出来ごころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出来ごころ
Passing Fancy
監督 小津安二郎
脚本 池田忠雄
原案 小津安二郎
出演者 坂本武
大日方伝
伏見信子
突貫小僧
撮影 杉本正二郎
編集 石川和雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1933年9月7日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

出来ごころ』(できごころ)は、1933年(昭和8年)9月7日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、100分。

坂本武演じる喜八を主人公とした「喜八もの」の第1作[1]で、物語はキング・ヴィダー監督の『チャンプ英語版』からヒントを得ている[2]。第10回キネマ旬報ベスト・テン第1位。

あらすじ[編集]

日雇い労働者の喜八は、相棒の次郎の助けを借りて息子の富夫を育てている。喜八は若い娘・春江に熱を上げるが、春江は次郎に気がある。しかし次郎のほうは冷たく彼女を拒む。喜八は彼女に思いを寄せれば寄せるほど酒に溺れ、息子と激しいケンカをする。だが、喜八は考え直して春江と次郎の応援をする。富夫が病気になり金を工面するため、次郎は北海道へ働きに行こうとしてその際に春江に愛の告白をする。喜八は行かせまいとして富夫を一膳飯屋のおとめに預けて、急いで船に乗って出発するが途中で息子が恋しくなり、川に飛び降りるのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

その他[編集]

  • 非常線の女』の完成後、小津は荒田正男との共作でシナリオ『大学よいとこ』を書きあげたが、興行価値に乏しいとして保留になった。そこで代わりに作ったのが本作であった。
  • 次郎の部屋に貼ってあるポスターは、交通ストライキに材をとった久板栄二郎の戯曲『交運の兄妹』である。

脚注[編集]

  1. ^ 出来ごころallcinema、2015年4月12日閲覧
  2. ^ 田中眞澄著『小津安二郎周游』、文藝春秋、2003年、p.123

参考文献[編集]

  • 『小津安二郎を読む 古きものの美しい復権』、フィルムアート社〈ブック・シネマテーク〉、1982年

外部リンク[編集]