禁断の魔術 ガリレオ8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガリレオシリーズ > 禁断の魔術 ガリレオ8
禁断の魔術 ガリレオ8
著者 東野圭吾
発行日 2012年10月15日
発行元 文藝春秋
ジャンル ミステリ推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判並製カバー装
ページ数 328
前作 虚像の道化師 ガリレオ7
公式サイト 禁断の魔術 ガリレオ8 文藝春秋
コード ISBN 9784163816906
ISBN 9784167903770文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

禁断の魔術 ガリレオ8』(きんだんのまじゅつ ガリレオエイト)は、2012年10月15日文藝春秋から刊行された東野圭吾の連作推理小説ガリレオシリーズ第8弾、短編集としては5作目。

「曲球る」と「念波る」の2編は、2013年テレビドラマ『ガリレオ』第2シリーズで映像化された。

2015年3月10日に、単行本『虚像の道化師 ガリレオ7』を再編集し文春文庫版オリジナルとして文藝春秋から発刊する際に、「透視す」「曲球る」「念波る」の3編も併せて収録された。残る「猛射つ」は大幅に改稿して長編小説『禁断の魔術』とし、2015年6月10日に文春文庫版オリジナルとして文藝春秋から発刊された[1]

概要[編集]

本作はシリーズ初となる全編書き下ろしとなる。著者曰く、前作『虚像の道化師 ガリレオ7』でシリーズの短編は終わりと考えていたが、小説の神様の気まぐれを思い知らされた作品。当初は『虚像の道化師』もこれまでの短編同様に5編収録させようと考えていたが、湯川や草薙の人生や生活を積極的に書こうという想いから湧き上がったアイディアから『虚像の道化師』での4編からさらに4編書き上がり、合計すると原稿用紙1000枚超の分厚い本になるため、本作と『虚像の道化師』の2冊に分けたという背景がある[2]

「透視す」は「湯川が透視能力を持つホステスにその力を披露されたらどんな反応をするのか」という着想から湯川が挑む謎が殺人に関係しなくてもいいと考えた末に出来上がった。他にも「曲球る」で湯川が殺人事件解決以外に人助けのために科学の知識を活かしたり、「念波る」で湯川がこれまでの事件とは異なるアプローチをする様が描かれている。そして「猛射つ」では「自分のせいで殺人犯になりかねない人間がいたら湯川はどうするのか」というアイデアから[3][2]、犯罪に手を染めようとする信頼する愛弟子に対しての湯川の意外な行動が描かれる。

2012年10月25日に発表された10月29日付のオリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で、4万6000部の売上により首位を獲得。3月発売の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』と8月発売の『虚像の道化師 ガリレオ7』に続く首位となり、一人の作家が発表した作品が3作連続の首位獲得をするのは今回が初となる[4]

各章あらすじ[編集]

第一章・透視す(みとおす)[編集]

草薙に連れられ彼の行きつけの銀座のクラブ「ハープ」に通った湯川は、そこでホステスのアイの接客を受ける。アイは湯川に出させた名刺を見ることなく湯川の名字を言い当てる透視の芸を披露、一度はコートの裏側の刺繍を見たと推理して納得した湯川だったが、帰り際にアイが自分の名前や職業まで言い当てたため驚愕する。

それから4か月後、アイこと相本美香が殺害された。草薙達は顔見知りによる犯行として捜査にあたるが、美香は死者への同情を抜きにしても誰からも慕われる女性であり、トラブルといえば遠隔地に住む継母と確執があったことくらいだったので、彼女を殺す動機のある人物の特定に難航してしまう。やがて草薙達は美香の足の指の間に付着していた煙草の葉っぱを手掛かりに犯人を突き止め逮捕した。例の透視によって美香に横領を見抜かれたことが動機だったが、その透視のからくりが判らず、行き詰った草薙は湯川に相談する。草薙から経緯を聞いていた湯川は透視の謎と、美香の抱える一つの問題に光を当てていく。

  • 相本 美香 - 銀座のクラブ「ハープ」のホステス。源氏名は「アイ」。小柄で童顔の女性で、主に和服を着て接客し、相手の名前や鞄の中身を言い当てる透視のマジックを持ち技にしているが、男ウケしにくい容姿であったこともあり、人気はいま一つだった。「ハープ」には3年前に入店し、以前は六本木のキャバクラにいた。明るく、悪戯や人を楽しませるのが好きな性格。実の母親を小学生の時に交通事故で亡くしている。
  • 相本 恵里子 - 美香の継母。以前はホステスをしており、勝茂とは美香が高校2年の時に結婚した。美香が大切にしていた美香の実母が編んだ手袋を誤って捨ててしまったため、美香との間にわだかまりを抱えていた。
  • レイカ - 美香と親しくしていた同僚のホステス。長身細身の体型ながら大きい胸が特徴。
  • 藤沢 智久 - 美香の高校時代の同級生。亀戸の大型ショッピングセンター内にあるペットショップでバイトをしている。高校の頃は、美香と同じ生物クラブに所属しており、美香とは時々会っていた。
  • 相本 勝茂 - 美香の父親。青果店経営。
  • 西畑 卓治 - 「ハープ」の常連客で、美香と同伴していた。職業は印刷会社の経理部長。
  • 沼田 雅夫 - 「ハープ」の常連客で、西畑と同じ会社の営業部長。

