短所[編集]

長所
  • 比較的正確に顔の形をとることができ、皮膚の細かい凹凸を再現可能。
  • 多少動いても、型をとれる。
  • 完成後容易に触れる事のできる顔が複製される。
短所
  • 型取り剤が皮膚に乗っかる分、顔の形が歪む。
  • 目を閉じる必要がある(目を開けてとる方法もあるが自然にならない)。[要出典]

対義語[編集]