蒼井優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あおい ゆう
蒼井 優
蒼井 優
第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
本名 山里 優(やまさと ゆう)[1]
生年月日 (1985-08-17) 1985年8月17日(36歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県 春日市福岡市[2][3]
身長 160 cm[2]
血液型 A型[2]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1999年 -
配偶者 山里亮太2019年 - )
事務所 イトーカンパニー
公式サイト YU AOI OFFICIAL WEBSITE
主な作品
テレビドラマ
14ヶ月
タイガー&ドラゴン
Dr.コトー診療所2006
おせん
龍馬伝
Dr.倫太郎
先に生まれただけの僕
映画
リリイ・シュシュのすべて
害虫
花とアリス
ニライカナイからの手紙
ハチミツとクローバー
フラガール
蟲師
百万円と苦虫女
おとうと
東京家族
るろうに剣心』シリーズ
岸辺の旅
オーバー・フェンス
彼女がその名を知らない鳥たち
宮本から君へ
スパイの妻 劇場版
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
2017年彼女がその名を知らない鳥たち
最優秀助演女優賞
2006年『フラガール』
ブルーリボン賞
主演女優賞
2006年フラガール』『ハチミツとクローバー
その他の賞
キネマ旬報ベスト・テン
主演女優賞
2017年彼女がその名を知らない鳥たち
助演女優賞
2006年『フラガール』『ハチミツとクローバー』『虹の女神
テンプレートを表示

蒼井 優(あおい ゆう、1985年8月17日[2] - )は、日本の女優モデルである。イトーカンパニー所属。福岡県 春日市福岡市出身[2][3]。夫は南海キャンディーズ山里亮太[4]

略歴[編集]

1985年に福岡県に生まれ福岡市で育つ[5]。中学のときに上京してからは江戸川区葛西に住んでいた[6]。1999年にミュージカル『アニー』のポリー役でデビュー[7]した後に、自ら現在の事務所に応募した[8]。2000年から2002年まで新潮社の雑誌『ニコラ』でレギュラーモデルを務める[9]。当初は女優としての活動は活発ではなかったが、10代の頃にレンタルビデオで『PiCNiC』、『双生児』、『』を観て映画俳優を憧憬する[10]

2001年に『リリイ・シュシュのすべて』で映画に初出演した[7]。過去のオーディションは毎回落選していたが、本作で合格して映画俳優のきっかけとなる[11]。2002年に「三井のリハウス」の10代目リハウスガールに選ばれ、2003年に『高校教師』で初めて連続ドラマにレギュラー出演した。

鈴木杏とW主演を務めた『花とアリス』は、2003年にネット配信されて2004年に劇場公開された。本作品で特技のクラシックバレエ[12]を披露した[13]

2004年2月に堀越高等学校を卒業[14][15]して日本大学藝術学部に合格していたことが報道された[16]。学業と俳優業を迷う最中、19歳で初めて参加した釜山国際映画祭で映画ファンの熱気と歓喜に触れ、映画に対する思いが強くなり、日本大学芸術学部を中退して俳優業に専念することを決意する[17]

2005年に7本の映画出演作が公開され、『ニライカナイからの手紙』で初主演した。

2006年に出演映画『蟲師』が第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に選出された[18]。第11回釜山国際映画祭のスターサミットアジア2006で、市原隼人香椎由宇らと共にカーテンコールの1人に選出された。映画『鉄コン筋クリート』、劇場版アニメ『ミヨリの森』、『いけちゃんとぼく』などで声優も務める。

2006年度は映画『フラガール』などの演技が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ多くの映画賞を授賞した。

2007年に出演した『クワイエットルームにようこそ』で、摂食障害の役作りのために食事制限と毎日のランニングで体重を7kg落とした。本人は「減量すると熱演と言われがちだけど役者なら当たり前にやること」と語る[19]

2008年、『おせん』で連続ドラマ初主演を果たす。

2010年に、『龍馬伝』で役を演じ大河ドラマに初出演し、映画『 おとうと』に出演[20]した。10代の頃に山田監督の『学校』シリーズのオーディションも受けたことがあるが落選して女優を続けるか否か苦悩する中で本作品に出演[21]して以降、山田組の『東京家族』や『家族はつらいよ』シリーズに起用されている。