第二章・曲球る(まがる)[編集]

プロ野球選手の柳沢忠正の妻・妙子がスポーツクラブの駐車場で撲殺された。捜査の結果、アイドルグループの追っかけに必要な資金繰りのために犯行に及んだスポーツクラブの元警備員が逮捕され、事件は解決した。しかし、妙子は殺害される直前にデパートで置時計を購入しており、その購入目的には柳沢自身も心当たりが無く、謎のままとなった。野球選手としての限界を感じていた柳沢は、遺留品の置時計を返却しに来た草薙に話の流れで湯川を紹介され、湯川から科学的な監修を受けることに。その後、柳沢の様子を見に来た湯川は彼の車から錆が出ているのを発見、その車が事件当日に妙子が乗っていたと聞いた湯川は草薙や内海と共に妙子の行動を調べ始める。そして置時計購入の背景にあった妙子の想いが明らかになる。

  • 柳沢 忠正 - 38歳。東京エンジェルスのプロ野球選手で投手。力の衰えから2軍に位置し、最近戦力外通告を受けた。ボールのコントロールや変化球を武器にしている。
  • 柳沢 妙子 - 柳沢の妻。自身が殺害されてしまったスポーツクラブのVIP会員だった。人に気を遣わせる事を良しとしないため、現役にしがみつかない事を条件に柳沢と結婚した。
  • 宗田 - 柳沢のトレーナー。柳沢が個人で雇ってから5年目の付き合いで、良き理解者。彼が野球に応用出来ないかと持っていたバドミントンの専門誌の記事を湯川が書いていたことが縁で、草薙から湯川を紹介され、共に柳沢の復活に向けて取り組むことになる。
  • ヤン - 中華料理店を経営する台湾人。日本人の妻がいる。

第三章・念波る(おくる)[編集]

都内に住む女性が帰宅時に襲われ、意識不明の重体となった。これを最初に知ったのは、被害者・磯谷若菜の双子の妹である御厨春菜だった。遠く離れた長野の自宅で姉からのテレパシーで事件を知り、犯人の顔のイメージも受け取ったと言うのだ。捜査報告書にテレパシーなどと書くわけにいかない草薙と内海は、なんとか筋の通った説明をつけようと春菜を湯川の研究室へ連れて行く。ところが、湯川は草薙たちの思惑に反して、本格的に春菜のテレパシー能力の研究を始める。

  • 磯谷 若菜 - 29歳。御厨春菜の双子の姉。旧姓は御厨(みくりや)。東京都渋谷区松濤在住。青山でアンティークショップを経営している。約20年前に両親を飛行機事故で亡くしている。
  • 御厨 春菜 - 29歳。磯谷若菜の双子の妹。長野県在住。童話作家。叔母の藤子と2人暮らし。
  • 御厨 藤子 - 50歳代半ば。独身。若菜と春菜の叔母(父の妹)。長野県在住。
  • 磯谷 和宏 - 磯谷若菜の夫。東京都渋谷区松濤在住。ストリート・スポーツ専門店「クールX」を経営している。
  • 山下 - 20歳代半ば。磯谷和宏の部下。
  • 後藤 剛志 - 六本木のバー「バロット」の常連客。

第四章・猛射つ(うつ)[編集]

ある年の5月、一人の青年・古芝伸吾が理工学部物理学科第十三研究室を訪れる。伸吾は高校時代に湯川から科学を学び、その魅力に感銘を受けて帝都大学を受験、合格を果たし、湯川のもとへ挨拶にやって来たのだ。しかしその日、伸吾の姉が都内のホテルで死亡した。

約10ヶ月後の3月、一人のフリーライターが殺害される事件が発生した。容疑者として捜査線に浮上したのは、湯川の教え子・古芝伸吾であった。伸吾は姉が死亡した直後に帝都大学を退学し、金属加工品製造会社へ入社したが、警察が捜査を始めた直後に失踪していた。その後の捜査で、古芝伸吾が殺人を計画していることが判明する。しかも殺人方法は、かつて湯川に教わった技術を改良したもので、すべては姉の敵討ちに起因していた。

