うめ (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うめ
生誕 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル 青年漫画
代表作 『東京トイボックス』
『大東京トイボックス』
『STEVES(スティーブズ)』
テンプレートを表示

うめ日本漫画家小沢 高広(おざわ たかひろ、男性、原作担当)と妹尾 朝子(せお あさこ、女性、作画担当)の男女ユニット。夫婦でもある。

略歴[編集]

妹尾朝子は、『Nonverbal Communication』で、第34回ちばてつや賞一般部門に入選。『ダブルブッキング』で、第35回ちばてつや賞一般部門に準入選。うめは、『ちゃぶだい』で、第39回ちばてつや賞一般部門ちばてつや大賞を受賞。小沢高広は2018年公開の『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の脚本も担当。

電子書籍化に積極的で、漫画界においては先駆け的な存在である。2010年1月24日、『青空ファインダーロック』をAmazon Kindleにて発売(日本人漫画家初)。

作品[編集]

  • ちゃぶだいケンタ(『モーニング』2001年26号 - 2004年8号、講談社モーニングKC、全6巻)
  • 東京トイボックス(『モーニング』2005年50号 - 2006年24号、講談社、モーニングKC、全2巻)
    • 新装版/幻冬舎コミックス、バーズコミックス、全2巻
  • 大東京トイボックス(『コミックバーズ』2006年11月号 - 2013年9月号、幻冬舎コミックス、バーズコミックス、全10巻)
    • 大東京トイボックスSP(2013年、幻冬舎コミックス、バーズコミックス、全1巻)
  • 御茶ノ水非電源ゲーム部 ひでぶ!(『電撃「マ)王』、2006年12月号 - 、メディアワークス) - エッセイ系漫画、単行本は未刊行。
  • マンガのけもの道(『MacPeople』2008年6月号 - 2009年、アスキー・メディアワークス) - 単行本は未刊行。
  • 南国トムソーヤ(『月刊コミック@バンチ』2011年6月号 - 2014年6月号、新潮社BUNCH COMICS、全3巻)
  • 東京トイボックス0(『コミックバーズ』2013年12月号 - 2014年、幻冬舎コミックス、バーズコミックス、全1巻)
  • ねこにこねこ どうぶつえんへいく(2014年9月[1]) - 絵本。
  • STEVES(スティーブズ)(原作:松永肇一、『ビッグコミックスペリオール』2014年14号 - 2016年24号、小学館ビッグコミックス、全6巻)
  • おもたせしました。(『月刊コミック@バンチ』2016年5月号 - 2018年5月号、新潮社、BUNCH COMICS、全3巻)
  • イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ(2018年3月刊、マガジンハウス、単行本)
  • 林檎の樹の下で -アップルコンピュータジャパン物語- ×スティーブズ外伝
  • うめ短編集 うめあわせ(2018年6月[1]
    • 青空ファインダーロック(『日経エンタテインメント!』2007年10月号、日経BP社、読切)
    • 南国スパイラル(『週刊コミックバンチ』2003年40号、新潮社、読切) - 雑誌掲載時タイトルは「カミサマの地図」。
    • たくちゃんと僕(『月刊少年チャンピオン』2011年2月号 - 連載中秋田書店、年1連載) - 短編集には第8話まで収録。
    • パラレル(原作:長嶋有、『小説宝石』2011年7月号 - 9月号、光文社) - 「長嶋有漫画化計画」の一作。
    • 今夜あいつと肉まんを!(『レッツ!粉もの部 』描きおろし、2014年、角川書店単行本、読切)
    • 悶悶日記(原作:太宰治、2011年、パブー、読切) - 「パブー×青空文庫漫画コンテスト」参加作品。
    • 珠世の憂鬱(『金田真一耕助之介の冒険 新感線文庫』収録、2007年、読切) - 劇団☆新感線の舞台「犬顔家の一族の陰謀」のパンフレットとセットの文庫に収録された作品。
    • ファットボーイスリム(読切)

アンソロジー[編集]

その他[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 電子書籍限定配信。
  2. ^ "美味しい"を注入!”. WEB@バンチ 編集部打ち合わせブログ. 新潮社 (2015年8月3日). 2015年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]