2017年に第30回東京国際映画祭で、同じ1985年生まれの満島ひかり宮崎あおい安藤サクラとともにオープニングイベントのレッドカーペットに登場した[22]

この年に公開された主演映画『 彼女がその名を知らない鳥たち』で第41回日本アカデミー賞や第91回キネマ旬報ベスト・テンなど主演女優賞を多く授賞した。

2018年にヒロイン役で出演した『斬、』が、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に選出される[23]。主演舞台『アンチゴーヌ』と『スカイライト』での演技が評価され第53回紀伊國屋演劇賞、第26回読売演劇大賞最優秀女優賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した[24][25]

2019年6月3日に南海キャンディーズの山里亮太と結婚[4]。同月5日に結婚を発表し、都内のホテルで山里の相方で蒼井の親友でもある山崎静代と三人で報告会見を開いた[26]

2020年、主演映画『スパイの妻〈劇場版〉』が第77回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され[27]黒沢清監督が銀獅子賞(監督賞)を受賞した[28]

人物[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 情熱大陸(2006年9月10日、TBS)
  • 天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜(2008年12月22日、テレビ朝日)
  • 龍馬を愛した女たち〜ヒロインたちの龍馬伝〜(2010年3月6日、NHK)
  • ドキュメント「スパイの妻」〜女優・蒼井優が挑む監督・黒沢清の世界〜(2021年4月11日、NHK BS[90]

ナレーション[編集]

その他テレビ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

写真集(単独)[編集]

写真集(複数)[編集]

  • きもののたび(2003年、ワイレア出版)
  • ナキガオ(2004年、近代映画社)
  • 花とアリス寫眞館(2004年、扶桑社) - 鈴木杏と共演
  • A girl like you 君になりたい。(2005年、マガジンハウス)
  • ビジョメガネ(2005年、ソニーマガジンズ)
  • CHANEL「The Little Black Jacket」(2012年、Steidl)

ガイドブック[編集]

エッセイ[編集]

  • From 優(2003年、講談社)
  • 蒼井優 8740 DIARY 2011-2014(2014年、集英社)

雑誌[編集]

連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 蒼井優カレンダー 2003(2002年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2008(2007年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2009(2008年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2010(2009年、ハゴロモ)
  • 蒼井優カレンダー 2011(2010年、ハゴロモ)