  • 古芝伸吾(こしばしんご) - 19歳。「クラサカ工機」社員。湯川と同じ統和高校の卒業生。高校時代は物理サークル[5]に所属。帝都大学工学部機械工学科に入学するが、ある理由から1ヶ月で退学。
  • 古芝 秋穂(こしば あきほ) - 28歳。古芝伸吾の姉。「明生新聞社」政治部社員。卵管破裂により死亡。
  • 古芝 恵介(こしば けいすけ) - 古芝秋穂・伸吾の父。重機メーカー「暁重工」社員。カンボジアで事故により死亡。
  • 倉坂 達夫(くらさか たつお) - 金属加工品製造会社「クラサカ工機」社長。足立区梅島に会社を構える。
  • 倉坂 由里奈(くらさか ゆりな) - 17歳。倉坂達夫の娘。高校2年生。
  • 大賀 仁策(おおが じんさく) - 代議士。元文部科学大臣。光原市[6]出身。「スーパー・テクノポリス計画」の推進者。
  • 鵜飼 和郎 - 大賀仁策の第一秘書。
  • 長岡 修(ながおか おさむ) - 38歳。向島在住。フリーライター。大賀仁策のスキャンダルを追っている。[7]
  • 渡辺 清美(わたなべ きよみ) - 長岡修の恋人。美容整形外科の受付。
  • 勝田 幹生(かつた みきお) - 40歳代半ば。料理人。「スーパー・テクノポリス計画」反対派リーダー。破裂音のような咳をする[8]

元の短編と改稿長編との主な差異[編集]

文庫化に際して大幅に改稿して長編小説「禁断の魔術」とする際、単なる増補に留まらない設定変更も多々行われている。そのうち、特に重要な変更として、以下を挙げることができる。

  • 短編では草薙の接触まで湯川は事件に関する事実関係を知らないが、長編では大学を退学したことを知って職場へ様子を見に行き、長岡からも詳しく情報を得ていた。しかし、警察に対しては当初、長岡の携帯電話発信履歴から判明した以外の事実を全て隠していた。
  • 短編では長岡が古芝姉弟に関する情報を得た方法について当初は特に疑問が無く、殺人犯の自供から情報提供者の存在に気付いて草薙が接触するが、長編ではネット上に手がかりが無いことおよび古芝伸吾が失踪という手段を選んだ理由への疑問から情報提供者の存在に気付き、早い段階で内海と湯川が接触する。
  • 短編では古芝恵介の旧職場を訪ねたときの担当者の反応に対する湯川の言及から内海が第2ボイスレコーダーの存在に気付くが、長編では長岡の行動パターンを知っている湯川が第2ボイスレコーダーの存在を草薙に示唆する。
  • 短編では渡辺清美からの情報は少ないが、長編では長岡が何を追っていたか具体的な情報が得られ、倉庫を標的とした実験を撮影する直前の言動も明らかになっている。また、長編では問題の公共事業が進んでいるのは長岡の出身地である。
  • 短編では湯川は古芝恵介の旧職場を訪ねて初めて詳細な経歴を知るが、長編では古芝秋穂から詳しく聞いており、旧職場へは最終段階直前に訪ねて恵介が残した具体的な文言を入手したのみ。また、短編では恵介が地雷撤去に携わった動機を明示していないが、長編では軍需産業に関わった経歴を明示している。
  • レールガンの飛翔体が高熱を帯びることを前提に実験時誤射事故の描写を変更している。

また、単純に増補した内容のうち特に重要なものには以下がある。

  • レールガン改良の具体的な内容として、飛翔体の形状と材質が話題になっている。
  • 大賀仁策が古芝秋穂との愛人関係の内容を具体的に回想している。
  • 倉坂由里奈やホテル従業員の視点が、特に序盤において重視されている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 東野圭吾 (2015年6月10日). “短編小説を長編に大改稿 ついに誕生した最高の「ガリレオ」”. 自著を語る. 文藝春秋. 2015年6月13日閲覧。
  2. ^ a b 東野圭吾. “『禁断の魔術』のこと 4頁”. 東野さんからのメッセージ. 文藝春秋. 2015年6月13日閲覧。
  3. ^ 東野圭吾. “『禁断の魔術』のこと 3頁”. 東野さんからのメッセージ. 文藝春秋. 2015年6月13日閲覧。
  4. ^ 東野圭吾、史上初の小説3作連続首位”. ORICON STYLE (2012年10月25日). 2015年6月10日閲覧。
  5. ^ 文春文庫版の改稿長編では「物理研究会」。
  6. ^ 文春文庫版の改稿長編では「光原町」。
  7. ^ 文春文庫版の改稿長編では光原町出身。
  8. ^ 文春文庫版の改稿長編では咳に関する設定は無く、携帯電話の着信音が「津軽じょんがら節」である。

外部リンク[編集]