メキシコ皇帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲッツェン=イトゥルビデ家の紋章

メキシコ皇帝(-こうてい、スペイン語: Emperador de México)は19世紀における、一貫性のなかった2つのメキシコ帝国国家元首及び支配者である。

1821年スペインからのメキシコ帝国独立宣言によりメキシコは独立し、君主制(メキシコ第一帝政1822年1823年)が敷かれた。第一帝制はまもなく第一共和制に取って代わられた。1860年代にフランスの後ろ盾を得た保守派により、メキシコに君主制が復活した(メキシコ第二帝政1864年1867年)。

第一帝政 (1822年–1823年)[編集]

肖像 名前 即位 退位 先代との関係
Emperor Agustin I kroningsportret.JPG アグスティン1世 1822年5月19日 1823年3月19日

帝位請求者 (1824年–1864年)[編集]

肖像 名前 請求開始 請求終了 先代との関係
Agustín Jeronimo de Iturbide y Huarte.jpg "アグスティン2世"
アグスティン・ジェロニモ・デ・イトゥルビデ・イ・ウアルテ
1824年7月19日 1864年4月10日 アグスティン1世の長男。

第二帝政 (1864年–1867年)[編集]

肖像 名前 即位 退位 先代との関係
X-Large Portrait of Maximiliano.jpg マクシミリアーノ1世 1864年4月10日 1867年5月15日 オーストリア皇帝ハンガリー王フランツ・ヨーゼフ1世の弟。
マクシミリアーノ1世はアグスティン1世の孫のアグスティン・デ・イトゥルビデ・イ・グリーンとその従兄弟のサルバドール・デ・イトゥルビデ・イ・デ・マルサンを養子とした。

帝位請求者 (1867年–現在)[編集]

肖像 名前 請求開始 請求終了 先代との関係
Agustin de Iturbide y Green.jpg "アグスティン3世"
アグスティン・デ・イトゥルビデ・イ・グリーン
1867年6月19日 1925年3月3日 マクシミリアーノ1世の養子。
アンヘル・デ・イトゥルビデ・イ・ウアルテ(アグスティン1世の次男)の息子。
María Josefa de Iturbide y Mikos.jpg "マリア1世"
マリア・ホセファ・デ・イトゥルビデ
1925年3月3日 1949年12月 サルバドール・デ・イトゥルビデ・イ・デ・マルサン(アグスティン1世の三男サルバドール・デ・イトゥルビデ・イ・ウアルテの息子)の娘。
Sin foto.svg "マクシミリアーノ2世"
マクシミリアン・フォン・ゲッツェン=イトゥルビデ
1949年12月 現在 マリアの孫(グスタフ・アドルフ・フォン・ゲッツェンの曾孫)。
イトゥルビデ家(ゲッツェン=イトゥルビデ家)の現当主。