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ “国分太一、結婚会見直前の蒼井優に「マジっすか」メール…返信は「山里優になりました」”. スポーツ報知. (2019年6月6日). https://hochi.news/articles/20190606-OHT1T50130.html 2019年6月8日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 蒼井優 - イトーカンパニーグループ”. イトーカンパニー. 2021年8月21日閲覧。
  3. ^ a b 蒼井優、3年ぶり主演映画―地元福岡でPR”. 佐賀新聞 (2018年7月28日). 2018年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月21日閲覧。
  4. ^ a b “南キャン山里亮太&蒼井優、所属事務所が結婚正式発表”. ORICON NEWS (ORICON). (2019年6月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2136944/full/ 2019年6月5日閲覧。 
  5. ^ “『蒼井優の、本気で買い物 in 福岡。”. BRUTUS.jp. (2018年7月2日). https://brutus.jp/article/873/36265 2020年7月16日閲覧。  - 中学1年まで福岡市中央区警固あたりに住んでいたと書いてある
  6. ^ 火曜サプライズ|日本テレビ”. 価格.com. 株式会社カカクコム (2016年12月6日). 2020年4月22日閲覧。
  7. ^ a b 蒼井優 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. 2017年7月25日閲覧。
  8. ^ あこがれスター デビューストーリー”. Web Audition. 2018年3月5日閲覧。
  9. ^ WORK”. Yu Aoi Official Web. イトーカンパニー. 2021年9月13日閲覧。
  10. ^ 第75回ヴェネチア国際映画祭公式記者会見 公式上映”. Cinema Factory (2015年9月9日). 2018年10月3日閲覧。
  11. ^ “蒼井優×岩井俊二×軽部真一が語る『リリイ・シュシュのすべて』”. CINRA.NET. (2011年4月29日). https://www.cinra.net/interview/2011/04/29/000000 2018年11月19日閲覧。 
  12. ^ 蒼井優が語る「嫌な女」にならないための恋愛作法”. 日経ウーマンオンライン (2015年2月19日). 2018年3月5日閲覧。
  13. ^ バレエシーンも再現!アニメ『花とアリス』がすごい!!”. 日経ウーマンオンライン (2017年10月26日). 2018年3月5日閲覧。
  14. ^ 山Pら卒業!堀越高校卒業式完全リポート!”. テレ朝芸能特報. テレビ朝日 (2004年2月13日). 2017年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月25日閲覧。
  15. ^ a b 蒼井優&小池徹平、同級生コンビがJRAの新キャラクターに就任”. マイナビニュース (2007年11月30日). 2015年10月1日閲覧。
  16. ^ “「リハウス」蒼井優、日芸合格おめでとう!”. SANSPO.COM. (2003年12月7日). オリジナルの2004年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040216021759/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200312/gt2003120707.html 2017年7月25日閲覧。 
  17. ^ この世界で狂うのは簡単、私は私でいたい”. 女子ツク! (2016年9月7日). 2018年10月3日閲覧。
  18. ^ “『蟲師』の蒼井優、真っ赤な振り袖で登場”. シネマトゥデイ. (2006年9月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0009055 2018年9月12日閲覧。 
  19. ^ “蒼井優が役作りでの過酷な減量に謙遜「役者なら当たり前にみんながやる」”. livedoor. (2017年11月11日). http://news.livedoor.com/article/detail/13876050/ 2018年3月2日閲覧。 
  20. ^ おとうと インタビュー: 蒼井優が苦悩した“リアルな芝居”の先に見たもの”. 映画.com (2010年1月23日). 2018年3月5日閲覧。
  21. ^ “蒼井優、10代で山田洋次監督作オーディションに落ちていた!”. 映画.com. (2017年5月27日). http://eiga.com/news/20170527/7/ 2018年3月5日閲覧。 
  22. ^ ““85年組”蒼井優・満島ひかり・宮崎あおい・安藤サクラ、銀幕のミューズ集結で圧巻<第30回東京国際映画祭>”. モデルプレス. (2017年10月25日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1723500 2018年3月5日閲覧。 
  23. ^ “映画祭常連の塚本晋也監督、初めての時代劇『斬、』をベネチアが熱烈歓迎!”. ELLE. (2018年9月9日). https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/a23049306/cfea-75th-venice-film-festival-tsukamoto-report-atsuko-tasuta-180909/ 2018年9月12日閲覧。 
  24. ^ a b 第五十三回 紀伊國屋演劇賞 決定のお知らせ”. 紀伊國屋書店 (2018年12月18日). 2018年12月19日閲覧。
  25. ^ a b “読売演劇大賞、大賞・最優秀演出家賞に栗山さん”. 読売新聞オンライン. (2019年2月5日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190204-OYT1T50193/ 2019年2月21日閲覧。 
  26. ^ “山里亮太&蒼井優 結婚会見【会見全文・前編】「しずちゃんが紹介してくれた」(山里)”. アエラドット. (2019年6月5日). https://dot.asahi.com/dot/2019060500085.html?page=1 2019年8月7日閲覧。 
  27. ^ “蒼井優、主演映画「スパイの妻」がベネチア国際映画祭コンペ部門に正式出品決定”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年7月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200728/geo20072819130028-n1.html 2020年7月28日閲覧。 
  28. ^ “「スパイの妻」黒沢清監督に銀獅子賞 ベネチア映画祭 北野武監督以来”. 産経ニュース (産経デジタル). (2020年9月13日). https://www.sankei.com/entertainments/news/200913/ent2009130003-n1.html 2020年9月13日閲覧。 
  29. ^ 蒼井優、鈴木杏への強烈な思いを告白 「杏のいない人生が考えられない」”. 映画.com (2015年2月12日). 2018年5月23日閲覧。
  30. ^ “蒼井優 しずちゃんの「キャスティングおかしい いきなり岸部一徳さん呼ぼうとしたり」”. スポニチ. (2017年1月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/15/kiji/20170115s00041000246000c.html 2018年3月5日閲覧。 
  31. ^ 高畑充希、デビュー12年で初の長期休暇 蒼井優とサンフランシスコに2人旅”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月25日). 2018年8月5日閲覧。
  32. ^ 『蒼井優 8740 DIARY 2011-2014』、61頁
  33. ^ a b 蒼井優さんの「好きになったらとことん」偏愛趣味ヒストリー”. HOLICS (2017年6月28日). 2018年10月3日閲覧。
  34. ^ ゆでたまごを食べて号泣! 女優・蒼井優の可愛いすぎる天然っぷり - メンズサイゾー・2014年9月12日
  35. ^ a b “蒼井優、大相撲観戦中の無防備な姿を全国に晒される「ひどいですね。何か叫んでますね」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年12月9日). オリジナルの2016年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161210144942/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161209-OHT1T50137.html 2016年12月9日閲覧。 
  36. ^ “蒼井優の「ハロプロ愛」が意外すぎる! 推しはアンジュルム、コンサートにも参戦→感涙”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2017年9月17日). https://www.j-cast.com/2017/09/17308699.html 2017年9月17日閲覧。 
  37. ^ 「このマンガがすごい!」全員集合ビジュアル、OPは蒼井優の希望でアンジュルムに”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年9月24日). 2018年11月3日閲覧。
  38. ^ TBSテレビ『A-studio』2015年10月30日放送のアフタートーク部分より
  39. ^ “不朽の名作ドラマが甦る! 青春群像劇「若者たち2014」今夜放送”. RBBTODAY (イード). (2014年7月9日). https://www.rbbtoday.com/article/2014/07/09/121570.html 2019年10月23日閲覧。 
  40. ^ “蒼井優、WOWOW版「MOZU」に参戦!佐野史郎は公安部部長役に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年3月28日). https://eiga.com/news/20140328/8/ 2019年10月23日閲覧。 
  41. ^ “堺雅人「Dr.倫太郎」蒼井優がナンバーワン芸者、吉瀬美智子が幼なじみの美人外科医に!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年3月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0071175 2019年10月23日閲覧。 
  42. ^ “蒼井優「ゆとりですが」SPで強烈キャラ熱演、独特の存在感で絶妙スパイス”. Sponichi Annex. (2017年7月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/09/kiji/20170708s00041000194000c.html 2017年11月29日閲覧。 
  43. ^ “蒼井優が謎の霊媒師役 監督をキュンキュンさせた”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年5月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1824826.html 2017年5月17日閲覧。 
  44. ^ “嵐・櫻井翔:初の校長役「まさか35歳で…」 今秋4年半ぶり連ドラ主演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月24日). http://mantan-web.jp/2017/04/24/20170423dog00m200035000c.html 2017年4月24日閲覧。 
  45. ^ “ドラマ「宮本から君へ」神保和夫役は松山ケンイチ、中野靖子役は蒼井優”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年3月20日). https://natalie.mu/comic/news/274382 2019年10月23日閲覧。 
  46. ^ 蒼井優、テレ東ドラマ『このマンガがすごい!』のナビゲーターに就任”. テレビドガッチ (2018年8月22日). 2018年9月12日閲覧。
  47. ^ “蒼井優主演×黒沢清監督、8Kドラマ「スパイの妻」来春放送”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2019年10月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0111886 2019年10月23日閲覧。 
  48. ^ “ドラマ「スパイの妻」4月12日BSプレミアムで放送”. キネマトゥデイ. (2021年3月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0122375 2021年3月21日閲覧。 
  49. ^ “妻夫木聡&蒼井優、NHK終戦ドラマで夫婦役に 生体解剖の罪と隠された真実”. シネマトゥデイ. (2021年5月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0123689 2021年6月10日閲覧。 
  50. ^ “蒼井優「のだめ後編」で実写映画吹き替えに初挑戦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2010年3月17日). http://eiga.com/news/20100317/1/ 2018年3月4日閲覧。 
  51. ^ “映画6本分の豪華さ!蒼井、鈴木、竹内、田中、仲間、広末が『FLOWERS』で共演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2010年1月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0021794 2018年3月4日閲覧。 
  52. ^ “岡田将生&蒼井優、悲恋描く「雷桜」で時代劇に初挑戦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2009年12月15日). http://eiga.com/news/20091215/15/ 2018年3月4日閲覧。 
  53. ^ “岩井俊二監督の新作長編作品『ヴァンパイア』が日本公開決定、蒼井優も出演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2012年3月22日). https://www.cinra.net/news/2012/03/22/203315 2018年3月4日閲覧。 
  54. ^ “江口洋介と蒼井優がW主演でパティシエ役、スイーツで溢れる映画『洋菓子店コアンドル』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2010年5月8日). https://www.cinra.net/news/2010/05/08/111543 2018年3月4日閲覧。 
  55. ^ “蒼井優、たまたま出会った映画『たまたま』に主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2001139/full/ 2018年3月4日閲覧。 
  56. ^ “蒼井優がナレーションで恩返し、被災地のフラガール追る復興支援ドキュメンタリー”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2011年9月26日). https://www.cinra.net/news/2011/09/26/130405 2018年3月4日閲覧。 
  57. ^ “実写「るろうに剣心」恵役に蒼井優、左之助役に青木崇高”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年9月3日). https://natalie.mu/comic/news/55958 2018年3月4日閲覧。 
  58. ^ “菅原文太、山田洋次監督最新作「東京家族」に主演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2011年2月23日). http://eiga.com/news/20110223/2/ 2018年3月4日閲覧。 
  59. ^ “松山ケンイチ「春を背負って」主演で木村大作と初タッグ! ヒロインは蒼井優”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年4月3日). http://eiga.com/news/20130403/1/ 2018年3月4日閲覧。 
  60. ^ “『るろうに剣心』京都編が2部作で実写映画化、志々雄役は藤原竜也”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2013年7月3日). https://www.cinra.net/news/2013/07/03/110951 2018年3月4日閲覧。 
  61. ^ “「るろうに剣心」最終章に武井咲、青木崇高、蒼井優が続投! 大西利空が弥彦役で初参加”. eiga.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年12月20日). https://eiga.com/news/20191220/12/ 2020年5月2日閲覧。 
  62. ^ 蒼井優、柄本明らが出演、カンヌ出品作「岸辺の旅」の新たなキャストが発表に”. 映画ナタリー (2015年5月11日). 2015年5月12日閲覧。
  63. ^ 黒沢清、「岸辺の旅」で深津絵里と対峙する蒼井優を「ほれぼれする女優」と絶賛”. 映画ナタリー (2015年9月24日). 2015年10月1日閲覧。
  64. ^ 山田洋次監督20年ぶりの喜劇「家族はつらいよ」製作決定!「東京家族」キャストが再結集”. 映画.com (2014年9月25日). 2015年9月10日閲覧。
  65. ^ 山田洋次監督作品『家族はつらいよ』2016年全国公開”. 「家族はつらいよ」製作委員会 (2014年9月25日). 2015年9月10日閲覧。
  66. ^ 山田洋次監督「家族はつらいよ」続編製作決定!あの一家が帰ってくる”. 映画.com (2016年8月3日). 2016年8月3日閲覧。
  67. ^ “山田洋次の最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』2018年5月に公開!”. T-SITEニュース (TSUTAYA). (2017年10月8日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/37336547/index 2018年3月2日閲覧。 
  68. ^ オダギリジョー×蒼井優×松田翔太!山下敦弘監督『オーバー・フェンス』に豪華キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
  69. ^ 半澤孝平 (2015年9月11日). “函館三部作最終章佐藤泰志原作の映画「オーバー・フェンス」主演はオダギリさん”. 函館新聞 (函館新聞社). https://digital.hakoshin.jp/news/index/6379 
  70. ^ 蒼井優、7年ぶり映画単独主演!行方不明の28歳・独身会社員役演じる”. 映画.com (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  71. ^ 映画「東京喰種」亜門役は鈴木伸之!利世役に蒼井優、真戸役に大泉洋”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月6日). 2016年8月6日閲覧。
  72. ^ 新垣結衣&瑛太が新作「ミックス。」で卓球ペアに!広末涼子、瀬戸康史、蒼井優も出演”. 映画ナタリー (2017年2月10日). 2017年2月10日閲覧。
  73. ^ “蒼井優×阿部サダヲ、最低男女の“究極の愛”に挑む 人気ミステリー小説を映画化”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年1月31日). http://www.crank-in.net/movie/news/47943 2017年2月1日閲覧。 
  74. ^ 池松壮亮×蒼井優、塚本晋也初時代劇『斬、』参戦!「かけがえのない作品に出会えた」”. シネマカフェ (2018年11月23日). 2018年11月24日閲覧。
  75. ^ “オダギリジョー監督作に伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、細野晴臣ら9名”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月7日). https://natalie.mu/eiga/news/334562 2019年7月26日閲覧。 
  76. ^ “池松壮亮×蒼井優「宮本から君へ」映画化! 松山ケンイチらも続投”. シネマカフェ. (2019年1月10日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/01/10/59761.html 2019年1月14日閲覧。 
  77. ^ “池松壮亮主演『宮本から君へ』映画化、蒼井優演じる中野靖子との物語を描く”. CINRA.NET. (2019年1月10日). https://www.cinra.net/news/20190110-miyamoto 2019年3月16日閲覧。 
  78. ^ “高橋一生がラブドール職人に 大人のラブストーリー『ロマンスドール』映画化決定”. ORICON NEWS. (2019年1月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2128389/full/ 2019年1月29日閲覧。 
  79. ^ “蒼井優×高橋一生×黒沢清監督の8Kドラマ「スパイの妻」10月劇場公開”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2020年6月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0116775 2020年6月22日閲覧。 
  80. ^ 田中裕子と蒼井優が2人1役、沖田修一監督で小説「おらおらでひとりいぐも」映画化(コメントあり)”. 映画ナタリー. 2020年6月18日閲覧。
  81. ^ “蒼井優、「鉄コン筋クリート」主演キャストに決定!”. ORICON NEWS (oricon ME). (2006年7月25日). https://www.oricon.co.jp/news/29387/full/ 2018年3月1日閲覧。 
  82. ^ REDLINE”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  83. ^ “映画『キャプテンハーロック』三浦春馬が声優初挑戦、ハーロック役は小栗旬”. マイコミジャーナル. (2012年5月8日). http://news.mynavi.jp/news/2013/05/08/006/index.html 2013年5月8日閲覧。 
  84. ^ “蒼井優&鈴木杏が声の出演、岩井俊二監督の初長編アニメ映画『花とアリス殺人事件』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2014年10月16日). https://www.cinra.net/news/20141016-hanatoalicesatsujinjiken 2018年3月1日閲覧。 
  85. ^ “森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」アニメ映画化!北香那&蒼井優出演、スタジオコロリド制作”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年3月1日). http://eiga.com/news/20180301/19/ 2018年3月1日閲覧。 
  86. ^ “映画『海獣の子供』芦田愛菜、窪塚洋介の息子・愛流らが声優”. シネマトゥデイ. (2019年3月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0107439 2019年3月13日閲覧。 
  87. ^ 蒼井優:「スティッチ!」3年ぶり最新作でヒロイン声優”. MANTANWEB (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  88. ^ “蒼井優と松本まりかが初めての舞台”. SANSPO.COM. (2003年7月31日). オリジナルの2005年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050307185840/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200307/gt2003073122.html 2018年9月12日閲覧。 
  89. ^ “蒼井優×生瀬勝久 栗山民也演出で仏戯曲『アンチゴーヌ』来年上演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年9月11日). https://www.cinra.net/news/20170911-antigone 2017年9月11日閲覧。 
  90. ^ ドキュメント「スパイの妻」〜女優・蒼井優が挑む監督・黒沢清の世界〜”. NHK (2021年3月12日). 2021年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月1日閲覧。
  91. ^ LGがジャパンモデルで日本の携帯市場に本腰!蒼井優×ゴルゴ13の新CMも”. RBB TODAY (2009年8月4日). 2017年7月25日閲覧。
  92. ^ “40周年を迎えるおせんべい「雪の宿」 女優 蒼井優さん出演 新TVCM オンエア開始「雪の宿 2017年本音」篇・「雪の宿 2017年裏表」篇 〜2017年2月18日(土)より全国で順次オンエア〜” (プレスリリース), 三幸製菓, (2017年2月13日), https://www.sanko-seika.co.jp/sys/news/dtl/54 2017年7月25日閲覧。 
  93. ^ “三幸製菓、「チーズアーモンド」TVCM放映 蒼井優を起用”. 日本食糧新聞. (2017年7月5日). https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=AOYAGI20170629075521955&cc=07&ic=060 2017年7月25日閲覧。 
  94. ^ “女優 蒼井優さん出演、三幸製菓「ぱりんこ」新TVCM「ぱりんこのゆう先生篇」2017年7月22日(土)より全国にて順次オンエア!” (プレスリリース), 三幸製菓, (2017年7月21日), https://www.sanko-seika.co.jp/sys/news/dtl/74 2017年7月25日閲覧。 
  95. ^ “大泉洋と蒼井優おいしく白子たけのこアサヒもぎたて”. nikkansports.com. (2018年5月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805080000071.html 2018年5月23日閲覧。 
  96. ^ “蒼井優、「ユニクロ」ボリュームニット姿が美しい”. モデルプレス. (2019年9月24日). https://mdpr.jp/fashion/1874756 2019年10月23日閲覧。 
  97. ^ “7曜日ごとの蒼井優さんの“おいしい”表情に注目!血清LDLコレステロールを減らすのを助ける かどや製油株式会社「健やかごま油」(特定保健用食品)新TVCM 2021年4月15日(木)より全国で放映開始” (プレスリリース), かどや製油, (2021年4月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000073243.html 2021年7月18日閲覧。 
  98. ^ ミュージックビデオ&ジャケ写に蒼井優! HOME MADE 家族「君がくれたもの」”. BARKS (2007年1月24日). 2018年9月12日閲覧。
  99. ^ 星屑スキャット「新宿シャンソン」MV、蒼井優が演じる短編映画仕立て”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2018年6月8日). 2018年8月5日閲覧。
  100. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。
  101. ^ “第30回高崎映画祭受賞者発表”. 高崎新聞 (株式会社ラジオ高崎). (2016年1月15日). http://www.takasakiweb.jp/news_cat/culture/1362/ 2018年1月28日閲覧。 
  102. ^ “「オーバー・フェンス」「団地」が最優秀作品に、第8回TAMA映画賞結果発表”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). http://natalie.mu/eiga/news/204340 2016年10月7日閲覧。 
  103. ^ “2016年度・受賞者”. おおさかシネマフェスティバル. (2017年2月3日). http://oocf.net/prize 2017年2月3日閲覧。 
  104. ^ “【報知映画賞】蒼井優“最低女”で主演女優賞「賞まで頂いて、どうしましょう」”. スポーツ報知. (2017年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171128-OHT1T50255.html 2017年11月29日閲覧。 
  105. ^ “蒼井優が主演女優賞「怖いものがない」/映画大賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年12月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712050000079.html 2018年1月28日閲覧。 
  106. ^ “「夜空はいつでも-」5冠 ヨコハマ映画祭各賞決定|カナロコ|神奈川新聞ニュース”. カナロコ (神奈川新聞社). (2017年12月9日). http://www.kanaloco.jp/article/296527 2018年1月28日閲覧。 
  107. ^ 2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年1月24日閲覧。
  108. ^ 蒼井さん主演女優賞 おおさかシネフェス2018”. 大阪日日新聞 (2018年2月1日). 2018年2月15日閲覧。
  109. ^ 速報2017年度日本インターネット映画大賞日本映画主演女優賞は蒼井優さんに決まりました”. 日本インターネット映画大賞ブログ (2018年2月6日). 2018年12月19日閲覧。
  110. ^ ●速報! 第41回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定”. 日本アカデミー賞公式サイト (2018年3月2日). 2018年3月2日閲覧。
  111. ^ 蒼井優、舞台で成長実感「誠実に、清潔に、真面目に」 『紀伊國屋演劇賞』受賞”. ORICON NEWS. オリコン (2019年1月30日). 2019年2月21日閲覧。
  112. ^ “Yahoo!検索大賞に横浜流星、俳優部門賞とW受賞「本当に光栄」「髪がかわいいのは武器」”. Sponichi Annex. (2019年12月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/04/kiji/20191204s00041000151000c.html 2019年12月4日閲覧。 
  113. ^ “蒼井優、横浜流星、池田エライザ、黒沢清が「エル シネマアワード2020」で受賞”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年12月7日). https://natalie.mu/eiga/news/407823 2020年12月7日閲覧。 

外部リンク[編集]